カテゴリー
イベント

絶望シミュレーションワークショップ

令和哲学者Noh Jesu氏による絶望シミュレーションワークショップに参加してきました。

最初から貴重な内容。

世界的知性のユバル・ノア・ハラリ氏によるサピエンス全史とホモデウスの内容を引用して、人類歴史がどういう脈絡をもって今現在にまで至っているのかを整理しました。

これだけでも大層価値が高い。

世界的にヒットした著者ですが、内容は非常に難解で、一体何を書いているのか分からない人も大勢いると聞きます。

キーワードに沿って整理していました。
とても分かりやすいものでした。

特に印象的であったのは、虚構。
ホモサピエンスの繁栄には虚構があったと。

まさしく現代に同じことが言えます。
nTechとも非常に相性の良い言葉。

そこから絶望を語るワークショップがあります。3分間の時間で、78億人にとって如何に絶望であるのかを訴えるトークバトル。トーナメント式で勝ち上がってくるというもの。

勝ち負けも話し合いで決めるという。
公開的な基準がなく独特な決め方。

それにしても絶望とは何でしょう?

理解するという観点から絶望を整理している人は世界にどのくらいいるでしょうか?理解とはスゴイもので、理解できてしまったら、必ず前進が起こりますから、絶望を理解するの意味は絶望を撲滅するという意味でもあります。

それも正しい絶望であり、究極の絶望。
そんなことの理解を済ませてしまうという。

体人間としての体験経験からくる絶望は正しい絶望でもなければ究極の絶望でもない。特に、体人間として体験経験するまでの前段階に関する関心を寄せていないことは大変に致命的であるというガイドには頷きました。

どういうことか?

自分の見てる認識画面と全く同じ認識画面を見ている人は一人もいません。1分も1秒も、見てくれていない。

そのことをどう思うか。

このことに関心がないまま、彼氏彼女に振られたとか、子どもが亡くなったとか言っても、罠に掛かった動物のように前進すればするほど罠が深く食い込むかのように苦しみや悩みが増すどころか、絶望の突破には少しも影響が及ばないという事実。

苦しみや悩みだけが深まり。
絶望は晴れないという。
寧ろ繰り返すという。

絶望を構造で理解すること。
これはとても大切なこと。

78億人に共通する絶望の構造とは如何なるものでしょうか?そして、思惟することで到達する哲学的な絶望とは如何なるものでしょうか?

ぜひあなたもそこに思いを寄せてみてください。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

令和哲学者による2021年

令和哲学カフェ質問道場にて令和哲学者が語るコーナーがイチ押しです。印象的な表現を紹介します。

本日は、端的にて。

人類が700万年もの間で最も強調されているこんな年、という表現があれば、一体それは何だと思いますか?

夏の時に冬の仕事をしたらどうなるか?
冬の時に夏の仕事をしたらどうなるか?

変化の仕組みを分からないままでは、一生懸命に何かをやったとしても報われないどころかしっぺ返しがくることを体験されている方も多いと思います。

そのような意味で、です。
令和3年、2021年とはどのような年でしょうか?

真理から見て、この年のエネルギーはこうだと言います。最も寒い時。体感温度や気温のような意味合いではありません。精神的な、意識空間におけるニュアンスで、それを気温で表現したとき、まるで氷河期のように人類歴史上で最も寒くて冷たいときなんだそうです。

そんな時に外に出かけるとどうなりますか?
生存活動の危機はもちろんのこと。
生命活動すら聞きに陥りますね。

外に出かけるのではなく、内に向かうこと。
まさしくその1年であるというのです。

内にむかうこと。
内側を深めること。

それはどういうことなんだと思いますか?

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

危機限界に強い日本文明

海外に出かけると日本とはどういう国か興味津々で尋ねられることがあるものの、当の日本人が日本をどのように表現したら良いのかが分からなくて困るという話をよく聞きます。令和哲学者Noh Jesu氏の声に耳を傾けると日本の特徴がよくよく見えてきます。

本日のテーマは、「危機限界に強い日本文明」です。

1.日本文明の底力

地球を生命体で見立てるとき、46億年の時間からみると母親のような穏やかなイメージだけではなく荒ぶる父親のような激しいイメージもあるのだと言います。

生命存在からして、地球には何回か絶滅と言っても過言ではない程の共滅の危機が訪れていると言われていますが、その共滅の危機をもたらす表現として荒ぶる父親のようなものだと形容することがあります。

生命にとって過酷な環境。

そんな荒ぶる父親のような地球環境の劇的な変化がもたらした共滅の危機のときほど、地球生命にとっては大きく進化する良きキッカケとなって今の人類文明に至ったことを考えると、共滅の危機が起こらなかった場合も、共滅の危機に対して生命大進化が起こらなかった場合も、人類にとっては困ります。

地球を生命体で見るときの地球大進化の話は、日本文明を例える良き形容になるかと思います。日本を取り巻く劇的な環境の変化、とりわけ共滅の危機ともいえる程の深刻な危機限界と遭遇するときほど、日本は底力を発揮して大進化を遂げていく特徴があります。

2.日本国内外に見るL-f

共滅の危機は、大進化の良き機会です。

それをL-f関係(Leadership-followship関係)の観点からみると更に見えてくるものがあるでしょう。

Leadershipとは何でしょうか?

問題を発見し、問題意識を共有した上で共通のビジョンへと反転させ、新しい価値を生み出すことにあります。そして重要なことが幾つかあります。

一つは、それが自分とつながること。

自分と繋がらない問題は解決しても価値へと反転しません。これは協力団結する上で大きな障害となり、別の問題を生み出すことになります。

もう一つは、正しい診断であるか。

お医者さんで例えるなら、幾ら処方が正しかったとしても診断が誤っていたのであれば正しい処方が致命傷に至る危険性だってあります。診断ミスは控えなければなりません。

今の時代。

日本国内外に起きているLeadershipとは如何なるものでしょうか?山積する問題に対して、その根本問題を発見しているでしょうか?そして、自分と繋がる形で問題意識として共有してくれているでしょうか?その上で共通のビジョンへと反転させ人類共通の新しい価値を生み出し協力団結を呼びかけているでしょうか?

AI(人工知能)の台頭にまつわり。無用者階級にみる雇用問題や尊厳破壊についてはどうでしょうか?

ウイルスが起こしたパンデミック。体の健康は元より、経済の健康、心の健康についてはどうでしょうか?

今、Leadershipは機能していませんね。

自分と繋がらない施策政策ばかりが溢れ、明らかな診断ミスの下での処方ばかりが溢れ、followshipが右往左往しやすい環境をリーダー自ら、知識人自らが創っている様に見受けます。

3.世界のリーダー、知識人は

新型コロナウイルスに対する対応。
分かりやすいのではないでしょうか?

ウイルスとは何かを明らかにしていません。
人間が何かを明らかにしていません。
ロックダウンが何かを明確にしていません。
人類に共通する課題だと繋げていません。
一人ひとりの問題意識共有に失敗しています。

例えば、医療の現場は、医学に基づいていますよね。その医学は生物学を主に土台としていて、生物学は主に化学を土台としていて、化学は物理を主に土台としていて、それらすべての土台となりえるのが数学です。

数学は、数(すう)によって成り立ち、方程式を活用しますが、数(すう)が何なのかの定義をしないまま、また方程式もどのような意味があるのかを明確にしないまま、計算します。

物理や私たちに繋がりません。
土台からして数学は繋がらない。

世の知識人たちが色んな情報知識を発信して教えようとするものの、一体それが私たち一人ひとりの幸せや成功にはどのように繋がるのか、それを明確にする人が一人もいません。

新型コロナウイルス感染拡大について無力です。
点よりも小さいウイルス一つの統制が出来ません。

令和哲学者は、2020年3月の時点で明らかにしています。彼のように明々白々に方向性を示した世界のリーダーや知識人たちはどこにもいませんでした。

だから、1年以上経過している今も。
混沌とした状況を許しています。

日本国内外のリーダーと知識人たち。点よりも小さいウイルス一つに沈黙または無責任な発言をし続けています。

4.共滅の危機。問題を発見したか?

AIもそうです。
ウイルスもそうです。

これらは人類共通の課題。共滅の危機に値します。その根本原因があるハズです。その根本原因である根本問題を発見することから、問題解決は始まります。

そんな正しい診断。
多くの人が渇望しています。

振り返ると日本文明は危機に強い。
それも共滅の危機に対して。
底力を発揮する文明です。

分かりやすいのは明治維新。

西洋の列強諸国がアフリカを制し、インドを制圧し中国まで制圧し、残りは朝鮮半島と日本列島が制圧されるのを待つ時間の問題となっていた当時。

もしそのまま放っておいたら。
アジアの文化文明は滅んでいました。

なぜ、そう言えるのか?
令和哲学者の歴史解析が発揮します。

白人至上主義が残っているとはいえ、オバマ元大統領が誕生する背景には日本が流した血と汗と涙があると彼は言います。

少し考えてみて下さい。

黒人は白人から随分とひどい仕打ちを受けていると聞きます。もし、明治維新が起こらずに朝鮮半島も日本列島も西洋の列強諸国に制圧されてしまったら、黄色人種たちの立ち位置はどこでしょう?

白人よりも身分の低い黒人。
その黒人よりも更に身分が低くなる黄色人種。

そして、当時の扱いに学べば、黒人も黄色人種も白人から見たら等しく奴隷です。東洋の文明、アジアの文明は滅んでいたでしょう。

あの時代はそんな危機に晒されていました。
人種や民族の多様性にとって共滅の危機。
そこに反応したのが明治維新でした。

明治維新があるから、オバマ元大統領が誕生し、それだけでなく、半導体の世界シェアに大きく幅を利かせる韓国と台湾が存在し、アメリカが世界覇権を争う中国が誕生しています。

共滅の危機に反応した危機に強い日本文明。
その底力が発揮した影響力は計り知れません。

5.診断を誤ったら致命傷

明治維新のときに。
診断を誤ったと考えてみて下さい。

開国して西洋に学ばず、鉄砲を持たない無鉄砲の状態で刀に執着して戦い続ける・・・西洋に負けて植民地化される。

地球は西洋一色です。

人種差別や民族差別の比ではない。
滅びゆく存在も多数続出。

たった一つの判断に思えます。
それが致命傷になる良き事例。

今のコロナパンデミックに置き換えてはどうでしょうか?国内外のリーダーシップは発揮されず、知識人たちは沈黙する。それでいて、問題解決とは関係のない情報知識を教えようとしたり、世界を扇動するのはおかしいと思いませんか?

ここに至ってはあなた自身こそが大事です。
あなた自らがリーダーシップを発揮する時。

国内外のリーダーたち、知識人たちをよく観察しましょう。山積する根本問題に対して沈黙する彼ら彼女らには、この先は発言権を与えてはいけません。また、聞く耳を持つ必要もありません。

そのことをよく見る必要があるのではないでしょうか?正しい診断をしている人の方向性をかき乱すノイズになるからです。

6.令和哲学カフェでご確認を

心底から思うことがあります。

自分と繋がらない学術/学問に何の意味がありますか?ウイルス一つを統制できず右往左往し、大勢の人を混乱にさせている。

リーダーたち、知識人たち。
反省するべきだと思います。
学術/学問から見直しましょう。

今は、世界基軸教育を必要とするとき。そこと関係のない学術/学問はいち早く手放してnTech基礎理解28項目のような根本問題の発見に基づいた質問と答えに対してアンテナを高めるときだと思います。

世界のリーダー、知識人たちこそ。
本当は知りたい内容です。

日本文明は危機限界に強い。
底力を発揮した影響力は凄まじい。

明治維新を超える令和維新では、学術/学問という旧い刀を手放し全く新しい概念を学び新文明を創建する良きタイミングに来ています。

令和哲学カフェにて確認してみて下さい。

令和哲学者Noh Jesu氏の言に日本文明を感じるかと思います。底力はあなたの奥底に眠っている。それを発揮するのがまさしく今です。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

国家に留まらない日本は文明レベル

令和哲学では、今はStage2の日本がStage3の日本へと進化した時には恒久世界平和を実現すると言っています。78億人いると言われる地球人類ですが1.3億人ほどしかいない日本人がStage3で勝負するだけで一体どうして、世界政府樹立に貢献し、幸せ、感動、成功、平和が78億人全ての人に起こる起点となると言えるのでしょうか?

Stage3の令和日本。
その背景を書き綴ります。

令和哲学者Noh Jesu氏は言います。

「世界の分け方を見る時に私は、日本と日本以外で分けます。日本は国のレベルに留まっていなくて文明のレベルだと言えるほど、単なる国家とは訳が違います」

初めて聞く方は首を傾げます。
キョトンとする方も多いでしょう。

ですが、こう考えてみてください。

「色んな人による日本の色んな話を全てかき集めていったとき、その全ての現象を説明し得る日本とはどのようなものですか?」

あなたが得た体験経験でも良いですし、インターネット上にも沢山そうした話は溢れているかと思います。そうして全てを足し合わせていってみて下さい。

  • 抽象的な日本
  • よく分からない日本
  • 何ともいえない日本

などなど、表現は色々できるかも知れませんが大体似たような表現となり同じようなことを指し示しているのではないかと思います。

これは他の国と大きく違います。

他の国は、例えばアメリカにしてもイギリスにしても中国にしても、その国の現象を足し合わせていったときに浮かび上がる特徴といえば特徴らしいものが明確にあって、それを聞けば納得できることが多いと思います。

代表する建築物など明確ですしね。

日本は、聞けば聞くほど掴めないし理解不能に向かいながらも、そうした訳が分からないという点においては唯一、非常に理解納得ができて共感できることが多いです。国内外で、です。

日本は文明レベル。
国家としては独特。

そのように規定して今一度、日本を見直してみると、理解不能、掴みどころがないという点を含めてとてもよく理解できます。

さて、今の日本はStage2。

そして同時に令和の幟が立って令和3年の今はStage3に向かっています。Stage3で勝負する人が1人ひとり増えていき、メジャーの物質文明が年々終幕に向かうに連れて新しい精神文明が日に日に胎動していきます。

世界的で歴史的な大事件が起きている文明と文明とが交代する間の今のタイミングには、破滅的な危機であったり、共滅の危機が起こります。

AI(人工知能)の登場による無用者階級の量産。
Virusによる体 経済 心の同時破壊。

多様な問題が次々と生み増えていくように見える近年ですが、見方を変えれば全ての問題を根本から一層するときの準備とも言えます。

その準備が万端なのが日本文明。
そして日に日に胎動するStage3。

一体、令和日本は共滅の危機を何と見ているのか?そして、どうして共滅の危機が起きているのか?どのようにして共滅の危機を越えていこうとしているのか?

ぜひそこに関心を持ってみて下さい。
あなた自身もまた日本文明です。

これはあなたの物語でもあります。

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

AI時代。人間は選択を迫られる

ディープラーニングによって飛躍的に進化したAI(人工知能)は、限られた範囲の中では極めて高いパフォーマンスを発揮して囲碁や将棋などある職業のプロを上回るところまで来ています。人間がやってきた仕事の大半はAIがより上手に手掛けるようになります。

AI時代から心の時代へ。今、人間は選択をする時ではないでしょうか?

1.進化したAI

AIはディープラーニングで進化しました。
文字通り進化です。

地球生命がアメーバから進化した説がありますが、初期の生命は未だ目を獲得していませんでした。目という器官も機能も、地球生命の進化の中で生命が獲得したものです。

長い間、目がなかった時期があります。
目を獲得した頃から劇的に変わります。

カンブリア爆発と呼ばれている時期、その前後では地球生命の大進化は短い間に劇的に変化したと言います。その爆発は、宇宙Bigbangに因んで生命のBigbangとも呼ばれている程です。

2.目を獲得したAI

そのイメージを借りる人がいます。
AIは目を獲得した、と。
ディープラーニングによって。

実際、目を獲得してからのAIの認知能力は非常に高くなり、人間の誤認知率と変わらないか、AIの誤認知率の方が低くなっているというデータも紹介されていると聞きます。

人間の目よりも性能の良いAIの目。

特化した分野では、既に記憶力や判断力なども人間のそれを上回っている状況があり遂に、機械たちは目を手にします。

3.5感覚を獲得するAI

この延長は想像できますね。

やがては、耳を手に入れ音声認識の精度や翻訳機能が充実し、ドラえもんの翻訳こんにゃくと変わらない商品技術が完成することでしょう。また、鼻を手に入れ、舌を手に入れ、皮膚を手に入れる時が想像されます。

5感覚を手にする機械です。
関節も手にすればどうでしょう。

4.それはAIか、人間か

外観は完全に見分けがつきません。また、情報データの入出力も人間のそれとほぼ変わりません。その時、機械・ロボットのそれを本当に、人間ではないと見抜けるでしょうか?何を質問しても、人間らしい返答が返ってくるとき・・・それを人間ではないと見抜くことは至難の業かも知れません。

現に、人間にとってはそれが植物であっても、動物であっても、たまごっちであっても、aiboであっても、愛する対象に成り得るし、愛して欲しい相手に成り得ます。

5.機械の特徴。だが同時に・・・

機械の特徴を挙げます。

  1. 覚える
  2. 判断(〇×)する
  3. 繰り返す

他にもあります。
簡潔ではこのようなところ。

6.機械と同じ人間

では、人間はこれをやらないでしょうか?

もしあなたが、覚えることから初めて、〇×判断を行い、同じことを繰り返しているのであれば、それが教育ならその教育は機械が余程に上手にこなしますし、それが作業なら余程に上手にこなしますし、それがライフスタイルなら余程に上手にこなしてくれます。

このことの意味を考えたいところです。

実は人間生活は機械的であった。
そういうことです。

7.機械的な生き方

機械的な生活は全て機械がこなします。AIが目を手にしただけで、プロ棋士たちは囲碁も将棋も負けました。脳を手にした訳ではありません。未だ、目を手にしただけです。

優れた目がプロ棋士を負かします。
この先、機械的な人間は負けます。

良い悪いではありません。
効率化に走る資本主義社会ではそうなります。もっというと、社会が物質的であり機械的であるなら、その社会はAIが担います。

覚える
判断する
繰り返す

そのような文明社会はAIが余程に上手くこなしてくれます。便利だから人間は受け入れるでしょう。今までと寸分たがわず、寧ろより精密で手早く。

8.選択。ライフスタイルの変化

ですから選択のときです。

今、AIが社会に浸透していく流れを止めることはできません。そもそも、文明社会が望んでおり、1人ひとりの無意識も望んでいるからです。

ただ、1人ひとりの意識はどうでしょうか?

機械に配慮されるほどに優しければ問題ありませんが、今のところその兆しはなさそうです。何故ならば、社会と機械は別物ではなくて、機械的な生き方をしているという点で非常に似ているし、寧ろ全く同じ機能だからです。

人間が変わるときです。

機械のことは機械に。
AIのことはAIに。

任せましょう。

9.シブい質問

人間とは一体なんでしょうか?
人間を追求するときです。

人間らしい人間の生き方とは何でしょうか?
人間は今、選択を迫られているときです。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

3つのパーフェクトストーム

大海原を船が公開している姿に例えますと、今は3つのパーフェクトストームがシナジー効果を起こしながら荒波と共に船を襲っている状態です。

乗組員たちは大変な状況です。

1.3つのパーフェクトストーム

描いた点よりも更に小さい新型コロナウイルスが全世界を揺るがし、文明の根幹にまで大きな衝動を与えています。たったの数か月で、パンデミックを起こし、健康を脅かし、経済を脅かし、尊厳を脅かしています。

世界中が同時に経験している現象です。

新型コロナウイルスが襲い掛かってくるのは、3つ。一つひとつが破壊と破滅をもたらす強烈な嵐です。

一つは、健康を脅かします。

自分が感染しているかも分からない状態で感染者となり、次の人へ感染する力が非常に高い特徴があります。重篤化した場合、生きるか死ぬかの勝負に持ち込まれます。

もう一つは、経済を脅かします。

原油がマイナスの値を付けたことで全世界に衝撃を与えました。一般人的な感覚では実感を感じにくい出来事ですが、歴史初の大事件を初めとして今からもまだまだ、経済を襲う荒波がやってきます。

そして、尊厳を脅かします。

不安心理や恐怖の心理が働いています。不信も強くなる一方ですね。正義と正義が闘い、多くの人が精神的に傷つき、精神的に病み、精神的に生死を彷徨う現象が見え隠れします。

一つだけでも、全てを飲み込み、破壊し、絶滅をもたらす力があるのですが、これが今、3つが迫ってきていまして、更にそれらがシナジー効果を起こしながら襲ってきています。

2.シナジー効果

シナジー相乗効果と言いまして、

1+1+1=3

という数式は馴染みが良いですが、

1+1+1=30

にもなったり、

1+1+1=3000

にもなったりするような共振共鳴現象のことです。一つの嵐だけでも強烈な力ですが、3つの力がお互いに高めあい、その高まり方が最高をより最高へと極限まで高めてしまう現象のことです。

この時、嵐と嵐は重なり合っています。

3.恐れるべきは診断ミス

本当に恐ろしいのは、実は3つのパーフェクトストームの方ではありません。強烈な破壊と破滅のエネルギーを持っている3つのパーフェクトストームですが、それよりも遥かに深刻な問題がもっと身近にあります。

それが診断ミスです。

3つのパーフェクトストームがシナジー相乗効果を起こしているのですが、たった一つのパーフェクトストームが襲い掛かると診断したら、処方はどのようになるでしょうか?

例えば、今はCOVID-19というパーフェクトストームが私たちの命と健康を脅かしに来ていると診断したら、処方は、命と健康の危機に対応することとなるでしょう。

そして、処方が正しく行われます。
そのまま、正しい処方を実践しますね。

しかし、それだけで3つのパーフェクトストームは収まりません。シナジー相乗効果が起きています。一つだけを切り離して対応することは不可能ですし、それができたとしても他の2つのパーフェクトストームが未だ、消えていません。その間にも襲い掛かっているのですが、全く未対応になってしまいます。

正しい処方と正しい実行をしたら、別の深刻な問題を生み出してしまうことになります。

診断を間違えてしまうことが余程に怖くて恐ろしい現象です。

4.診断ミスを起こされませぬよう

診断を誤ったら致命傷です。
傷で済めば未だ良い方です。

恐ろしいのは診断ミス。
どうか診断ミスだけはなされませぬよう。

誤った診断とは何か?
正しい診断とは何か?

これを機会に深められてください。

読んで下さって有り難うございます。