カテゴリー
令和哲学カフェ

動画コンテスト~尊厳破壊阻止 尊厳創建運動~

環境破壊だったら、砂漠化であったり汚染された川などを目で見て確認することができる分だけ、危機意識が芽生えやすく取り組みやすいのでしょう。ですが、目に見えない尊厳であれば、分かりにくく問題意識としてもちにくいのではないでしょうか?

本日は、尊厳破壊抵抗運動の観点から動画コンテストについての記事です。

1.令和哲学カフェの企画

令和哲学カフェの企画として。
尊厳破壊阻止運動があります。

1.1.変化。目に見えること

目の前にボールペンがあるとします。目に見えるでしょう?だからこそ、そのボールペンをPCの右側からPCの左側へ移動させたり、黒色が出ているところから、赤色へと切り替えたりすることができます。

状態Aから状態Bへと変化。
私から始まってできることです。

1.2.変化。目に見えないこと

でももし、ボールペンが見えないものだとしたら私から始まるボールペンを変化させることができるでしょうか?

目に見えない存在。
その存在の状態が変化する。

尊厳は目に見えるものではありません。だからこそ、その尊厳の状態がどのように変化していくのかというのを観測することは不可能で、目に見える環境破壊であれば危機意識が芽生えるでしょうけれども、目に見えない尊厳破壊は目に見えない分だけ問題意識が芽生えにくく、とても危険な状態へ陥っているかも知れません。

1.3.尊厳破壊阻止。動画コンテスト

そうした目に見えにくい尊厳破壊を何とか可視化させながら、如何に尊厳が破壊されてきたのかを視覚化する上で映像の力を借りて取り組もうとする企画。

2.動画コンテスト

それが動画コンテストです。

2.1.動画コンテスト。企画の流れ

  1. 主旨に共感する人たちが動画を作成し、集まった動画たちで第1リーグから第3リーグまで組みます。
  2. 一定期間、第1リーグの動画視聴と共に投票する期間を設けます。
  3. 心に響いたもの、尊厳破壊阻止運動の主旨に適うもの、その他よいと思われる映像を選出し、投票を行う。
  4. リーグ優勝を決めたら、次のリーグで同様の取り組みをして第3リーグまでの優勝映像を決める
  5. 各リーグ優勝映像の3つをもって改めて最優秀賞の映像を投票にて決める
  6. 1位、2位、3位に応じた景品が授与される

といった取り組みです。

2.2.決勝戦。尊厳動画コンテスト

有り難いことに、私の作品が第1リーグの優秀作品として選出されました。10月25日まで、視聴と共に投票する期間が与えられています。

他の2作品も、非常に素晴らしい出来栄えでございました。感動します。このように表現すれば良いのか、などと学びにもなりました。

  • 尊厳破壊がどのようなものか
  • 尊厳破壊をどのように阻止できるのか
  • 尊厳破壊を阻止することで開ける未来とは

などなど、他にも多くのことがありますので、ぜひ、映像の魅力とともに伝わりくるものをお楽しみください。

どんな想いで制作したのか。
1分コメントと共に。

3.視聴、投票はこちらから

4.求む。感想

視聴された方。投票された方。ぜひ感想を聞かせてください。シェアしましょう。

あなたが感じたこと、気付いたことを聞かせて下さい。本ブログへのメッセージでも良いですし、Twitterでリプライ頂いてもかまいません。

令和哲学カフェでは、島崎はzoom参加していることも多いですから、ブレークアウトセッションなどで交流できることも楽しみにしています。

いつも読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
ポストコロナon-line会議

ポストコロナon-line会議。ママナビ

令和2年10月20日。ポストコロナon-line会議といえば夜に開催されることが通例となっていましたが、この日は特別企画のような位置づけもあり、昼間の開催となりました。

妊活の重要性がテーマ。

胎内記憶第一人者の産婦人科医池川明先生。
ママナビゲーターのアインシュタイン知奈美氏。
令和哲学者のNoh Jesu氏。

この三者で、ポストコロナの新しい時代に生きる生き方について話がされた。中心テーマが妊活ということで、出産経験の観点から

女性と母親との違い
妊活時に重要視しておきたいこと

胎内記憶や出産立ち合いの観点から、

生死とは何か?
存在とは何か?

令和哲学の観点から、

母親が誕生する瞬間
アインシュタインの意志と現代必要とする愛の爆弾
博士が愛した数式の意味
天才児を生み出すのが当たり前のママとは?

などなど、多岐にわたり濃度の濃い話題が飛び交います。このような方々が集い、他では聞けない話題が飛び交う場の何と貴重で価値の高いものなんでしょうか?

しばらくはYouTubeで視聴できます。
ぜひ、ご覧になってください。

個人的には、大学の知人が出演しているのでささやかながら応援の気持ちがいつもに増しておりました。私自身が母親であるかのような心持ちで過ごせた貴重な時でした。

今日もみて下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

直向きな姿。令和哲学カフェ101回目

令和哲学カフェ101回目

一つのことをやり続けるということは難しいですね。新しい習慣を習慣づけることも、旧い習慣を明確にストップさせることも、中々難しいことです。

そんな中で、令和哲学カフェは。
本日、2020年10月16日で101回目。

平日は毎日開催している令和哲学カフェは、毎日哲学のことについて理解を深める場。現実的にいって難しいことでもあり、本質的にいっても哲学というジャンルで毎日、公開的に理解を深める場を取り持ちながら様々な角度からの質問に答えるというのは尋常ではないです。

それも令和哲学者と名乗って。
並々ならぬ覚悟だと思いませんか?

あなたならばどうでしょうか?

明日から令和哲学者を名乗り、毎日西洋の哲学者たちを取り上げ、哲学的概念についての解説を行いながら、来る質問に応える。

しかも集団コミュニケーションを通して理解する哲学として見せてくれて、哲学を好きになる人を一人ひとり着実に増やしていく。

このようなことを出来るでしょうか?

令和哲学者として。

101回も続く令和哲学カフェが、11月には1期を終えて4年間続けようとする夢を、今日も明日もかなえようとする直向きな姿に感動しています。

カテゴリー
令和哲学カフェ

難解なカント。三大批判

哲学者であったとしてもカントは難解だといいます。カントを理解するには哲学の講義を半年間、継続的に学んだとしても理解できる人は少ないという実情、そして専門とする人ですら難しいと評する現状で。

令和哲学カフェはカントを推します。
難解なカントの主張に触れます。

カントと言えば・・・と問えば出てくる幾つかの項目があろうかと思いますが、その内の一つに挙がる有名なこと。

三大批判。

三大というからには3つがあるのだろう。三大というからには、普通の主義主張ではないのだろう。

そんなことを予想できるのではないでしょうか?

見ようによっては、3つだとも言えますし整理整頓されている人からしたら1つのことを目線を変えて3つとして表現しているとも言えます。

いずれにしても難解となっているのはどういうことでしょうか?

三大批判は次の3つです。

・純粋理性批判
・実践行動批判
・判断力批判

日本人にとっては批判とは穏やかならぬ表現ではありませんか?批判することで有名になったのでしょうか?批判することにどのような意味があるのでしょうか?批判は平和に導くのか、それとも争いへ誘うものでしょうか?

批判というと非難のや誹謗中傷のような悪い印象で見受ける方も多いと思いますが、カントはそのようなことをしたかったのでしょうか?何かと色々、気になることが出てくるかも知れません。

令和哲学の観点からはカントを哲学の分岐点とみており、御幣を恐れず大胆に言えば哲学が真に始まったところという勢いです。

その目線からカントは素晴らしい。
当時の悩みや苦しみを解消します。

それを巧妙な手段をとって。

批判と名付いていますが、美的センスを垣間見る批判ですので是非、そうしたセンスを磨きながらカントと出会われることをおススメします。

またカントは非常に難解。
三大批判も難しいこと極まる。

令和哲学カフェをご活用下さい。おススメします。カントのみならず西洋の主要な哲学者たちを総なめします。

昨日は感情手術を公開的にやりました。

フロイトが目をつぶって見る夢の解析なら、
令和哲学は目を開けて見る夢の解析をする。

人によっては涙が出てくるような場面もありました。令和哲学を通して西洋の哲学の理解は早まり、今の時代の哲学がどういうものが見えてきます。

zoom参加とYouTubeLiveによる同時配信。

島崎はzoomで参加することが多いです。ブレークアウトセッション機能で同じルームとなった方、いつも楽しみにしています。

ぜひお話しましょう。

今日も読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

銀賞を頂きました~知のB1 予想当選~

令和哲学カフェ特別企画「知のB1 ブックダービー」が昨日、開催されました。競馬にイメージを借りて、パネラーの皆さんが騎手、そして騎手が乗りこなす馬をパネラー推薦の本と見立てて、事前予想や当日予想をする企画です。

本日は、昨日の感想を書く記事です。

1.知のB1。ブックダービー

5人のパネラーに対して令和哲学者Noh Jesu氏が令和哲学の観点から切り込み、テーマにそった順番を付けようとするもの。視聴者の皆さんは、申し込み時に事前予想と、当日のやり取りを受けて当日予想をします。

zoom開催およびYouTubeライブによる同時配信。

当選には、金賞、銀賞、同賞に対応するプレゼントが付与され、個人的にとても頂戴したいと思っておりました。

テーマは、「この時代に人たちに一番読んでほしい本」です。

2.令和哲学の観点から質問

企画の中で印象的だったのは、令和哲学者Noh Jesu氏による質問とパネラーとのやり取りでした。

パネラーたちの人間力や、本そのものの魅力などで順番を予想したくなってしまうところがあったのですが、しかしNoh先生よる質問とパネラーのやり取りはテーマを思い出させてくれます。

テーマは、この時代に人たちに一番読んでほしい本です。

この時代とは、AIが登場して新型コロナウイルス感染拡大において人類が向き合っている共通の課題に焦点が当たっていると思われます。

それから一番、と付くからには判断する基準が必要ですが、それ一冊を読めば他の本を10冊100冊読んだとしても上回るという勢いを感じます。

Noh先生による質問も、パネラーたちによる回答も、今の時代に本を読む姿勢とはどのようなものなのか、というのをハッとさせられ、そのような姿勢で情報知識と出会いたいと思ったものです。

3.ビデオカメラ撮影

実はビデオカメラ撮影としてスタッフ参加しておりました。ビデオカメラ撮影をすると、そのことを通した気付きや発見があります。

体の私が見てる映像と、ビデオカメラが見てる映像とは違う映像であるということ。それからそれらと視聴者に映る映像と、視聴者たちが受け取る映像も違うということ。

それらの映像は全て違うものであり、少しずつ違うというよりは全く違うものであると分かります。

AI時代にこの気付きは重要です。
錯覚現実であることが深まります。

4.銀賞を頂きました

1番から3番までの予想が的中。
嬉しかったです。銀賞が当選。

特別のバーチャル背景を頂けるようなので早速、使用したいと思っています。

惜しくも金賞にはなりませんでした。

次回、開催の折には金賞を狙っていきたいと思っています。

5.情報過多の現代。脳と心が対決

AIが登場して新型コロナウイルス感染拡大が文明の根幹を揺るがせている今、人間の規定を脳で見ていたのでは生きていけない時代に突入しています。

確かに脳で生きるように思えます。
ですが心こそが本当の人間。

今までは心が脳に負けていた歴史でしたが、いよいよ心が脳に完璧に勝利し、人類は全く新しい文明を築いていくターニングポイントにあると思っています。

脳で情報知識と出会ってしまったら、AIに負けてしまいますし、人間がデータになってしまう。世界の知性人たちはそのように警鐘を鳴らしています。知能と意識に分離がおきて、意識は要らないんじゃないか、などと言われだしている昨今。

心が大事だ!
心が本当の人間だ!

重要なメッセージではないでしょうか?

心の時代。

これは令和日本が発するメッセージ。
令和日本の仕事です。

西洋哲学では、心を分かり心を語ることは不可能です。偉大な西洋の哲学者を学ぶとよく見えてきます。

数学・物理に矛盾しない心。
数学・物理を説明する心。

情報過多の今の時代。
心の動きを悟るときです。

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

知のB1。ブックダービー

平日は毎日開催している令和哲学カフェ、その特別企画として本日、zoomとYouTubeライブ配信が行われます。

本日は、知のB1について触れた記事です。

1.令和哲学カフェでは

令和哲学カフェでは西洋の代表的な哲学者を取り上げ令和哲学の観点から解析します。今の時代、この日本、私たち1人ひとりにはどのように取り入れていけるのか、どのくらい生き方に深い関わりがあるのか、よく見えてきます。

まだ見られていない方。
是非、ご覧になって下さい。

2.本日は知のB1 ブックダービー

その特別企画として本日。
平日ではありませんが。

知のB1 ブックダービーが開催されます。

令和哲学カフェでは、世界の知性や歴史上の知性を整理整頓し、それを5人の出演者と共に集団コミュニケーションの場で語らいながら理解を深めています。

通常、この知性と自分との距離感を計ることも難しければ、知性と知性の間の距離を計ることも難しいため、知性が表現された本に順番を付けることはできません。

順番をつける根拠がありません。

ですがnTech令和哲学は宇宙自然から人類文化文明歴史まで全てを整理整頓してますので、今の時代、人類77億人に必要な知性とは何かについて迫ることができます。それを集団コミュニケーションと共に行おうとするもの。

3.現代は情報過多。整理整頓が必要

今の時代は情報過多。

溢れてる情報知識の海の中で。
取捨選択はしていますか?

限られた時間でもあるので優先順番を付ける必要がありますが、情報知識が溢れすぎていては、何をどのように判断し、整理整頓していけるのか難しい。

ぜひ、ご覧になって下さい。

競馬に見立てているようです。

4.知のB1 概要

パネラーたちは騎手。
推薦本たちを馬。

騎手が馬を乗りこなしその速さを競い、お客さんは順番を予想して楽しむように、パネラーが本をどのように乗りこなして一番を競おうとするのか、視聴者たちは予想して楽しみます。

テーマ「この時代の人たちに一番読んでほしい本」

4.1.事前予想

パネラーによる自己評価データとして、

プレゼン力 ★★☆☆☆
やる気・情熱★★★★☆
論理力   ★☆☆☆☆
集中力   ★★★☆☆
自信度   ★★☆☆☆

の5つの項目がありますから、予想してみて下さい。当選者には希少価値の高いバーチャル背景などが付与されますので狙いにいくと良いかと思います。

なお順番は視聴者たちによる投票により決定するようですので、ハラハラされる方もいらっしゃるかも知れませんね。

4.2.令和哲学カフェポータルサイトより引用

引用”5人のパネラーが「この時代の人たちに一番読んでほしい本」として選んだ一冊の書評を発表し、ファシリテーターを務める令和哲学者Noh Jesuからのお題を問題解決していきます。
それをNoh Jesuが令和哲学的視点で『ジャッジ』。
視聴者の方には、順位投票をして参加していただき、ゲーム視聴をしているような感覚で令和哲学のエッセンスに触れながら、「知の統合」の世界をお楽しみいただけます。”

令和哲学カフェポータルサイトより 最終更新2020年10月2日
https://reiwaphilosophy.com/2020/4607/

4.3.イベント詳細

■イベント開催日:2020年10月3日(土)
■イベント時間:21:00-22:30
■参加費:無料
■開催:zoom開催/YouTubeオンライン同時配信

詳しくは、令和哲学カフェポータルサイトの特別企画 知のB1をご参照ください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

瓶鳥。令和哲学カフェお馴染み

令和哲学カフェではお馴染みです。今日は瓶鳥について触れたいと思います。

令和哲学カフェでは瓶鳥を人類の宿命的課題と位置付けています。哲学が向き合うべき問題を単純化したイメージ図と共に問いかけているものです。

単純化なので分かり易い。
ですが大変に深い。

使えば使う程に味が出てくる優れものですので紹介したいと思いました。本記事を読まれた方は読み終わると同時に早速使ってみて下さい。

花瓶の様な瓶をイメージしてみて下さい。

その花瓶の入口は鳥の卵がギリギリ入るくらいの大きさでして、その入口から鳥の卵を中に入れます。

やがて卵は孵化します。
瓶の中で鳥が育ちます。

すると大きくなった鳥ですから瓶の入口の大きさから抜け出すことはできなくなっていますね。鳥は瓶の中は自由に羽ばたき飛ぶことができます。

ここで問いかけます。

「鳥を殺さず、瓶も壊さず、瓶の外を

鳥が飛ぶにはどうしますか?」

これは現実的に取り組む問いかけです。
ですから非現実的な回答は当たりません。

例えば、

  • 魔法を使う
  • スモールライトを使う

などの回答はユニークですが現実的には在り得ませんから質問の答えには成り得ません。

さぁ。

どうすれば良いと思いますか?

鳥は殺してはいけません。
瓶も壊してはいけません。

その状態で、瓶の外を鳥が飛ぶにはどうすれば良いのでしょうか?あなたはどう思いますか?この質問に取り組むことはそのまま人類の宿命的課題と向き合うことと同じです。

令和哲学カフェはオンライン企画。zoom参加とYouTubeでの視聴が選択できます。質問に取り組みながら、ご覧になってみて下さい。

ガラスの瓶の中の鳥の略。ビンの中に卵を入れ、鳥が孵化して成長していくと、鳥は大きくなりすぎて外に出れなくなってしまう。そこから、ビンを割らず、鳥を生きたまま瓶の外に出すためにどうしたらいいですか? 禅問答のような問いかけ。瓶を宇宙空間、鳥を人間に例えて、その関係性や人間の認識方式の限界を投げかけている問いでもあります。

令和哲学カフェコミュニティ用語集より Last Updated On2020-09-16
https://reiwaphilosophy.com/community/knowledge-base/words/

お読み下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

本当にどうして?哲学は影響力が小さいの?

文明を発展させている牽引役として直ぐに思い当たるのは科学(技術)であるかと思います。科学技術は最先端技術ほど日進月歩と言われており科学の進歩はかつてない程に早い。

この科学と比べると哲学は。
ふと疑問が沸き起こります。

科学の進化発展は著しく、文明に与える影響も大きいですから、私たち1人ひとりのライフスタイルにも大きな変化をもたらします。職業や産業も科学がもたらしてくれます。日常生活を取り囲む尽くは科学の恩恵を被っているものばかりです。

それに対して。

一体どうして哲学は、科学ほども進化発展が見られず、文明を築いているとも思えず、ライフスタイルにも影響はなく、更には職業産業になっていないのでしょうか?

哲学で食べている人を見ません。
哲学でお金持ちを知りません。

この違いとは一体何でしょうか?

今は本当に哲学が必要な時代。
哲学なき生き方は通用しません。
哲学なくして生きていけません。

AI(人工知能)の飛躍的進化もありシンギュラリティ(技術的特異点)を迎え科学技術の終焉、物質文明の終焉のこの時に、哲学の出番が今まさに来ています。

それなのに文明を築く力のない哲学、職業産業を生み出さない哲学では、来てる出番に対して何も発揮するものがないではありませんか?

令和日本から哲学ブームが始まる。
英雄集団日本を築く上でも。

哲学そのものを整理する時にあります。
この質問にあなたならどう答えますか?

科学技術と比較して一体どうして、哲学はここまで影響力が小さいのでしょうか?その理由とは何でしょうか?

いつもお読みください有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

哲学とは何か?科学と対比して

哲学のイメージと言えば。
大抵、次のようなものです。

  • 難しい
  • 使えない
  • お金にならない
  • 争う
  • 怒ってる
  • 怖い
  • やる人だけがやる
  • 昔の人
  • 他の学問にも関係しそう
  • 深い
  • 抽象的

他にも色々あるでしょうが言葉や表現法が変われども指し示しているイメージなどは似ているのではないでしょうか?

本日は、哲学とは何かについて令和哲学カフェから学んだことを基にして科学と対比しながら書き綴ります。

私がボールペンを一つ手に取ってボールペンを見ているとします。この様子を端的に表現すると

「私がボールペンを見てる」

となります。この時、認識主体と認識対象という表現でこの状況を言い表すならば一見、認識主体は私で、認識対象がボールペンとなりますよね?

認識主体=私
認識対象=ボールペン

ここまでは難しくも何でもなく、日ごろ体験する話かと思います。では、更に科学を取り入れて表現するとどのように言い表しましょうか。

科学が開発する領域は認識対象です。「科学とは認識対象を開発するもの」と言えます。

確かに、初期のボールペンと言えば単色黒色ボールペンですが、単色赤色ボールペンであったり、3色ボールペンが商品として販売されますと、単にボールペンと言った時にも特定されない場合がありますよね。ボールペンが開発されています。

また、ボールペンへと変異するまでも同様です。素材のプラスチックや素材のインクを集めただけではボールペンにはなりません。風がプラスチックを運んできてもボールペンにはなりません。また、プラスチック自体も放っておいたらプラスチックになる訳でもないですね。

認識対象となるあらゆる領域を開発して最終的にボールペンとして誕生しています。

科学=認識対象を開発する

では哲学はどのように言い表しましょうか。

哲学が扱う領域は認識主体です。認識主体を啓発するのが哲学ですね。「哲学とは認識主体を啓発するもの」と言えます。

哲学=認識主体を啓発する

この話は、どのように続いていくと予想されますか?冒頭に挙げた哲学のイメージとはどのような関係があり、話が進んでいくと思えるでしょうか?

いつも読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

平日は毎日開催 令和哲学カフェ

少し想像してみて下さい。

あなたがもし、令和哲学者を名乗るとすればどうなりそうですか?周りの方からどのように見られそうですか?

毎日、何を発信しますか?
毎日、どの様に過ごしますか?

中々に勇気が要るとは思いませんか?
常人はしないことだと思いませんか?

少し想像してみて下さい。

嫌韓の海の中で。
反日の海の中で。

韓国人が令和哲学者を名乗っています。令和という元号が発表された時に大変、喜び、その想いをブログに綴っています。そのような人が他のどんな日本人でもいないですし、世界のどこにもいません。

とても勇気があることだと思いませんか?
常人ではとてもできることではありませんよね。

それでも毎日、やり続けています。

一体どれほどの覚悟ができており、そしてどのくらいの確信がそこにあるのでしょうか?

令和哲学カフェ。
アクセスしてみて下さい。