カテゴリー
未分類

北極星。北海道Re・riseフェスティバルにて

3つのパーフェクトストームが世界を騒がせている中、方向性喪失のときに併せてリーダーシップ不在という大問題を抱え、個人も家庭も企業も国家でさえも、何を、どのように、取り組んで行けば良いのか分からないまま舵取りをしています。

方向性を指し示す北極星は、どこから示されるのでしょうか?

1.方向性喪失

点よりも小さく、まだまだ小さいウイルス一つを統制できない事から始まっていますね。そのような小さきウイルスが世界を騒がせていますが、文明の根幹から揺るがし、更には倒れてきている状態です。

世界のリーダーたちは、こぞって、何をどのように取り組めば良いのか分からず右往左往している状態です。また、世界の知性と言われる人たちも、それから超一流の専門家たちも、未知のウイルスに対して全貌を明らかにできずにいます。

先行き不透明。

どのように正解にたどり着けば良いのか分からない様子は、解放を知らない状態でルービックキューブを回しているだけの子どものようです。

2.リーダーシップ不在

グローバル経済の中心であるアメリカ国家は、世界の警察国家として絶大な影響力をもって世界に機能していました。

ところがトランプ大統領の登場によって、アメリカファーストとなっています。アメリカが世界に貢献するのではなく、アメリカの利益を第一に考えるといって方向性転換をしました。

最早、アメリカは世界のリーダーシップ発揮を放棄している状態です。引き続き、イギリス国家も世界秩序のリーダーシップから退き、自国の利益を優先的に考えるようになりました。

その最中での新型コロナウイルスです。

各国がロックダウンを行い、ただでさえ自国第一の考える傾向であったところに追撃して、国同士の分離断絶が起こるようになりました。

経済的な影響は計り知れません。
今、経済は分断されています。

原油の取引がマイナスの値を付けたことからも歴史的な大事件の最中にいることを気付かせてくれています。

全世界が今。
混乱しています。

3.3つのパーフェクトストーム

体のコロナもありますが、同時に経済のコロナ、そして心のコロナがあります。これらが同時に襲っていますが、新型コロナウイルスが目に見えないように、経済のコロナと心のコロナも目に見えず、認知するのは遅れて為されることでしょう。

しかし確かにやってきます。

薄々はそれを感じているからか、世界各国は今、ロックダウンを段階的に解除する方向へ舵を切ります。日本政府も、緊急事態宣言の段階的な解除を決断しています。

ところが、3つのパーフェクトストームはシナジー相乗効果を起こしている状態ですから、完全に新型コロナウイルスを制圧した訳ではありませんので、不安が残りますね。

まだまだ、方向性なき航海を強いられそうです。

4.渇望。北極星

ロックダウンが解除されるに連れて徐々に、明るい話題が飛び交うようになるかも知れません。ですが、それは上辺のことに過ぎず、直ぐにまた、第2波、第3波が世界を襲います。

その時また、混沌とします。
これは目に見えていることですね。

人間は、行けば行くほど渇望します。
方向性を指し示す北極星を。

今は未だ、北極星が何かを分かっていないのが世界のリーダーたちであり、世界の知性です。

5.北海道Re・riseフェスティバル

日本は今からステージ3へ向かいます。

プライドの高すぎた日本。
耐え忍んだ日本。

今からは、世界の北極星、歴史の北極星となり、荒波を航海する全ての船たちの方向性そのものとなります。

そんな北極星を指し示すのが、北海道。5月24日に北海道Re・riseフェスティバルがオンライン開催されいます。

令和哲学者Noh Jesu氏も登場します。

今から確実に来るであろう経済のコロナ、心のコロナにも十分備えられる世界最高峰の知性が北海道に降り注ぐ。

世界最初。
歴史初。

これには参加しておくことをお勧めします。歴史が下るにつれて、令和2年5月24日の北海道Re・riseフェスティバルに参加していたことがプレミアな経験となっていきます。

●北海道リラフェスfacebook

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA