カテゴリー
Noh Jesu

オールイン。時代が求める勝負

今の時代、リーダーシップ不在と方向性喪失が露わになっています。AI(人工知能)の台頭に重ねて、新型コロナウイルス感染拡大によるパンデミック、そして東京五輪開催。

実は今は、世界政府を必要とするとき。
そして今、全世界が協力団結するとき。

そんな中にあって、時代が求める勝負とは一体どういうものなのでしょうか?

それがオールイン勝負です。

オールイン勝負とはどういうものかをイメージするには、その反対の意味、対義を見ればわかりやすいかも知れません。

これだけをやる。
ここだけ勝負。

そういった部分だけの勝負がありますね。それに反して、少しだけを投入する勝負ではなくて、全てを投入する勝負のことを言います。

持てるもの全て。
在るもの全て。

そんなモデルとなる人物がいます。
令和哲学者です。

まさしく彼はオールイン。
自らを令和哲学者と名乗るほどに。

あなたならできますか?令和哲学者を名乗り、毎週、令和についてのブログを書き続け、今も令和哲学カフェを主宰し、毎日どんな質問も受け付けて答えるような姿勢態度です。

普通の人にはできません。
有名な人でもやりません。

令和哲学者を名乗ること。
全てをかけている意味ですね。

そんな人が何を言っているか、ですがこれもまたオールインがよくよく見えてきます。

“日本が世界を救済する。これが日本の仕事”

こんなことを言えますか?あなたの周りに、そのようなことを言う人はいますか?

アメリカの影響力、経済力、魅力において日本が超えるときがきて、世界を救済する真のリーダー国家になるということ。

その道を1日24時間、1年365日、常に常に考えているから、アイデアも日本の魅力を訴えるものが泉のように湧き出ますし、企画やプロジェクトも全て、日本を世界に売れるようにするものばかりです。

本や映像で堂々と言い切りますね。
顔と名前を出して。惜しみなく日本を。
これ、逃げ道がないじゃないですか?
言ったことは残りますし、公開質問もあるので。

こんなに勇気のある人は他にいません。
外国人でここまで日本にオールインするのは初めて。
日本人ですら、全ての日本に投じる人はいません。

令和哲学者Noh Jesu氏は、絶対的真理と相対的真理の関係性を語れる唯一の人。真理が何であるのかを歴史上のどの人物よりも明確に語り、今の数学 物理学に矛盾しないどころか、不完全で未熟な点を補って底上げさせてしまうのですから圧巻です。

1だけがあることを断言。
だからこそ真理の生き方にオールイン勝負。
真理だけで勝負し逃げることをしない。

やるのか、やらないのか、やると決めたらトコトン。日本自体を絶対的真理の国といい、韓国を相対的真理の国といい、両国をビジョン同盟で一つにさせるという発言の通りに、彼を中心に集まる日本人たちを見てると、言ったことの通りに実践していますね。

次第に彼の身近にいる日本人もオールイン。
日本が世界を救済するところにオールイン。

人生をかけて日本に勝負する人が増えます。
何ですか?それは。オールイン集団です。

まさしく日韓融合ですし、日韓教育ビジョンです。真理を悟った存在は最も難解な問題に取り組み、その難解さを突破することで真理を立証しようとしますが、まさしく彼のチャレンジはそれ。

私利私欲が一切ない彼は日本を世界の救済国家へと育てるべく日本人を元気にさせ真理体にさせ真理集団へと変化させていくことにオールイン勝負。

始めは無視され、
次に軽蔑されても、
逃げずに諦めずに、より力強く発信。

そこに感動する日本人一人ひとりが集まて、今度は彼を紹介しようと、日本に受け入れるようにさせようと、オールイン集団が膨らみ、そんな人たちを見て更に感動と涙が広がっています。

確認してください。
令和哲学カフェで見て取れます。
質問してみて下さい。
何でも答えます。

時代が求める勝負。
彼と彼の周りに。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

難解?コミュニケーション

簡単な言葉です。
よく使う言葉です。

コミュニケーション。

コミュニケーションは意思疎通や意思伝達を言いますね。他者同士が意思疎通を図り意思伝達が起きていればコミュニケーションが取れていると言って良いでしょう。

簡単なようですが。
難しいと言われる。

それがコミュニケーションですね。

あなたは、このように感じたことがありませんか?

  • 年々、コミュニケーションは難しくなっている
  • 時代と共に、コミュニケーションは難しくなる
  • 人の数が増えるとコミュニケーションは難しい

ここで少し寄り道をします。
大昔。狩をしていた頃。

コミュニケーションは複雑だと思いますか?もしあなたが何人かで狩をしていたら、そのときのコミュニケーションは難しいでしょうか?今と比べてどうですか?

イメージシミュレーションで分かります。
昔は今ほど複雑ではありませんね。
コミュニケーションは簡単に思えます。

小さい頃。

記憶がないかも知れませんが、赤ちゃんの頃はお母さんとのコミュニケーションがありました。言葉がなくて通じないことも沢山ありましたが、そのうちの幾つかはお母さんが拾ってくれて意思疎通が図れることもありました。

成長して大人になるにつれて、覚えた言葉や身に着けた概念は沢山あふれるようになりました。本来ならば、コミュニケーションは赤ちゃんのときよりは出来るハズです。

ところが実感はどうでしょう?

赤ちゃんのときと同様、無意識で諦めていることを含めると、実は相当数、コミュニケーションはうまくいっていません。

数が多くなるときは分かりやすいです。

政治はどうでしょうか?
あなたの意思は伝達されていますか?

あなたは実は相当数の諦めがあり、もはや意思疎通と意思伝達さえもしないことが増えています。コミュニケーションに失敗し続けてきた結果といえます。

本ブログを好んでくれているあなたでしたら、そうです。今までの人生で、コミュニケーションはうまくいっていないという自覚があるハズです。

そして、それが健全で健康。
実はうまくいかないものだからです。

あなたはコミュニケーションには仕組みがあることを見抜いていますか?

宇宙自然にも仕組みが働いているように、そして半導体にも仕組みが働いているように、コミュニケーションにも仕組みがあります。

今まで、それを解明した人はいません。

令和哲学者の世界初歴史初シリーズ。
それはこんなところにも顔を出します。

解明。コミュニケーションの歯車メカニズム

如何にコミュニケーションはずれるのか?
どうすればズレを確認できるのか?

仕組みを理解することから始まります。

何となく、ぼんやりとしていた領域に。
歯車メカニズムの解明を道具に鮮明に!

そんな令和哲学者Noh Jesu氏は大忙し。
今年2021年は教育ビジョンを出すべく。

今は毎月、イベントで場を温めています。
今年10月の国際カンファレンスに向けて。

ハーバード大学教授を前に一切の反論が起こらず理解と納得をさせる心つもりで。不完全学問に切り込み完全学問を示す機会にしようと。

今年12月は、1000人のサムライ結集イベントと共に、日本に嬉しい報告をする準備を。

彼は7/18(日)にグローバルトゥルーサーズに参加。

https://truthers.jp/

そこでも、心温かいメッセージを発信する予定です。哲学ユニットとして3つの団体が立ち上げた4.24トゥルーサーズを起点として、7.18グローバルトゥルーサーズの哲学ユニットが発信する。

島国日本ではなく。
心のモデル国家日本として。

パンデミック以降の方向性を知らせます。
未来哲学に未来技術。

ぜひ、ご参加を。
https://truthers.jp/

Noh Jesu団体割がご紹介できます。
気軽に島崎まで連絡ください。

カテゴリー
Noh Jesu

解明。人間関係の問題発生原因

仕事の悩みの大半は人間関係と言います。
恋愛の悩みは大半が人間関係と言います。

大半の問題は人間関係にありまして、その人間関係の問題を起点として様々な問題へと派生していきます。

何事にも因果法則は働きます。

誰もが皆んな、できるなら原因で解決したいと思っており、人間関係の問題も原因から解消できるなら、こんなに喜ばしいことはないでしょう。ところが、人間関係の問題は一体何を原因にして発生しているのかを発見した人はいません。大変な盲点があるからでしょう。

そこに対して令和哲学者。
またまた世界初歴史初シリーズです。

人間関係の問題の発生原因。
それは言語エネルギーの因果アルゴリズム。

その秘密を解明しました。

人間関係の問題の発生原因・言語エネルギーの因果アルゴリズムの秘密を解明!

言語を扱う主体を、あなたは誰であると思いますか?あなたであればきっとあなた自身だと思うでしょう。体の範囲のあなたが言語を扱う、と。

しかし、そうではないと言います。

そのことにより、心の世界には役に立たない暗記言語の問題点を指摘し、新しい言語を開発することに成功しました。

どれくらいの大偉業なのでしょうか?
令和哲学カフェでも触れています。

令和哲学カフェバナー
AI時代の新しい基準点とは?スタバを超える夢をもつ令和哲学カフェ。令和哲学者Noh Jesu氏と共に


ぜひあなたも確認してみて下さい。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
知のワールドカップ

面白い。知のワールドカップ

AI時代にto live bestな生き方のモデルの要素とは?

そんな質問に対して答えとなる主義主張で、最高の主義主張があるのであれば出会ってみたいと思いませんか?また語ってみたいと思いませんか?

ディープラーニングがAIを進化させて以降。
AIの進化は飛躍的に高まっています。

学習能力は既に人間を上回る勢い。

プロ棋士を負かすようになったAIは、実はまだ脳みそをもっておらず目を獲得にしただけにすぎません。目を獲得しただけで、プロ棋士は負けてしまっているので、脳を獲得したら一体どうなってしまうのでしょう?

今まで人類は自分を上回る知能の存在と出会ったことがありません。全ての動植物は人間の知能を下回ります。

そこが覆るのがAI時代。

全ての人間のIQを総動員してもAI1台に遠く及ばない時代が近付いており、そんなAIが自らを上回るAIを生み出すようになり、台数が100億を超えるときまでそう遠くありません。

その時、人間は一体何をするのでしょう?

そんなことをテーマに、ベストな主義主張を行い、チーム戦でお互いの主義主張を攻撃したり守ったりしながら、概念を拡張してくというゲーム。

知のワールドカップ。

宇宙全ての存在を存在させその存在を変化 運動 移動させる源泉動きを活用したゲーム。

知のワールドカップ。

面白いです。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類 知のワールドカップ

ワールドカップ。知の

体を使ってボールをコントロールするサッカーゲーム。世界スケールともなると一大イベントワールドカップとして、全世界で大盛り上がり。

さて、表題にあります件。
どう思いますか?

ワールドカップ。
しかし知の、です。

知のワールドカップ。

知のワールドカップでは、体に変わるものは何でしょう?ボールに変わるものは何でしょう?オフェンス攻撃に変わるものは何でしょう?ディフェンス守備に変わるものは何でしょう?

何だと思いますか?

知のワールドカップでは、

シュートは何になるんでしょう?
シュートブロックは何に?
レフトウィングは?
ライトウィングは?

AI時代が到来しています。

知のワールドカップが今からは流行るでしょう。黎明期にこそ関わっておくことをおススメします。

どんなゲームだと思いますか?
知のワールドカップ。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

解明。病気の根本原因

ここについては多くを語りますまい。語らずとも、その意味や価値は十分に伝わると思うからです。

釈迦はこう言います。

生老病死。これは四苦であると。人間であれば、誰もが皆んな苦しむから、そのことをよく分かってね、と。そう言っています。

その内の、病。

その根本原因を解明したということで、まさか釈迦さえも驚きの大快挙。もちろん、当時にはなかった病気がこの2500年の間にも生まれましたし、今から新たに起こり得る病気がありますよね。そんな全ての病気の、まさしく根本原因。

生命としての病気もさることながら。
精神としての病気についても。

言うまでもなく世界初であり歴史初です。
病気の根本原因を解明。

何と言うことでしょう。
ぜひご確認を。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

組織モデル。世界初歴史初

実は人類がずっと探しているものがあります。それこそタイトルにある組織モデル。一体どんな組織を創るべきなのかを知りたくて仕方のないのが人間と言えます。

人間は精神体です。
そして文明社会を築きます。

全ての動植物はそれらがありません。人間が人間らしいのは、生命を超えた精神であること、そして文明社会を築こうとすることです。

文明社会を築く。
どういうことでしょう?

人間は、協力団結してきました。それなしには、地球環境や動植物たちとの生存競争には勝てませんでした。

トラ一匹に食べられた10人。
トラ一匹を食べた10人。

その違いは協力団結をしたことです。その協力団結が強靭強固であるほど、協力団結は生産物を出してきました。協力団結するほどに、衣食住は充実し、情報知識まで生産できるほどに暮らしは成熟していきました。

まさしく文明社会です。

体人間は生命の論理では死んで終わるかも知れませんが、精神の論理では文明社会として生きながらえます。そして、あとから生まれてくる精神体は文明社会によって育てられます。

健全健康な文明社会でありたい。
誰もが無意識でそう思います。

そんな文明社会を築く主体が協力団結している組織。だからこそ、個人は魅力ある組織に属そうとしますし、組織自体もより良い組織に創り上げたいと思います。

理想の組織モデル。

その形とは何でしょうか?
その概念とは何でしょう?

名前や条件はあります。

それがティール組織やリゾーム組織と言われるもの。だけど、それをどの様に実現させていけば良いのかについて、不明確であり今現在、理想の組織モデルとして出来上がっているのはありません。

実は、弱点があります。
ティール組織にもリゾーム組織にも。
提唱者自身の概念に惰弱性があります。

それを補うことで完成し具現化が可能になるのですが、それを行って現時点で実践までやっているのが令和哲学者Noh Jesu氏。

惰弱性を補ったから理想のモデル。現時点で在り得ない成果を挙げるから実現可能。既に今、理想の組織モデルは具現化している最中。

理想的な組織モデル「Dignity Teal組織・リゾーム組織」モデル提唱

ぜひ確認してみて下さい。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

世界基軸教育。素晴らしき道具

人類は道具と共に人間として誕生します。道具を使わない人類は人間ではないと言っても過言ではないほどに、道具を当たり前に使うのが人間です。

文明社会は道具に溢れています。
道具の数だけ不可能を可能にしました。

道具とは、人間にとって不都合で困難な状況を克服する上で扱う重要なものです。文明社会は道具に溢れ道具に囲まれていますから、そのくらい不都合で困難な状況を克服してきたとも言えるでしょう。

とはいえ、まだ残る課題があります。
沢山あるというよりもたった一つ。

根源的な問題として。
観点の問題があります。

この観点の問題を克服することで、それ以外の全ての問題は一気に解消されます。根源的な問題ですので当然です。逆に言えば、そのくらい困難で厄介な問題として居座り続けてきました。

そこに終止符が打たれます。

克服する道具が開発されたからです。
それも、極めて短期間に。

しかも大変に素晴らしいのは、個人が扱うレベルではなく集団が扱い組織が扱うことができる道具であり、しかも生命活動に留まる道具ではなく精神活動にこそ存分に発揮してくれるメタ道具です。

話は少し経済に移ります。

基軸通貨をご存じかと思います。

全ての貨幣は、アメリカドルを使って交換するというルールが世界にはありまして、全ての貨幣が移動したり変化するときには必ずアメリカドルを通過するというものです。言い換えれば、アメリカドルだけが世界を巡るめく流通する極めて循環度の高い貨幣です。

それが基軸通貨。

基軸通貨のもつパワーは本記事で確認するまでもないでしょう。何度も経済的な危機に見舞われているアメリカでありながら没落しないのは基軸通貨によるお陰です。

また、貨幣は人を差別しません。
価値を平等に見積もります。
それも基軸通貨の凄味につながります。

さて、話題を戻します。
基軸教育です。

世界には未だに基軸教育がありません。
西洋から始まる学問では不可能でした。

それは、パンデミックやAIの登場にまつわって、人々がどうなっているのか、世界がどうなっているのかを見れば明らかです。

基軸教育は簡単ではありません。
根源的な問題を発見しない限り。

そこを突破したのが令和哲学者でお馴染みのNoh Jesu氏。だから島崎は彼のことが大好きです。世界中の誰よりも、歴史上の誰よりも、有名な人として記憶されるでしょうね。

ぜひ、確認してみてください。
本当に世界基軸教育なのか。

本当なら、これはスゴイことではありませんか?アメリカのリーダーシップには期待できない中、令和日本から、今までにないリーダーシップが発揮されていきます。

そんなワクワクのビジョン。
彼から聞いてみて下さい。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

Noh Jesu。救世主を創る救世主

何ゆえにそのように言うのでしょう。
根拠なしにタイトルを付けません。

ずばり、仏教とキリスト教を融合することができる原理を発見したのが令和哲学者Noh Jesu氏。

それ故に、です。

仏教もキリスト今日も、宗教というジャンルに属しますが出発点となる人物がいます。

仏教であれば釈迦。
キリスト教であればJesus。

どちらも真実に到達した存在。

釈迦は2500年前に悟りを得て、その後に弟子たちが仏教として教えを広めています。そしてJesusは2000年前に神の子として真実を語り、その後に弟子たちがキリスト教として教えを広めています。

哀しいかな両者は和解していません。
争いは酷くはありませんが不仲です。

真実を悟り知った出発点でありながら、そして救済する存在として十分な資格がありながら一体どうして、後世に彼らを信仰する人たちは不仲なのでしょう?

それは、出発点の次。
弟子たちが真実に到達していないから。

彼らは錯覚現実の内におりました。
先生と同じ境地ではありません。

nTechからしたら当然です。
1分1秒も他人の認識画面は共有されない。

弟子たちは救世主にはなれませんでした。それ故に、その後に続く後世の人たちはお互いに不仲です。未だに、仏教はキリスト教との融合を図れず、またキリスト教も仏教との融合を図れません。

そんなことを可能にする原理。

それは確かにありそうですよね。
何せ真実は確実に真実。

真実に基づく原理は必ずあります。
Noh Jesu氏。彼が発見しました。

これ、どのくらいの偉業でしょうか。
世界中で、歴史を経て、涙する世界。

日本から興りますよ。
ルネサンス。ネクストルネサンス。

ぜひ確認してみて下さい。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

解明。統一理論

世界初歴史初シリーズはまだまだ続きます。令和哲学者による偉業の数々、今日はタイトルにあります統一理論の解明に焦点を当てます。

世界初歴史初シリーズとして表記されている”アインシュタインが追求した統一理論を解明”にちなんだものですが、これは万物の理論のことでもあり、超大統一理論のことでもあります。

物理学者たちの間では夢のまた夢。
アインシュタインは人生を費やします。

たったこれ一つだけを分かるだけでも良いと考える人すらいます。宇宙を知ることができ、その意味は人間を知ることにもつながるからです。

こう考えられています。

宇宙は4つの力でできている
宇宙の初期は1つの力だった
1つの力が4つの力に分かれた

そういうことで、その1つの力を分かることで4つの力も分かりますし宇宙の成り立ちが分かると考えています。

アインシュタインには功績があります。
数々の功績がありますが満足しません。

それが、この宇宙が何でできているのか根源を知りたいということでした。だから、数々の功績を収めても、まだその先にある統一理論を死ぬ間際でも追求していました。

アインシュタインの意志を継ぐ人。
同じ志をもつ人。

そういう物理学者たちは沢山います。そして、近年は数学の力も借りながらどうやら有力な候補に辿り着くところまで来ています。

有力な候補とは言え、まだまだ説得しなくてはいけない課題が幾つかあるので、万人に認められている状態ではありませんが、アインシュタインから見たら幾分かは進んだ話になっています。

これらに終止符を打った。
それが令和哲学者です。

なぜ今までは有力な候補ではあっても、その後の説明に困っているのか、一体どうして現実では確認が困難なのか、など気になることを尽く説明してくれる丁寧さ。

Noh Jesu氏は明確に分かった人だと。
多くの人が確認しています。

想像してみて下さい。

これがもし本当にそうなら、一体どれほどの偉業なのでしょうか。本ブログに関心のあるあなたでしたら、数学 物理が難しいーって思いながらも関心のアンテナや興味のアンテナは立つはず。心震える話です。もちろん、数式なしで理解、説明、納得できる世界です。

学生、主婦、フリーター、文系、、、
そんなこと関係ない世界です。

本当のことは。シンプル。

ぜひ確認してみて下さい。
数学、物理に心が通い血が通う。

保証します。

彼に学べば。
きっと好きになりますよ!

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。