カテゴリー
イベント

哲学を必要とするとき。求められる芸術

科学技術の終焉に向かうにつれて認識技術の勃興が目につくようになり、美しさは宇宙自然だけに感じるものではなく文明歴史でも確認できるようになるでしょう。いま最も哲学を必要とするときですが、哲学が盛んになるにつれて元気になるのは芸術です。

本日のテーマは、「哲学を必要とするとき。求められる芸術」です

1.人生いろいろある

この時代に限らず、生きていると人間はいろいろありますね。動物や植物を見ては、悩まない姿を羨ましがることは多いと思うでしょう。

空を飛ぶ鳥を見て「自由でいいな」
花を見て「悩みがなくていいな」

などなど。悩みがあることで、幸せや豊かさから遠ざかる気もしますし、悩みなんてないに越したことはありません。

本日は、以下のイベントを推奨します。
ぜひ、アクセスしてみて下さい。

https://truthers.jp/

まさに芸術。
そんな現場です。

2.悩みを吹き飛ばす芸能

さて、人間はどんな存在でしょうか?動植物と違って人間には悩みはつきもの。

御幣を恐れず大胆に申せば、右を見ては悩み、左を見ては悩み、人を見ては悩み、自分を見ては悩み、過去を見ては悩み、未来を見ては悩み。

それくらい悩みに囲まれています。
悩むようになっているのが人間。

だからこそ、そんな苦しい状態からは一刻も早く抜け出たいと思うもので、苦しみの対極にあるもの、悩みから遠いところにあるものに向かいたいと思うものです。

そうさせてくれる代表的なもの。
芸能ではないでしょうか?

笑わせてくれる。
楽しませてくれる。
豊かにさせてくれる。

幸せを疑似体験させてくれます。

ゆえに芸能に関心を寄せます。
芸能関連にアンテナを立てます。

自分を感動させてくれること。
悩みや苦しみかた離れて感動したい。

3.感動していたい

心が刺激されること。
感動していたいのが人間です。

芸能人または芸能を生業に仕事をする人は感動を誘発し、視聴者の反応を引き出すことにかけてはプロフェッショナルです。四六時中そのことばかりを考えている人たちですし、そのようなノウハウが集まっているところです。

テレビ番組を中心に今時であれば、YouTubeやTikTokそれからTwitterなどを利用して芸能または芸能が継承されたエンターテインメントに没入するようになります。

感動したい。

今ごろは、芸能人でなくとも芸能の要素が極めて洗練された個人があふれ出してきており、一般人でありながらエンターテインメント性あふれる映像が多く出回っています。

ひと昔前に比べて。
感動できる現場は多い。

4.日常は変わらない

ではあなたの日常は、というとどうでしょうか?家庭でのひと時、仕事場でのひと時、移動する時間や休憩している時間などは如何でしょう?

感動に包まれていますか?

基本は、こうです。

右を見ても悩み、
左を見ても悩み、

・・・
・・・
・・・

と四方八方が悩みであふれているために、エンターテインメント性あるコンテンツに触れているときは良くても、そのコンテンツから離れているあなたの日常まではエンターテインメントになっていません。

要するにまた悩みます。
或いは悩みがマヒします。
離れたら面白い空間があるので。

しかし、なくなる訳ではありませんね。
悩みの原因は残ったままです。

悩みの原因が残る。
あなたにとって何でしょうか?

これは大問題ではないでしょうか?

5.条件付き感動=芸能

エンターテインメント性ある空間だけが感動できて、そうでないところでは感動ができない状態は、条件付きの感動です。ですが、あなたを取り巻く環境は基本的にどこも悩みであふれるように設定されているので、一部分だけを条件つけて感動できたとしても、あなたが本来いる場所までは感動で包まれませんね。

これは大問題です。

問題を見て見ぬフリ。
臭いものに蓋をしている。

それが条件付き感動です。
同時にそれが芸能の限界です。

芸能は、あなたを深く考えさせることをしません。あなたに思惟を働かせるようなエンターテインメントではないんですね。思惟から最も遠く、思惟を封じ込めてしまうような感動パターンです。

ですから、あなたに直結しない感動。
あなたの内から起こる感動ではない。

思惟と共にある感動。
そしてエンターテインメント。

それが芸術です。

6.思惟。あなた自身が芸術

あなたが心の奥深くから望むもの。
それは芸術と共にある日常です。
あなた自身が芸術であること。

それには思惟が働くことです。

想像してみてください。

右を見ては感動し、左を見ては感動し、人を見ては感動し、自分を見ては感動し、過去を見ては感動し、未来を見ては感動し・・・

これが永続的に起こる。
それは正にあなたの人生。

あなたの心の奥深くと繋がった思惟が働くことで、あなた自身がエンターテインメントの中心であり、あなたはエンターテインメントそのものとなっています。

エンターテインメントそのもののあなただから、あなたを中心として、如何なる環境であっても、それを道具にして感動へと変えてしまう。

まさしくあなたは芸術家。
思惟の働く芸術家。

本当の人間の姿でもあり、
本当のあなたの姿。

7.令和日本なら令和哲学

今の時代は哲学を必要とするとき。
哲学ある生き方が当たり前の時代。

芸能に翻弄されるのか。
芸術として感動を振りまくのか。
その中心はあなたです。

それは時代の哲学が入った新しい人間として生きる姿であり、見てる人の心奥深くを刺激するまさに芸術そのものでしょう。

時代の哲学と共にある。
それが正しく芸術。

https://truthers.jp/

令和日本。
令和哲学。

今、世界中で時代の哲学を必要とするとき。
世界中が求める真のエンターテインメント。
美しい文明歴史を確認する精神文明胎動。

質問したい方はzoom参加枠から。
気楽な環境ならYouTubeLIVE視聴で。
当日参加困難ならアーカイブ視聴。

アクセスしてみて下さい。
そして一緒に参加しましょう。

お読みくださりありがとうございます。よろしかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

ポストコロナ。分け方を問う

昨年の今頃から新型コロナウイルス感染拡大が徐々に増えていきました。日本国内ではまだまだ危機感はなかったものの世界では中国を筆頭に何か国かで話題に挙がっていました。たった一年で目まぐるしく変化したこの状況は正にパンデミックそのものです。

パンデミックをどう受け止めれば良いでしょうか?
ポストコロナをどう迎えたら良いのでしょうか?

パンデミックが起きることは明らかにライフスタイルが変わります。今までと全く同じように生きることは出来ません。かつてパンデミックが起きた時も、その前後では大きくライフスタイルが変わっています。

人類全体の意識が変わるからです。
個人一人ひとりも変わるからです。

さて、ポストコロナを迎えるにあたり、人間にとって現状からみて重要なことがあります。それが本日のタイトルにある分け方です。

多くの人はこのように分けているでしょう。

国家と国家。
肌の色と肌の色。
イデオロギーとイデオロギー。

他にもありとあらゆる分け方で毎日を送っています。新型コロナウイルス感染拡大を通して、コロナウイルスという点に着目し、体の健康が害される事を恐れていますが、経済のコロナ、そして心のコロナという点を見れずにいます。

実際は経済も心もコロナに侵されています。
このまま行くとどうなると思いますか?

期待しているワクチン開発とその効果ですが、高い確率で期待は裏切られ、新型コロナウイルスの変異や更に脅威のウイルスが登場するかも知れません。

ウイルスの原理や仕組みを分からない。
深層心理として不安恐怖がある。

その状態で、人間同士を分けたり、文明社会の内を分けたりしながら、知っていることで戦い知っていることで争うことをするようになるでしょう。

この際は、そうした分け方を止めるべきです。
ウイルスの原理と仕組みも分かりましょう。

まず、分か方で重要なのは、ウイルスと細胞の間で分けるべきです。ウイルスと細胞が戦っている。勿論、ウイルスの原理と仕組みも、そして細胞の原理と仕組みも分かった上で、その分け方ができます。

そうすることで、パンデミックの危機は逆にライフスタイルの劇的な向上へと化けさせる良き機会となります。

令和哲学が貢献できます。
nTechが貢献します。

この際は良き機会としましょう。

新しいライフスタイルへ向かう良き機会へと化ける手前に起きたパンデミックの最中。

変化の時です。

読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

令和リーダーシップ。その心

多様な危機が人間を襲います。生老病死もそうですし、AI(人工知能)の登場による無用者階級の量産もそうですし、virusの登場による体・経済・心の破壊もそうです。そんな危機の最中にこそ令和リーダーシップは輝きます。

令和リーダーシップとはどのような心なのでしょうか?

nTech令和哲学では、今まで人類700万年もの間ずっと、心が脳に負け続けてきたと言っています。ですから、ここでいう心とは、脳内で起き得る現象のような考えや感情のことではありません。

心はどこにあるのか?

脳の外なのか?それとも中なのか?中ならばどこにあるのか?学術では心が何なのか分からないので語ることがありません。

nTech令和哲学では、心の動きをマスターしているので心について明確な理解と共に語ることをよくします。令和リーダーシップと共にある心について、うまく表現しているblogがあるので紹介します。

今回の令和シリーズ⑨では、令和のメッセージを、最先端の安らかな盾のリーダーシップの心(死の心)、数字で表現すれば「虚数(複素数)i を生み出す復元数J、0=∞=1の世界」で語ってみたいと思います。

https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/05/23/

Noh Jesu公式ブログより 2019年5月23日

令和哲学者Noh Jesu氏のNoh Jesu blogでは令和の幟が立ってから立て続けにblog記事を書き綴っておりました。これほどに令和を愛する人は他に居ないのではないかと思います。

記事には、私たちが日ごろよく使う矛盾という言葉も活用しながら映画「博士の愛した数式」も引用しつつ、令和リーダーシップの心をうまく表現しています。

とても味わい深い。
何度も読みたくなります。

読まれましたらあなたの感想をぜひ聞かせて下さい。

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

最も哲学を必要とする令和日本

哲学なき教育、哲学なき経済、哲学なき政治、哲学なき文化芸術と聞いたらあなたは何を思いますか?強く頷き理解が深まるでしょうか?それとも今一つピンとこないでしょうか?

今の時代。
特に令和日本では。

1.生き残れない。哲学不在

哲学がないと生き残れなくなりました。

以前、書き綴った記事がありましたが哲学がないと生き残れない時代に突入しています。物質文明が終焉し終幕に向かう中で今は、新文明を創建し全く新しいライフスタイルを築いていくのが楽しい時でもあります。

2.物質文明の終焉。精神文明の胎動

文明は技術と共にあります。
人間と共にあります。

ですから新文明が胎動するには技術が一新されることでもあり人間がゴソッと変わることでもあります。物質文明を胎動させ成長発展させてきたのは科学技術であり体人間でしたが、これが一新しゴソッと変わる時に精神文明が胎動します。

3.認識技術nTechの可能性

それこそ科学技術を補い上昇させる認識技術であり心が自分であり心が人間だと分かっている心人間のことです。

科学技術は瓶鳥の中を開発開拓するのだったら認識技術は瓶鳥の外を啓発するものです。また、体人間を磨き体人間を便利にする科学技術に対して認識技術は心人間を磨き心人間が住まう良き環境を創造し続けます。

だからこそ、です。
哲学なくしては始まりませんね。

物質文明は、不完全学問によって成り立っていることもあり、お互いの分野で相互作用は起こらず、美しい連携、連動は見られません。

教育、経済、政治、文化芸術の間で。
また、細分化された教育の間柄でも。

何よりも哲学がありません。

本ブログに興味をもち本記事に興味をもったあなたなら哲学なき〇〇という表現にしっくりくるのではないでしょうか?

そして哲学があればいいのに、とも思う。

哲学のある教育
哲学のある経済
哲学のある政治
哲学のある文化芸術

それが良いとあなたは思うことでしょう。

4.哲学不在。認識形式(観点)の未発見

理由があり今までは哲学が不在でした。

カントがいう認識形式(観点)の発見がされず、何となく感じたとしても明確ではなかったからです。

ですが今。

令和の幟が立ち、AI(人工知能)による無用者階級という危機的状況に追い打ちをかけ新型コロナウイルス感染拡大による体・経済・心の破壊の加速が進んでいる時に。

哲学なくしては生き残れません。
物質文明は終焉しているからです。

今は共滅の危機であり、同時にwin-win all-winへと力強く歩む絶好の機会でもあります。間違いなく哲学の果たす役割は大きいでしょう。

5.やりましょう!令和哲学

令和こそ哲学。
令和日本が必要とする。

令和哲学。
やりましょう!

お読み下さり有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

あなたの目は正しく見ることが?

当たり前に目を使います。ですがnTech令和哲学では「今ここ目で見ちゃダメ!」と言います。その意味はとても深いのですが、別段深くなくとも「目で見たらマズいなぁ」と思わせてくれる映画や漫画など多数ありますね。映画「鬼滅の刃」もそうでした。

人間の目は正しくモノを見れるでしょうか?

これは、解説や説明を聞くよりも百聞は一見に如かずという諺もあるように、体験してみるのが一番ではないでしょうか?

正に、人間の目、あなたの目で。

如何に錯視をテーマにした映像を紹介します。

如何でしょうか?

一体なぜ、錯覚を引き起こしたのだと思いますか?説明できたら素晴らしいですね!

目を通して下さって有り難うございます。宜しいかったらメッセージなど書き込んで下さい。

カテゴリー
Noh Jesu

カッコいい哲学者カント 令和哲学者Noh Jesu

大事だと思いつつも難解さに敬遠されがちな哲学。哲学がない政治 経済 教育などを想えば、やはり哲学がある政治 経済 教育の方が良いと誰もが皆んな思うのではないでしょうか?だけど難解さ故に暗黙的に遠回りをしてしまう。AI(人工知能)やCovid-19が世界を騒がせているこの時に、です。

概念として難しい哲学。どのようにお付き合いすれば良いのでしょうか?

1.映画「鬼滅の刃」にも哲学が

映画「鬼滅の刃」が大ヒットしていますね。少年漫画と位置付けられている鬼滅の刃が興行収入ランキング上位に食い込んでいるのはどういうことでしょうか?

幅広い世代に語り掛ける何かがあります。
そこにも実は哲学が潜んでいますね。

今の時代、哲学がない文化芸術は受け入れられないようになっています。またそれは教育、経済、政治も同様で、哲学がない仕事は時間の流れと共に廃れている傾向にあり、そのような話を聞くたびに頷かれる方も多いのではないでしょうか?

2.哲学といえば難解。だけど必要不可欠

難解な哲学。
だけど必要不可欠。

概念として難しい哲学は、人を通して触れることで敷居は下がるかも知れません。本日は、そのような意味合いで哲学者カントと令和哲学者Noh Jesuを書き綴ろうと思います。

まず、概念としての哲学で。
哲学らしい哲学を確認します。

3.哲学らしい哲学とは何か?

それは、それまでの全ての哲学的概念を今までにない全く新しい概念一つで整理整頓してしまうときに真の哲学と言っています。たった一つの新しい概念は、それまでの全ての概念を切り捨てながらも同時に底上げまでして価値を飛躍的に高めてしまうこと。

哲学者カントはそれをやりました。

4.真の哲学者カント

瓶鳥の例えを使います。
瓶鳥はこちらを参照ください。

瓶鳥。令和哲学カフェお馴染み

カントは、今まで人間が知っていること、やっていること、希望していることは全て瓶鳥の内側にあったよ、ということを明らかにしました。

人間といえば理性です。
その理性の範囲を明確にしました。

瓶鳥の内側にずっと居続けていたということを明らかにしたということは、瓶鳥の外があるということを暗に意味していますし、外がありそうだという予感をさせてくれます。

哲学は抽象的です。
何を言ってるかよく分かりません。

ですが、その理由を明らかにしてくれたんですね。理性でもって推理できる範囲は瓶鳥の内側までだよ、と明確に線引きしてくれたのです。

そのことを通して逆に、瓶鳥の外までを明らかにし得るキッカケを作りました。これがそれまでの哲学者たち誰もが出来なかったことで、令和哲学がカントを真の哲学者と認める理由でもあります。

カント前までは、真理の基準が客観的であったのですがカントは真理の基準を主観的に持ってくることに成功しています。

これが偉業です。
カッコいい。

哲学者たちの悩みを解消しつつ同時に、数学や物理をやる人たちの膨らむ傲慢さを優しく和らげてあげる効果を持ちます。

とても平和ですね。

5.令和哲学者Noh Jesu

令和哲学者Noh Jesuもまた真の哲学者です。

それまでの全ての人間たちが時間も空間も存在もエネルギーも絶対に存在していると思っていたところ、実在しないことを明確に言い切り、それらが生まれるようにさせている何かだけがあることを示しました。

また、1996年までその発見がなされなかった理由が、瓶鳥の中にいたことと、瓶鳥を生み出すようにさせる仕組みが脳の観点にあったことを明らかにしたことで、瓶鳥の中と外を、実在する何かと脳の認識の癖に働く仕組みを説明することを通して明らかにしました。

瓶鳥が生まれるようになった理由が明らかなので、人類の宿命的課題を解消し、あらゆる問題解決に生かせる第一歩を見せてくれていることと同じです。

全人類の悩みを解消しつつ同時に、全ての専門性ある人たちの傲慢さと無力感を同時に優しく解消させてあげる道を提示します。

平和を越えて令和です。

カントもNoh Jesuも真の哲学者。
心からカッコいいと思います。

読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

観点の問題に気付かせてくれる数学 物理学

観点の問題を知らないままで幸せになろうとするのはナンセンスです。観点によってイメージが生まれ、かんてんによって感情や思考、そして表情、言葉、行動として表れ、その結果、人間関係や組織を作るからです。

観点の問題に気付かないということ。
それはあなた自身に気付かないのと同じ。

観点の問題に気付くことは容易ではありません。それは観点が目で見ることが出来ず認知していないからです。

認知しているものに気付きます。
問題だと思えば変化できます。

ですが、非認知だとどうでしょう?

問題だと思い難いです。
問題と思わないので変化もしません。

認知できない観点について、その存在を薄っすらとでも仄めかしてくれるのが数学であり物理学です。

物理学とは何でしょうか?

最先端の宇宙物理学に知恵を借りると分かりやすいのですが、「この宇宙(人間あるいは私)は何でできているのか」「この宇宙は(人間あるいは私)はどこから来たのか」という問いをもち、分析することを通して答えに到達しようとします。

水1滴を分けて水分子を発見します。
水分子を分けて原子を発見します。

そのように、素となる新しい粒子を発見することを通して全体像を知ろうとしています。そうしながら、素粒子を発見し、数学の対称性という概念を借りて、仮説段階ではあるがひもや膜を想定しています。

一見すると新素材の発見です。
ところが深く洞察すると違います。
実は観点が移動しています。
観点を後ろに引いていく作業。

観点を動かすから見える景色が変わる道理。
nTech令和哲学からはよく分かります。

数学の手を借りて物理学が到達している最終的な回答。今はそこまで到達しています。ただ、どのように解釈して良いのかが分からず、また実験などで確認できないために本当に信じて良いのかも分からず、更には実生活に活用できないとして、まだまだ途中段階にあると学者たちは見ています。

nTech令和哲学は明確です。
観点の問題を発見しているから。

数学と物理学が仄めかしてくれているのは、観点を移動しているという点。では、そんな観点はどこから来たのか、そして何ゆえに観点が生じるようになったのか、ということ。

数学と物理学の最終的な解答は、その先の哲学の領域へ突入するタイミングだということ。そしてその哲学とは、現代に登場する哲学であり、時代の哲学となるべき哲学であり、全ての問題を整理整頓し得る究極の問題を発見している哲学のこと。

nTech令和哲学はそこに貢献します。

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

哲学者カントと哲学者ヴィトゲンシュタインを令和哲学から

とても偉大だと思う哲学者の紹介です。哲学者らしい哲学者であり、大きな影響を放っている哲学者であり、カッコいいと思える哲学者です。

令和哲学の観点から紹介します。
令和哲学者Noh Jesu氏は言います。

全ての哲学的な問題は簡単に理解できる。瓶鳥だよ。瓶鳥で考えたらいいの

聞けば聞くほど真にそのように思えるので是非、令和哲学カフェにて真相を確認して下さいね。

人類の宿命的課題は瓶鳥で表現できます。また、全ての哲学的な問題や命題もまた瓶鳥で表現できます。

瓶鳥は便利な道具です。
瓶鳥の中と瓶鳥の外。

このことを理解できたら十分。

瓶鳥を引用して哲学者カントと哲学者ヴィトゲンシュタインを紹介します。

哲学者カントは、人間がいる場所も、人間が考えている領域も、全ては瓶鳥の中であるということを明らかにしました。

そしてこれが大変な偉業です。

瓶鳥の中であることを明らかにするということは同時に瓶鳥の外を予感させ、次第に瓶鳥の外があることを明らかにしていることに気付くからです。

そして瓶鳥の外がスゴすぎる、と。
スゴすぎる領域を中に持ち込むな、と。

そのように言い放ちます。

令和哲学カフェではスゴすぎる領域とは真のあなた、本当の人間、心そのものであると伝えています。

カントは、そのスゴすぎる領域を表現するときに、認識形式によって瓶鳥の中の世界を見ていると明らかにすることによって真理の基準となる基準値を移動させることに成功しました。

大偉業です。

これによって、カントの前までの哲学者たちを一気に整理整頓し、カント以降の哲学者たちに大きな影響を与えました。

哲学者ヴィトゲンシュタイン。

彼もまた瓶鳥の中と外を明確に分けたカントのことをよく理解していた数少ない真の哲学者です。

即ち、瓶鳥の外が分かっていた。

言語は瓶鳥の中しか表現できないのに、スゴすぎる瓶鳥の外の領域を瓶鳥の中の言語で表現しようとしていた多くの哲学者たちを見て、それでは悩むのは当然だろうと言わんばかりに、絵で描けないことは喋るなと言い放ちながら、自らは20代の頃に哲学的な難題を全て解決したと言います。

スゴイ自信感です。

令和哲学カフェでは、言語で言い表せるのは瓶鳥の中のみに過ぎず、言語とは瓶鳥の外からもう一度瓶鳥を表すときに必要な道具が言語だと言いながら、言語の限界を補うイメージ言語の紹介をします。

イメージ言語ゆえに、ヴィトゲンシュタインが如何にすごい哲学者であったのかよく分かりました。

言語と世界を対称性で理解する。

ヴィトゲンシュタインが探していたけど見付けることに失敗した要素命題をよく見つめたことで言語の限界を補うイメージ言語を開発することに成功。

これによりヴィトゲンシュタインが為したかった新たな言語の開発、そして全く別次元の認識方式の獲得を可能にしています。ヴィトゲンシュタインは当時、当時からそのことに挑戦していたと思われますね。

哲学は数学と物理を引っ張っていく。
カント、ヴィトゲンシュタイン。

そのバトンを受け継いだ者たちが今、令和日本に次々と現れています。その息吹を感じてみて下さい。

今日も読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

映画「鬼滅の刃」とは何か?

これはただの映画ではないですね。

多くの方が指摘されるように、少年漫画の位置づけである漫画「鬼滅の刃」は、しかし少年たちだけに受けているのではなくて、年輩の世代とりわけ女性たちにも大うけしているといいます。興行収入の歴代記録を次々と塗り替えているのも頷けます。

この人気は一体なんなのでしょうか?
映画「鬼滅の刃」のヒミツとは何でしょうか?

令和哲学者Noh Jesu氏は明確に言います。
島崎はこれに衝撃を受けると共に感動します。

映画「鬼滅の刃」はただの漫画ではない。
歴代最高の学習教材であると。

今あるどんな学習教材よりも、今までのどんな学習教材よりも、遥かに価値が高くて素晴らしい学習教材だと言い切ります。

耳を傾けるとその根拠や背景に驚きます。

一体どれだけの人が映画「鬼滅の刃」を見て、映画「マトリックス」との親和性に気付くだろうか?気付くだけではなく、その解析が人類歴史、人類文明とも繋がった解析となっているんですね。

つまり、映画「鬼滅の刃」と映画「マトリックス」の親和性のみならず、明治維新がどういうことであったのか、国家ブランド「Made in Japan」が如何なるものであるのか、どのようにして破壊されていったのか、世界に一番影響力をもつアメリカのヒミツとは、などなど、ここには書ききれないほどのことを添えて解説を入れてくれているんです。

まだあります。

哲学とも。
つながる。

えーーーーっ!?

本記事を読まれているあなた。
もし映画見ていたなら考えて欲しい。

哲学者「カント」「ニーチェ」「ドゥルーズ」と映画「鬼滅の刃」それから映画「マトリックス」をつないで話すことが出来ますでしょうか?

もちろん、数学や物理とも親和性高いものとしての解析を入れてくれていますよ。何せ、真の哲学は数学や物理を引っ張っていくもの。哲学を引き合いにする時点で、数学や物理に矛盾があってはいけません。

あなたの周りにはいるでしょうか?
あなたが知る知識人はどうでしょうか?

これは世界どこを見渡してみてもいないであろう独特な解析、それでいて人間でいることの素晴らしさを明らかにしてくれる内容に惚れこまずにはいられません。

映画「鬼滅の刃」の解析。
令和哲学者による解析。

彼が語るならこうなります。

歴代最高の学習教材だ!

本日も読んで頂いてありがとうございました。宜しければ別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

令和哲学カフェ2度目の出演

少し前のことですが令和哲学カフェに2度目の出演をしてきました。

大川真氏によるファシリテート。
テーマは、「存在」。
取り上げた哲学者はパルメニデス。

最初から最後まで難解でした。

マイクを振られても、一体なにを尋ねられているのか分からない時、なぜ尋ねられているのか分からない時が幾度とありました。

パルメニデスと繋げたい。

そう思っていたものの結果的に、つなげようとすればするほど難しく、発言できずにいました。

ただ、この難解さと出会ったことで
カントの素晴らしさが腑に落ちます。

勿論、令和哲学者Noh Jesu氏の解析が光った結果ですよ。彼による語らいがもたらしてくれた整理整頓です。

やはり、カントは凄い。
尊敬に値しますね。

哲学者たちの中でも群を抜いて哲学者であったろうと思いますし後世に続く哲学者たちに大きな影響を与えていたことが伺えました。

同時に、彼までの哲学者にも
とてつもない大きな影響を。

第2期に入り令和哲学カフェはまだまだ成長発展していきます。まだ見ぬ大きな進化に向けて。

世界の知がこの場に集まる。

令和哲学カフェ。
ぜひ出演してみて下さい。