nTech。新プログラミング思考

技術的特異点は科学技術を終焉させ物質文明を終焉させる。新たに文明を築きたいなら哲学による

令和日本の使命を認識技術nTechが明らかにする。全ての問題を解決する基本単位は5人組、そしてGIを創建すること。そのキーワードが新プログラミング思考にあります。AIがディープラーニングに進化したなら人間は?

脳と心

脳と心の違いを分かって生きる時代。心の動きを、あなたはもう分かりましたか?

AI時代だからこそ、心で生きる生き方を選択するとき。体人間ではAIの方がうまくやります。脳と心が何なのかを分かって死ぬときまでも持っていけるものを得ましょう。

nTech。科学技術終焉のとき

技術的特異点は科学技術を終焉させ物質文明を終焉させる。新たに文明を築きたいなら哲学による

認識技術nTechは科学技術終焉のときに真価を発揮。シンギュラリティは科学技術終焉と物質文明終焉を意味するが経済活動を停滞させないためには新しいニーズを掘り起こす新産業、新技術が必要。nTech

体のK1。知のB1

情報知識に翻弄されるのは一体どうしてか?令和哲学の観点から、次元の違う情報知識との付き合う道について触れた記事

体にはK1があるように知の世界にはB1、ブックダービー。膨大な情報知識に翻弄される錯覚の自分を離れ、メタ情報知識発信の中心地を案内する記事

啓蒙の必要性

全体主義を離れる上で必要不可欠だった啓蒙活動、そして自分=体人間だと教える教育。しかし今からは

アイデンティティ=自己同一性=自分をどう思うか。観点の問題が未解決のときの教育と観点の問題を解消解決するときの教育は違う

最も哲学を必要とする令和日本

物質文明の終焉と共に精神文明が胎動する時に令和の幟が立つ令和日本。時代の哲学を最も必要としている。フォトエイドリアンUnsplash

nTech令和哲学を最も必要とする令和日本。心の時代を切り開き令和日本が立つ事で精神文明を胎動する役割をもつ

一点を抑えたら全てを

全ての問題は一点を抑えることで解消解決に向かいます。一点を抑えることの価値を知る記事

あらゆる問題は、それを解決しようと思えば点を探すこと。一点を抑えたら全ては解消解決されます。一点を抑えることを針治療のイメージを借りながら述べる記事

存在感。人間社会

1人ではコップ一つを作ることもできない人間が集まるとコップを作る人間社会となる。

人間1人ではコップ一つ作れません。そんな1人ひとりが集まるとコップが作れるようになる人間社会。その存在感は大きい。