カテゴリー
未分類

特異点とブラックホール

ノーベル物理学賞の受賞者が決まりましたね。授賞理由は、ブラックホールに関する理論に大きな貢献をしたとのこと。

極めて強い重力を持つブラックホールに関する理論に大きく貢献した点が評価されました。

出典:2020年10月6日(火) 21:59配信
ノーベル物理学賞にブラックホール研究者ら
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba95e1658a6c1cc97c8921652a0fe949c0ddbc2e

このところ、特異点を取り上げた記事が続いておりタイムリーですから、特異点とブラックホールの関係について触れようと思います。

宇宙自然は様々な活動をしていますが、その中でも重力が極めて高い場所があります。地球重力よりも太陽重力よりも遥かに遥かに高い重力で、どのくらい高いかと言いますと、光すら出てくることが出来ないくらいの重力。

まさに超重力です。

光と言えば、物質の中で最も早いスピードで進むと言われており、1秒間の間に地球を7周半も移動することができるという速さです。

その光の速度をもってしても、一度その重力にとらわれてしまったら二度と出てくることはできないと言われているため、光を一点に吸い込んでいくと考えられています。

その様子を目で見るとどうなるでしょうか?

光は電磁波でもありその一種には可視光線があります。目で見るということは可視光線を使う、または光 電磁波を使うということになり、人間の目に入り込んでいかなくてはなりません。

ところがブラックホールです。
光を吸い込んでしまします。

見るものがありませんね。

なので可視光線の反射を見るという意味ではありませんが、暗闇ということで色は黒色で表現し、そして一点に光が引っ張られていきますから周りからその様子を見たら穴のように見えるのではないか、と。

それで、ブラックホールと言います。

特異点は、大きく見たらこのブラックホールのことです。光さえも抜け出せない超重力のブラックホール、そこに光は飛び込んでいき一点へと向かいます。その究極の行きつく先、一点が特異点です。

重力が無限大とされる場所です。

宇宙に存在すると言われるブラックホール、そして特異点。これは私たちの日常からは遥かに遠いものなのでしょうか?

一見そのように思えます。

ですが、目では見えないですが極めて日常にも深い関わりがあるのが特異点。溢れる情報 知識 技術に翻弄されやすい現代ですが、本当に修めておきたいことはそれ一つを分かれば全ての現象を理解/説明可能とする理解の特異点です。

お読みください有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

点一つを分かれば全てが分かる

点一つを分かれば全てが分かります。点一つを分からなければ全てが分かりません。

現実世界のあらゆる物体は立体の形状ですが立体とは沢山の面によってできていますね。そして面はよく見ると沢山の線によってできてますね。その線は沢山の点によってできています。

実は現実世界は点だらけです。

宇宙空間は宇宙BigBangによって誕生したと言われていますが、特異点から誕生しています。特異点が分かることで宇宙全ての現象は説明できると思われています。

宇宙空間は特異点に全てが入っています。

点一つを分かることで全てが分かります。逆に点一つを分からないから全てを分かりません。

何か一つだけ分かったということはありませんね。全ては点であり、点の集まりだからです。何か一つを分かるときにも実は点を分かっていることになり全てを分かっていることになります。

点とは只者ではありません。
スゴすぎるのが点です。

カテゴリー
その他

地球と人類の健全健康な姿とは?

母親から生まれた赤ちゃんは母親のお腹の中から外に出ますが、これがもし、母親のお腹の外に出ずにいつまでもお腹の中にいるとしたらどのようになるでしょうか?

想像に難くないですね。

赤ちゃんは勿論ですが母親の命が危ないです。健全健康な姿とは言えません。赤ちゃんは、母親のお腹の外に出てこそ健全健康な母子関係の姿です。

母なる地球から生まれてきた人間。

地球と人間の関係は母子関係で見立てることができそうですが、健全健康な母子関係からするとどのように言えそうでしょうか?

お腹の中に居続けてはなりません。
子どもはお腹の外に出て自立します。

人類はやがて、地球を飛び立ち地球環境以外に住むように巣立っていくときが来ます。ロケットを飛ばして月に到達したり土星を探索していますが潜在的には、自立する人類の姿です。

現時点では、ロケット一本飛ばすのに大変な思いをしている人間ですが、やがては飛行機が行き来するのと変わらない勢いで、地球内外へと行き来するのが健全健康な母子関係の姿。

今、そこに向かっています。

カテゴリー
その他

母なる地球。生まれた人間

太陽系の中で唯一、生命の惑星である地球。地球も生命で見立てたら正に母親とも言えるのではないでしょうか?

地球と言う母親から、植物や動物や人間が生まれているので、植物/動物/人間たち生命は母親地球から生まれた子どもと言えるでしょう。

こうも考えられます。

もし地球と言う存在が居なければ、人間は生まれていたでしょうか?太陽系に見る他の惑星を眺めてみてもとても生命が育まれる環境にはありません。きっと地球環境だからこそ生まれた人間なのでしょう。

ここには因果関係があります。

地球が居ないと、人間はおりません。
その意味でも母子関係で見て取れます。

人間が生まれるようになったキッカケであり原因は地球にあります。母親がいたから子どもが生まれたように、地球があったから人間が生まれています。

子どもである人間はやがて育ち、母親である地球に恩返しをする時が来るのでしょう。

お読み下さりありがとうございました。宜しければ別の記事もお読みください。