ノジェス新著”心感覚(シンかんかく)”

1996年以降 日本の使命を語り続けてきたエキスとの出会いとなりえる一冊

21世紀の悟り人そして令和哲学者ノジェス氏による新著”心感覚”。1996年3月以降、歴史初世界初シリーズを数々世に送り出すも2021年まで出版社からの声掛けがなかったという。汗と涙の結晶が一冊の本に

令和リーダーシップ。その心

nTech令和哲学は心の動きをマスターし得るメタ哲学。令和リーダーシップの心を表現し得る フォトナターシャ・コネルUnsplash

心の動きをマスターしているnTech令和哲学者Noh Jesu氏は令和リーダーシップを映画「博士の愛した数式」や慣れ親しむ矛盾という言葉などを引用しながら令和リーダーシップを語る

最も哲学を必要とする令和日本

物質文明の終焉と共に精神文明が胎動する時に令和の幟が立つ令和日本。時代の哲学を最も必要としている。フォトエイドリアンUnsplash

nTech令和哲学を最も必要とする令和日本。心の時代を切り開き令和日本が立つ事で精神文明を胎動する役割をもつ

緊急事態宣言を前にして

体と経済と心を同時に襲うのがコロナだと捉えられるか?脳のウイルスに心がやられ続けてきた歴史とその理由を明確に理解してしまうこと。 Markus WinklerによるPixabayからの画像

理解の特異点を抑えているnTech令和哲学からすると緊急事態宣言を前にして何よりも重要なことは心が脳に負け続けてきた理由を明確に理解すること。

観光産業が破壊された日本の次の一手は

世界から見たら日本経済の底力は神秘神聖で奇跡。だが製造業に続き観光産業が破壊。次の一手を考えるとき

nTech令和哲学は令和日本の心臓になる決断がある。その観点から見るとき、製造業、観光産業が破壊された次の一手は認識産業、認識経済に尽きる。

何ごとも自分ごとで思えたなら

脳と心の違いを分かって生きる時代。心の動きを、あなたはもう分かりましたか?

何ごとも自分ごとで捉えられたら本当はそれは素晴らしいライフスタイル。ところが多くの人は悩みや苦しみが増えて重苦しいものと考えていることに触れる記事

暗い話題が多い今の時代に

リーダーシップ不在、方向性喪失。暗い話題が多い今の時代は、希望を語りたくなりますが、絶望と真っ向から向き合い絶望の海の中に身をおいて希望に成り代わる生き方こそ真の希望

令和哲学では絶望と切り離された希望はないとみます。絶望そのものと仲良くあれること。絶望に浸るのではなく完璧に理解してしまう。だから希望

理解の特異点を修めるには

本当の問題解決は正しい問題発見から。それは全ての問題を生み出した一点。問題点という

溢れている情報 知識 技術はまるで海のようです。その海を泳ぐお魚こそ人間1人ひとりであり家族家庭であり企業であり地域や国家でしょう。 ですが今はこの海が荒れています。荒れ狂う海を泳ぐことが困難。 山の遭難と違い海の遭難は… 続きを読む 理解の特異点を修めるには

情報 知識 技術から理解の特異点を修める時代へ

理解の特異点。nTechが案内する今の時代に最も必要な根源的な理解

技術的特異点を迎える人類は情報 知識 技術の海を泳ぐときではありません。人間だったら誰もが皆んな通過するべき理解の特異点に向かい通過してしまうこと。全ての問題を解消解決する一歩を始めましょう