カテゴリー
令和哲学カフェ

フッサール。現象学

聞いたことはあるものの元々は哲学に苦手意識が濃かったからか、遠回りにしていたフッサール、そして現象学。

昨日と今日、令和哲学カフェでの令和哲学者Noh Jesu氏の切り口に衝撃を憶えました。これまたよく聞いてはいたが遠回りにしていたデカルト。

我思う故に我在り

なんと。

これとフッサールがつながるといいます。一体どういうことでしょうか?

想像つく方はいますか?

今日も読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
ポストコロナon-line会議

ポストコロナon-line会議。ママナビ

令和2年10月20日。ポストコロナon-line会議といえば夜に開催されることが通例となっていましたが、この日は特別企画のような位置づけもあり、昼間の開催となりました。

妊活の重要性がテーマ。

胎内記憶第一人者の産婦人科医池川明先生。
ママナビゲーターのアインシュタイン知奈美氏。
令和哲学者のNoh Jesu氏。

この三者で、ポストコロナの新しい時代に生きる生き方について話がされた。中心テーマが妊活ということで、出産経験の観点から

女性と母親との違い
妊活時に重要視しておきたいこと

胎内記憶や出産立ち合いの観点から、

生死とは何か?
存在とは何か?

令和哲学の観点から、

母親が誕生する瞬間
アインシュタインの意志と現代必要とする愛の爆弾
博士が愛した数式の意味
天才児を生み出すのが当たり前のママとは?

などなど、多岐にわたり濃度の濃い話題が飛び交います。このような方々が集い、他では聞けない話題が飛び交う場の何と貴重で価値の高いものなんでしょうか?

しばらくはYouTubeで視聴できます。
ぜひ、ご覧になってください。

個人的には、大学の知人が出演しているのでささやかながら応援の気持ちがいつもに増しておりました。私自身が母親であるかのような心持ちで過ごせた貴重な時でした。

今日もみて下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

直向きな姿。令和哲学カフェ101回目

令和哲学カフェ101回目

一つのことをやり続けるということは難しいですね。新しい習慣を習慣づけることも、旧い習慣を明確にストップさせることも、中々難しいことです。

そんな中で、令和哲学カフェは。
本日、2020年10月16日で101回目。

平日は毎日開催している令和哲学カフェは、毎日哲学のことについて理解を深める場。現実的にいって難しいことでもあり、本質的にいっても哲学というジャンルで毎日、公開的に理解を深める場を取り持ちながら様々な角度からの質問に答えるというのは尋常ではないです。

それも令和哲学者と名乗って。
並々ならぬ覚悟だと思いませんか?

あなたならばどうでしょうか?

明日から令和哲学者を名乗り、毎日西洋の哲学者たちを取り上げ、哲学的概念についての解説を行いながら、来る質問に応える。

しかも集団コミュニケーションを通して理解する哲学として見せてくれて、哲学を好きになる人を一人ひとり着実に増やしていく。

このようなことを出来るでしょうか?

令和哲学者として。

101回も続く令和哲学カフェが、11月には1期を終えて4年間続けようとする夢を、今日も明日もかなえようとする直向きな姿に感動しています。

カテゴリー
令和哲学カフェ

令和哲学カフェで学ぶシブい質問

人類は教育と共に人間になっていきます。動物と違って人間は、教育によって何者にでもなれると言っても過言ではない程に大切で重要です。未熟状態で生まれてきた人間の赤ちゃんにとって外界との出会いは、その後の人生に大きな影響を持つようになります。

今日は、シブい質問についての記事です。

1.教育と共に人間。学問を通して教育

教育と共にある人間ですが、教育は学問を通して行われます。多くの情報知識は学問の上に成り立っていることが多いでしょう。

道具がないと何もできない人間。
その人間が扱う道具とは正に。

学問の上に成り立つ情報 知識 技術によって生み出されてきたものですね。車にしてもボールペンにしても学問なくして作ることが出来ません。

学問を通して行われる教育ですが。
今の時代となっては弱点が目立ちます。

2.心の時代に目立つ学問の弱点とは?

答えを得る学び方になっている点。
答えを暗記し答え方を学ぶ点。

ですが、学問とはどのような文字ですか?
問いを学ぶと書きますね。

答えを学ぶものではありません。
良質な質問を学ぶのが学問です。

答えを学ぶことが便利で役に立つ時代も歴史上はあったかも知れません。ですが、もう賞味期限が切れています。

今は原点回帰。
問いを学ぶ。

それも良質な質問と出会うことです。

3.2つほどシブい質問を紹介

今日は、令和哲学カフェで学んだ良質な質問がありましたので、それを幾つか紹介します。

無から有が生まれる仕組み、有から無が生まれる仕組み、有から有が生まれる仕組みとは?

時間とは?空間とは?点とは?事件とは?存在とは?人間とは?人間の認識とはどのように誕生するのか?

令和哲学カフェ美学まとめ資料より 2020年5月27日 by Noh Jesu

他にもまだまだありますが一つひとつが非常に濃い質問であり広範囲に及ぶ大きな影響をもたらす質問ですので、ここでは2つに限っての紹介とします。

あなたは、この質問にどのように答えますか?あなたが親しくしている間柄の人はどのように答えると思いますか?

シブい質問とお付き合いすることは実り豊かな人生へとさせてくれます。ぜひ、この2つの質問とも良いお付き合いをされて下さい。

今日も読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

銀賞を頂きました~知のB1 予想当選~

令和哲学カフェ特別企画「知のB1 ブックダービー」が昨日、開催されました。競馬にイメージを借りて、パネラーの皆さんが騎手、そして騎手が乗りこなす馬をパネラー推薦の本と見立てて、事前予想や当日予想をする企画です。

本日は、昨日の感想を書く記事です。

1.知のB1。ブックダービー

5人のパネラーに対して令和哲学者Noh Jesu氏が令和哲学の観点から切り込み、テーマにそった順番を付けようとするもの。視聴者の皆さんは、申し込み時に事前予想と、当日のやり取りを受けて当日予想をします。

zoom開催およびYouTubeライブによる同時配信。

当選には、金賞、銀賞、同賞に対応するプレゼントが付与され、個人的にとても頂戴したいと思っておりました。

テーマは、「この時代に人たちに一番読んでほしい本」です。

2.令和哲学の観点から質問

企画の中で印象的だったのは、令和哲学者Noh Jesu氏による質問とパネラーとのやり取りでした。

パネラーたちの人間力や、本そのものの魅力などで順番を予想したくなってしまうところがあったのですが、しかしNoh先生よる質問とパネラーのやり取りはテーマを思い出させてくれます。

テーマは、この時代に人たちに一番読んでほしい本です。

この時代とは、AIが登場して新型コロナウイルス感染拡大において人類が向き合っている共通の課題に焦点が当たっていると思われます。

それから一番、と付くからには判断する基準が必要ですが、それ一冊を読めば他の本を10冊100冊読んだとしても上回るという勢いを感じます。

Noh先生による質問も、パネラーたちによる回答も、今の時代に本を読む姿勢とはどのようなものなのか、というのをハッとさせられ、そのような姿勢で情報知識と出会いたいと思ったものです。

3.ビデオカメラ撮影

実はビデオカメラ撮影としてスタッフ参加しておりました。ビデオカメラ撮影をすると、そのことを通した気付きや発見があります。

体の私が見てる映像と、ビデオカメラが見てる映像とは違う映像であるということ。それからそれらと視聴者に映る映像と、視聴者たちが受け取る映像も違うということ。

それらの映像は全て違うものであり、少しずつ違うというよりは全く違うものであると分かります。

AI時代にこの気付きは重要です。
錯覚現実であることが深まります。

4.銀賞を頂きました

1番から3番までの予想が的中。
嬉しかったです。銀賞が当選。

特別のバーチャル背景を頂けるようなので早速、使用したいと思っています。

惜しくも金賞にはなりませんでした。

次回、開催の折には金賞を狙っていきたいと思っています。

5.情報過多の現代。脳と心が対決

AIが登場して新型コロナウイルス感染拡大が文明の根幹を揺るがせている今、人間の規定を脳で見ていたのでは生きていけない時代に突入しています。

確かに脳で生きるように思えます。
ですが心こそが本当の人間。

今までは心が脳に負けていた歴史でしたが、いよいよ心が脳に完璧に勝利し、人類は全く新しい文明を築いていくターニングポイントにあると思っています。

脳で情報知識と出会ってしまったら、AIに負けてしまいますし、人間がデータになってしまう。世界の知性人たちはそのように警鐘を鳴らしています。知能と意識に分離がおきて、意識は要らないんじゃないか、などと言われだしている昨今。

心が大事だ!
心が本当の人間だ!

重要なメッセージではないでしょうか?

心の時代。

これは令和日本が発するメッセージ。
令和日本の仕事です。

西洋哲学では、心を分かり心を語ることは不可能です。偉大な西洋の哲学者を学ぶとよく見えてきます。

数学・物理に矛盾しない心。
数学・物理を説明する心。

情報過多の今の時代。
心の動きを悟るときです。

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

知のB1。ブックダービー

平日は毎日開催している令和哲学カフェ、その特別企画として本日、zoomとYouTubeライブ配信が行われます。

本日は、知のB1について触れた記事です。

1.令和哲学カフェでは

令和哲学カフェでは西洋の代表的な哲学者を取り上げ令和哲学の観点から解析します。今の時代、この日本、私たち1人ひとりにはどのように取り入れていけるのか、どのくらい生き方に深い関わりがあるのか、よく見えてきます。

まだ見られていない方。
是非、ご覧になって下さい。

2.本日は知のB1 ブックダービー

その特別企画として本日。
平日ではありませんが。

知のB1 ブックダービーが開催されます。

令和哲学カフェでは、世界の知性や歴史上の知性を整理整頓し、それを5人の出演者と共に集団コミュニケーションの場で語らいながら理解を深めています。

通常、この知性と自分との距離感を計ることも難しければ、知性と知性の間の距離を計ることも難しいため、知性が表現された本に順番を付けることはできません。

順番をつける根拠がありません。

ですがnTech令和哲学は宇宙自然から人類文化文明歴史まで全てを整理整頓してますので、今の時代、人類77億人に必要な知性とは何かについて迫ることができます。それを集団コミュニケーションと共に行おうとするもの。

3.現代は情報過多。整理整頓が必要

今の時代は情報過多。

溢れてる情報知識の海の中で。
取捨選択はしていますか?

限られた時間でもあるので優先順番を付ける必要がありますが、情報知識が溢れすぎていては、何をどのように判断し、整理整頓していけるのか難しい。

ぜひ、ご覧になって下さい。

競馬に見立てているようです。

4.知のB1 概要

パネラーたちは騎手。
推薦本たちを馬。

騎手が馬を乗りこなしその速さを競い、お客さんは順番を予想して楽しむように、パネラーが本をどのように乗りこなして一番を競おうとするのか、視聴者たちは予想して楽しみます。

テーマ「この時代の人たちに一番読んでほしい本」

4.1.事前予想

パネラーによる自己評価データとして、

プレゼン力 ★★☆☆☆
やる気・情熱★★★★☆
論理力   ★☆☆☆☆
集中力   ★★★☆☆
自信度   ★★☆☆☆

の5つの項目がありますから、予想してみて下さい。当選者には希少価値の高いバーチャル背景などが付与されますので狙いにいくと良いかと思います。

なお順番は視聴者たちによる投票により決定するようですので、ハラハラされる方もいらっしゃるかも知れませんね。

4.2.令和哲学カフェポータルサイトより引用

引用”5人のパネラーが「この時代の人たちに一番読んでほしい本」として選んだ一冊の書評を発表し、ファシリテーターを務める令和哲学者Noh Jesuからのお題を問題解決していきます。
それをNoh Jesuが令和哲学的視点で『ジャッジ』。
視聴者の方には、順位投票をして参加していただき、ゲーム視聴をしているような感覚で令和哲学のエッセンスに触れながら、「知の統合」の世界をお楽しみいただけます。”

令和哲学カフェポータルサイトより 最終更新2020年10月2日
https://reiwaphilosophy.com/2020/4607/

4.3.イベント詳細

■イベント開催日:2020年10月3日(土)
■イベント時間:21:00-22:30
■参加費:無料
■開催:zoom開催/YouTubeオンライン同時配信

詳しくは、令和哲学カフェポータルサイトの特別企画 知のB1をご参照ください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

平日は毎日開催 令和哲学カフェ

少し想像してみて下さい。

あなたがもし、令和哲学者を名乗るとすればどうなりそうですか?周りの方からどのように見られそうですか?

毎日、何を発信しますか?
毎日、どの様に過ごしますか?

中々に勇気が要るとは思いませんか?
常人はしないことだと思いませんか?

少し想像してみて下さい。

嫌韓の海の中で。
反日の海の中で。

韓国人が令和哲学者を名乗っています。令和という元号が発表された時に大変、喜び、その想いをブログに綴っています。そのような人が他のどんな日本人でもいないですし、世界のどこにもいません。

とても勇気があることだと思いませんか?
常人ではとてもできることではありませんよね。

それでも毎日、やり続けています。

一体どれほどの覚悟ができており、そしてどのくらいの確信がそこにあるのでしょうか?

令和哲学カフェ。
アクセスしてみて下さい。

カテゴリー
令和哲学カフェ

主義主張したことが変わる現象

令和哲学者Noh Jesu氏(以下、Noh先生)がホストを務めNoh先生のリードの下、コミュニケーションワークWHTが行われる令和哲学カフェ。

今晩は、昨晩のWHTの整理整頓と質問道場。

WHTでは、人間が如何に人の話を聞いていないのかを明らかに見せてくれます。日本人なら、誰もがこうなっていると言っても過言ではないでしょう。

その様は圧巻です。
混乱する人が続出。

ただ、人間の心理として不思議なのは、こうした一見すると格好悪いと思える現象と遭遇した時ほど、危機意識が募って人間の底力が発揮されると言いますか、本領が発揮されていきますね。

出演者の方の進化はすさまじく、
参加者たちの成長もすばらしい。

今晩は、主義主張したことが次の瞬間にはコロッと変わってしまったところが明らかにされました。

間は端折りますね。

出演者5人のうちの2人が分かり易く、自身の主義主張の土台が時間をおいてコロッと変わってしまっていることが明らかになりました。

参加者たちも視聴者たちも、皆んな一体どうだったのだろうかと気になります。きっと多くの人は、明確に気付いてはいないでしょうし、気付いてはいても漠然としていて、場に参加してみたら瞬時に突っ込みを入れれる人は少ないのだと思います。

まさに、人生とは騙す/騙されるゲーム。

その光景を目の当たりにします。

見ていると混乱します。
ですが、とても学びが深い。

場に引き込まれる感覚があり、時間が経つのが本当に早いですね毎回。ぜひ、参加されてみて下さい。

令和哲学カフェ

読んで下さって有り難うございました。

カテゴリー
令和哲学カフェ

令和哲学カフェ。観点に迫る。人生とは

令和哲学カフェ、本日のテーマは、観点。哲学のジャンルのうち、カント哲学を取り入れながら観点の理解を深めようとする日でした。

冒頭から衝撃的な表現が飛びます。

あなたは、人生とは何かと尋ねられたら、どのように答えますか?他の人に、同じ質問をしたら、どのように答えるとあなたは思いますか?

令和哲学カフェでは冒頭に解説があります。
観点に迫る上で人生について整理されました。

令和哲学者Noh Jesu氏(以下、Noh先生)が語る人生。それが衝撃的な表現です。

人生とは、騙す/騙されるゲーム

他の誰がこのように形容するでしょうか?
令和哲学者が語るので、深みがありそうです。

かくして、5人の出演者に投げられます。

「騙す/騙される。そのことは好きですか?それとも嫌いですか?好き嫌いを理由と一緒に答えて下さい」

それが本日のWHTの入り口でした。
間は端折ります。

WHTでは、共通点と相違点を明らかにしながら、違う意見に対して説得したり、現状では何が起きているのかを再確認しながら、Noh先生リードの下、発言が飛び交います。

人の話を聞けないことが露わになります。

島崎自身も話を聞けていないことを認知します。私にはWHTの現場自体が騙す/騙される構図に思えました。

何を磨きたいのか。
また鮮明になります。

令和哲学カフェ

参加してみて下さい。

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

令和哲学者Noh Jesu氏を交えて。令和哲学カフェ

3つのパーフェクトストームが世界を揺るがし、方向性喪失、リーダーシップ不在の中、体のコロナよりも深刻な経済のコロナと心のコロナが文明を土台から崩しています。

新しい文明を築くのは、令和日本からと1996年から言い続けてきた存在を交えたカフェ会。

1.哲学なき時代

日本を見れば特にそうですが今、日本の知性には哲学がありません。世界の知性と語らえる哲学がないのです。哲学と言えば常に、世界からやってくるのが歴史の常でした。

では世界の知性はと言いますと、これも弱腰の哲学です。科学技術がここまで発展しているときに、哲学の進化発展は大変おとなしく、また暴走する科学技術や経済に対して、影響を与える哲学がありません。

ここまで数学や物理学が発展し、研究や開発が盛んに行われ、個人主義と共に進化し続けていることは良いこともある反面、環境汚染や人間の尊厳破壊など、痛ましいことも多く起こっています。良かれと思って前進していることが、実は全体の成長を妨げていることが目立つようになってきました。

正に混沌としてきている現状を、どのようにまとめたら良いのでしょうか?

今の時代は、哲学を必要とする時代です。

2.個人一人ひとりが哲学者になる時代

歴史を振り返ると、神・王様の観点だけで全てを整理していた全体主義・観点1の時代プレートがありました。ところが、ここにNoをして次の時代プレートへと推移します。

個人一人ひとりの主義主張を大事にしようとする個人主義・観点∞の時代プレートです。∞に主義主張が爆発しますが、観点が皆んなバラバラで違うので共通土台がなく摩擦衝突を繰り返し、孤独が蔓延しています。今、この時代プレートに限界が来ています。

今から新しい時代プレートに移行しなくてはなりません。体のコロナ、経済のコロナ、心のコロナが旧い時代プレートを文明ごと破壊していくからです。

次の時代プレートが、観点から自由になって全ての観点を生かす観点0の未来プレート、美学の時代です。この時代プレートは、正に今、創っている最中であり、全体主義・観点1の良さを、個人主義・観点∞の良さを、生かしながら欠点を補って底上げします。

これは個人一人ひとりが哲学者となっている時代で、哲学ある個人たちが連帯し協力団結した共同体を中心とした社会を形成していきます。

共同体主義です。

3.今までの哲学と一線を画した令和哲学

共同体主義を形成する新しい哲学とはどのようなものでしょうか?

それが、令和哲学です。

今までの限界を補って底上げし、今までの良さを全て生かすような哲学ですから、簡単にはイメージしにくかろうと思います。

実際、令和哲学は目で見たら全く分かりません。

令和哲学は、今1で生きるBeautiful Harmonyのことです。だから、目で見たら1が何か分かりませんし、Beautiful Harmonyが成り立ちません。

ですが、目で見ずに令和哲学の通りに生きてみれば、これが未来の時代プレート、共同体主義プレートを築くことがよく分かります。

観点の問題を解消し観点から自由になって全ての観点を生かす美学の時代を築く新しい哲学。数学や物理を悟らせる新しい哲学。個人一人ひとりが哲学者となりえる新しい哲学。3つのパーフェクトストームが世界を騒がせることにも十分な対応力をもつ新しい哲学。

4.令和哲学者Noh Jesu氏

令和哲学は、令和哲学者Noh Jesu氏(以下、Noh先生)によって語られます。

彼は、2019年に共同体主義を創る希望の中心主体となる宣言をしたところ、4月1日に新元号「令和」が発表されたときに、令和に隠された意味合いに気付きとても喜びます。

その時の喜びに触れてみて下さい。

「【令和哲学①】愛のゲームに反転させる!日本、あけましておめでとうございます」
https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/04/01/235736

 Noh Jesu公式ブログより

令和哲学者Noh先生は、独特の解析をされますが、その解析の一つに、

2019年が天が開き、
2020年は地が開き、
2021年は人が開いて、

日本が世界を救済する上での基本的な土台が完成すると仰っています。2019年に点が開くときは天皇家が十分な仕事をして素晴らしい「令和」の幟が立ったので、次は2020年に地が開くときは何が出てくるのか見てみようと楽しみに待っていたところ、新型コロナウイルスが出てきました。

初めは大変驚いたものの、これだけ世界を騒がせてショックを与えているところに大きな意味があることを読み取り、今では令和日本が団結して世界を救済に向かう大決断の時だと見ています。

令和哲学は斬新です。

ぜひNoh先生から直接聞いてみて下さい。

5.令和哲学カフェ

Noh先生を交えて毎日、テーマを決めてオンラインで会話する場を設ける企画があります。

オンラインカフェ。

テーマに沿う限り、色んなことを直接質問できる良い機会でもあります。数学や物理に心を取り入れることを成功したり、哲学の難題も令和哲学から整理されていて、とても勉強になります。

令和日本を美しく思うようになります。

ぜひ、参加されてみて下さい。

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。