カテゴリー
その他

存在感。人間社会

当たり前のことのようではありますが、しかし普段から気にしているかというと、実はそこまで気にしていないというか、当たり前らしさが当たり前すぎて一見、無関心であるかのようにまで捉えられてしまうようなそんな現象についての話です。

私たちは何気に道具を使います。
お箸、コップ、ボールペンなど。

気軽に使える道具ですが、この道具一つ作る上でも1人で作るとなると大変なことではないですか?コップ一つを1人で作ろうとして挫折する人の方が多いのではないでしょうか?

実際問題、1人では無理です。
今の時代では特にです。

どんな個人1人であっても1人ではコップを作れません。不思議なことですが、そんな個人1人が集まることを通して何故か、コップを作れるようになっています。

1人では無理なのに。
集まるとできる。

1人ひとりに能力はない。
集まると能力をもつ。

この現象こそ、ホモ・サピエンスという人類種の特徴が色濃く表れていると見て取れるのではないでしょうか?

社会の形成です。
抽象的なものを共有する能力です。

個人と社会は切っても切り離せません。人間は1人では生きていけません。だからこそ1人ひとりはどのような社会を創っていきたいのか、もっと考えて良いと思うのです。

お読み下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

正解は無い?ルービックキューブ

玩具「ルービックキューブ」を知っているかと思います。やったことはないまでも、見たことであれば、誰もが皆んな、経験があるのではないでしょうか?全面の色が同時に、一発で、揃う完全体へと行く道のり。

本日のテーマは、「正解は無い?ルービックキューブ」です。

誰もが皆んな、一度や二度は見たことがある玩具「ルービックキューブ」。一面の色を揃えるだけでも大変だというのに、六面の色を同時に、一発で、揃うような完全体へと向かう道のりは果てしなく遠いように思えます。

本当に正解はあるのか?
そもそも完全体なのか?

中には、シールを剥がして再度、貼り直すことで確認した方もいらっしゃるかと思います。

正解は無いのでしょうか?

はい。

ご存じの通り。
正解はあります。

玩具ではありますが、とても深い意味を見出すこともできそうですね。