カテゴリー
ポストコロナon-line会議

ポストコロナon-line会議。ママナビ

令和2年10月20日。ポストコロナon-line会議といえば夜に開催されることが通例となっていましたが、この日は特別企画のような位置づけもあり、昼間の開催となりました。

妊活の重要性がテーマ。

胎内記憶第一人者の産婦人科医池川明先生。
ママナビゲーターのアインシュタイン知奈美氏。
令和哲学者のNoh Jesu氏。

この三者で、ポストコロナの新しい時代に生きる生き方について話がされた。中心テーマが妊活ということで、出産経験の観点から

女性と母親との違い
妊活時に重要視しておきたいこと

胎内記憶や出産立ち合いの観点から、

生死とは何か?
存在とは何か?

令和哲学の観点から、

母親が誕生する瞬間
アインシュタインの意志と現代必要とする愛の爆弾
博士が愛した数式の意味
天才児を生み出すのが当たり前のママとは?

などなど、多岐にわたり濃度の濃い話題が飛び交います。このような方々が集い、他では聞けない話題が飛び交う場の何と貴重で価値の高いものなんでしょうか?

しばらくはYouTubeで視聴できます。
ぜひ、ご覧になってください。

個人的には、大学の知人が出演しているのでささやかながら応援の気持ちがいつもに増しておりました。私自身が母親であるかのような心持ちで過ごせた貴重な時でした。

今日もみて下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

暗い話題が多い今の時代に

希望を語りたくなる時ですね、確かに。このような方向性喪失、リーダーシップ不在と思えるような世界の混沌ぶりと、日本国内のマスコミを中心とした暗い話題が多い今の時代ですと。ですが、本当に大切なことは希望を語ることなのでしょうか?

今日は、暗い話題が多い今の時代に触れる記事を書き綴ります。

希望そのものは大事です。
暗い話題の時にも、でしょう。

ですが、このような経験はありませんか?希望が薄れ、断たれ、やがては失望や絶望に至る。ともすれば、希望など持たぬ方が良かったのだと無気力に陥る。

希望そのものは大事です。
暗い話題の多い今にも。

ですが、御幣を恐れず大胆に表現しますが、絶望と切り離された希望などありはしませんし、絶望と直面して向き合った結果、絶望そのものと仲良くなるという過程を通過していない希望は、薄っぺらい希望であり、やがては破られるものとなるでしょう。

暗い話題が多い今の時代。
希望を見せる話があるでしょう。

ですが、絶望と切り離された希望ほど危ういものはなく、更に言えばそんな希望こそより深い絶望であり、そのような絶望が希望っぽいものへと形を変えて騙してくること自体が、恐ろしい絶望っぷりと言えるのではないでしょうか?

絶望の最中に合っても、そこと向き合えること。そこで笑えること。そこでも幸せでいれて人徳溢れていること。究極の絶望であっても、です。

そんな生き様こそ、真の希望ではないでしょうか?簡単に話にできる希望ではありませんが、絶望と共にある元気な姿として生きる希望なのだと思います。

お読み下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

本当にどうして?哲学は影響力が小さいの?

文明を発展させている牽引役として直ぐに思い当たるのは科学(技術)であるかと思います。科学技術は最先端技術ほど日進月歩と言われており科学の進歩はかつてない程に早い。

この科学と比べると哲学は。
ふと疑問が沸き起こります。

科学の進化発展は著しく、文明に与える影響も大きいですから、私たち1人ひとりのライフスタイルにも大きな変化をもたらします。職業や産業も科学がもたらしてくれます。日常生活を取り囲む尽くは科学の恩恵を被っているものばかりです。

それに対して。

一体どうして哲学は、科学ほども進化発展が見られず、文明を築いているとも思えず、ライフスタイルにも影響はなく、更には職業産業になっていないのでしょうか?

哲学で食べている人を見ません。
哲学でお金持ちを知りません。

この違いとは一体何でしょうか?

今は本当に哲学が必要な時代。
哲学なき生き方は通用しません。
哲学なくして生きていけません。

AI(人工知能)の飛躍的進化もありシンギュラリティ(技術的特異点)を迎え科学技術の終焉、物質文明の終焉のこの時に、哲学の出番が今まさに来ています。

それなのに文明を築く力のない哲学、職業産業を生み出さない哲学では、来てる出番に対して何も発揮するものがないではありませんか?

令和日本から哲学ブームが始まる。
英雄集団日本を築く上でも。

哲学そのものを整理する時にあります。
この質問にあなたならどう答えますか?

科学技術と比較して一体どうして、哲学はここまで影響力が小さいのでしょうか?その理由とは何でしょうか?

いつもお読みください有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

人間は社会と共に生きる

人間は、1人では生きていけません。ボールペン一つを作ることも1人では不可能ですし、ご飯を食べようとするにしても1人では不可能です。必ず誰かの力を借りないと、あらゆる道具は目の前に現れませんし使うことができません。

1人で生きている、と
そう思う人がいるかも

でも1人ではありませんね。

1人であれば生まれてきた時も、育ってくる過程も、1人で生きてきたことになりますが今の私たちにはそのようなライフスタイルは不可能です。

必ず協力が必要です。
現代はそれが社会です。

両親や家族はもちろんですが、大きな枠組みで捉えると社会や文明は、自分を育んでくれる両親や家族のようなものと言えませんか?

私たちは社会に育まれていますし、社会を構成している構成員メンバーでもあります。より良い人生にしたいと思うのであれば、実はより良い社会を築くのが遠いようで近道です。

そうは思い難いかも知れません。

ですが、直球ならばそうです。
近道は社会をよくする道です。

人間は1人では生きていけません。社会と共に生きていくのが人間です。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

AI(人工知能)時代に人間は

要らなくなるのでしょうか?
なくてはならないでしょうか?

AI(人工知能)が何を指すのかによって意見は様々に飛び交っているかと思います。また、人間の価値観も様々なので、人によって見解も割れていることでしょう。

本日のテーマは、「AI(人工知能)時代に人間は」です。

1.ブームとしてのAI

近年、AIが一つのブームとして世界中を賑わせておりましたが、実はAIブームはそれまでにも2回起きているとのことですね。

以下をご参照下さい。


出典:「平成28年度版 情報通信白書のポイント」 総務省より
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc142120.html

2020年5月21日に利用

他のサイトでも見付けることができます。興味ある方は調べてられてみて下さい。

現在に続くブームは、実は3回目とのことです。その牽引役となったのが、ディープラーニングという技術です。

2.AIブームのキッカケ。ディープラーニング(深層学習)

2020年5月時点でも、AIブームは未だ続いており、今この時もAIは日々、毎瞬、知能を向上させています。ディープラーニング(深層学習)が大きなキッカケを作りました。

ディープラーニングを知らない方が多くても、世界トップクラスの囲碁棋士や将棋棋士が次々と対局に負けていくニュースはご存じかと思います。囲碁では、Google DeepMind社によるAlphaGoとAlphaGo Zeroが注目を受けましたね。

今では最早、トップクラスのプロ棋士であっても、AIによる評価を参考にするのが当たり前となり、新たな囲碁・将棋の習慣と文化が生まれようとしています。

3.日々、毎瞬、進化するAI

AIは、今この瞬間も凄まじい速さで学習しています。進化の速度がとても早くて人間の学習とつい、比較してしまいたくなります。

ある人物は、2045年には、全ての人間の知能を足し合わせても、AIに敵わなくなる日が来ると予測しており、更にそのAIは自らを上回るAIを生み出すことに成功しているという話です。

その日をシンギュラリティ(技術的特異点)と名付けており、技術的に特異点を迎えた時から、人間が技術的な発見や発明をすることはなくなると言っています。人間が発見し開発するよりも先に、AIが発見し開発しているからです。

1950年代に未熟であったAIも、2010年代には飛躍的に進化成長した様に、2010年代に未熟であるAIはそれとは比較にならない程の進化成長を見せながら、2030年、2040年を迎えていきそうです。

4.人間は、何をするのか?

人間ができる作業を、AIは一つひとつ学習していきます。最早、目で識別する作業だけなら、人間以上の精度まで来ています。五感覚で言えば、耳・鼻・舌・皮膚を学習するまで、そう遠くはなく、脳機能や知能そのものを学習する日も遠くありません。

そうなった時。
人間の次の一手は?

5.人間とは何か?

人間にしかできない仕事とは何でしょうか?問いかけや、答えなど世の中で言われ出していますね。

ですが、人間とは何か?
仕事とは何か?

などの問いかけが多く放たれているにも関わらず、その答えに触れている人はまだまだ居ないようです。

ですが、触れないままで良いでしょうか?

人間とは何か?
仕事とは何か?

あなたはどう思いますか?

一人ひとりが、その問いを投げかけ、そして答えられるようになる時代です。新しい哲学が必要な時。

読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

正多面体。プラトンの立体

算数や数学では、図形や計算などで顔を出す正多面体(プラトンの立体)ですが、色んなところに顔を出すことまではあまり知られていないようです。そして実は、不動の人生を歩むには必要不可欠な理解だとまでは、あなたも知らなかったのではないですか?

本日のテーマは、「正多面体。プラトンの立体」です。

1.昔を懐かしく思い出す

算数や数学を導入します。
昔を懐かしく思い出しませんか?

本当に毛嫌いをしてしまい、身の毛がよだつ方、そして吐き気と下痢をもよおす方は、1.を読み飛ばして2.へお進みください。本記事の目的としては読み飛ばしても全く問題ありません。

ここでは昔を懐かしく思い出すことを目的としています。準備は宜しいでしょうか?

1.1.正多面体(プラトンの立体)

正多面体とは、多面体の中でもある条件を満たしたものを言います。

1.1.1.多面体

多面体。

それは、複数の面に囲まれてできた立体のことでした。複数の面は、お互いに違っていても同じでも構いません。

「多面体」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2019年12月2日 (月) 12:36 UTC
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E9%9D%A2%E4%BD%93

1.1.2.正多面体

多面体は、複数の面の形がそれぞれ違っても良いのですが、正多面体は「全て同じ面で行きましょう」との条件があるものです。

正多面体を回してみると、目に映る面は、全部同じ面で見えます。

1.1.3.プラトン

人物ですね。
今は昔、大昔の人物です。

昔のことですから、数学だけではなくて他の分野、例えば、哲学や天文学などにも携わっていました。

プラトンには有名な師匠がおりまして、ソクラテスと言います。聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

正多面体といえば、プラトンが登場することが多いです。名前「プラトンの立体」とプラトンの名が入っています。

1.2.球に内接する正多面体

正多面体の大きな特徴です。
球に内接する正多面体は幾つか?

実は、5つのみと定まっています。

正 四面体。
正 六面体。
正 八面体。
正十二面体。
正二十面体。

この5つ以外は球に内接する正多面体はありません。

1.3.相関関係が高い

この5つの正多面体は、お互いがお互いに相関関係が極めて高いです。あるルールで書き直してみると、ルールによって別の正多面体になります。

例えば、一例ですが、

正 六面体 → 正 八面体
正十二面体 → 正二十面体

というのがあり、この他にも沢山挙げられます。御幣を恐れず大胆に言えば、球面に内接する上でお互いがお互いに成り代わりやすい間柄です。

1.4.興味を覚えた方へ

詳しくは、こちらをご覧ください。

「正多面体」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2020年4月17日 (金) 04:01 UTC
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%A4%9A%E9%9D%A2%E4%BD%93

2.色んなところに顔を出す正多面体

立体・平面を問わなければ、様々なところに顔を出しているのが正多面体です。

2.1.玩具

ルービックキューブやパズルなどがあります。知恵を養い柔軟性を身に着ける良き遊び道具ですね。

2.2.美術作品

絵のモチーフとされたり、ステンドグラスなど伝統工芸品があります。平面であっても、遠近法を使って表現されていたり、光を当てた時の影を描くような射影として表現されていたりします。

2.3.文化遺産、建築物

ピラミッドなど文化遺産や建築物にも表れています。

2.4.結晶構造

化学などで習いましたが、物質は結晶の構造をしているものがあり、その結晶構造に現れています。

2.5.その他

立体・平面をとわなければ、様々なところに顔を出しています。探してみて下さい。

3.普遍性

色んなところに顔を出す正多面体。

そこには何らかの普遍性がありそうですよね。人生、生きていると様々なことがありますが、その様々なことの中にも正多面体が顔をだしています。

簡単に目で見ることはできませんが、前章2.で取り上げましたように、よく見ると色んなところに顔を出しているのです。

nTechを学ぶと本当によく見えてくるので興味ある方は是非、nTechを学んでみて下さい。

4.不動の人生を歩む

nTechの理解の上での話です。
実は、不動の人生を歩むとき。

この正多面体に対する理解がとても重要です。生きていると人生、色んなことがありますね。

本記事を書いている2020年5月15日時点も、色んなことがあります。コロナウイルスの猛威も酷いですし、経済的な打撃は深刻ですし、心が不安や恐怖に満ちており、かたや根拠のない楽観的思考にも溢れています。

気分は上がる日もあるでしょうし、
気分が下がる日もあるでしょう。

目標を決めたとしても、
その通りの結果にはならず、
目標修正をするものの、
やがて目標も立てなくなったり。

これと決めた仕事だけど長く続かなかったり、この人と決めたのに簡単に破局や離婚が起こります。

そんな中、不動の人生を歩みたい想いは、実は心の奥深いところで毎日毎日、常に常に、蓄積していますね。

実は人間だったら誰もが皆んな。
不動の人生を歩みたいと思っています。

ですが、叶わない初期設定がされています。初期設定を解除して再設定してこそ、ようやく真の人生が始まります。

そこに役に立つのが正多面体の理解。
nTechは大いに貢献します。

良き道具ですので是非学ばれてみて下さい。

お読み下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

ライフスタイルの変化

時代によってライフスタイルは変化します。時代が変わっても変化しないライフスタイルも確かに存在はしますが、メジャーではありません。歴史が流れるに連れて自然淘汰されるものです。

本日のテーマは「ライフスタイルの変化」です。

1.人間は環境と共に

人間は、環境からの変化を受けます。

環境には様々な環境がありますが、本日の記事に相性の良い環境が時代背景という時代の環境です。

人間は環境から影響を受けます。
人間は環境と共に生きています。

2.大きく見て時代は3つ

歴史の流れを大きく見るとき、時代のプレートは3つで整理することができます。

最初は神・王様を中心として全てを整理していた全体主義の時代プレートです。

この時は神・王様の観点だけで全てを整理しており、ライフスタイルはその観点の影響を大きく受けます。

次に個人一人ひとりの主義主張を大事にしようとする個人主義の時代プレートです。

主義主張が∞爆発します。

そして未来の時代プレート。これは全体主義の限界と個人主義の限界を超えた新しい時代プレートで、令和日本を中心として起こります。

3.全体主義と個人主義

全体主義のときは、個人一人ひとりには結婚の自由も引っ越しの自由もありませんでした。全て、神・王様の許しがあって可能でした。

個人主義のときは、個人一人ひとりには基本的に結婚や引っ越しの自由がありますから、私たちから見たら全体主義の時代のライフスタイルは想像もつきません。

食事も大きな違いがあります。

調理する際に使う道具も違いますし、料理や食材も随分と違ったものになります。

4.日本はステージ3へ

今、日本は令和日本です。

令和日本は、今までの日本と大きく違います。昨日のBlog記事にも書きましたが今までの日本がステージ1とステージ2でしたら、令和日本はステージ3へと向かいます。

人間は環境の影響を受けます。
時代でライフスタイルは変わります。

ステージ3へ変化する日本。
ライフスタイルが変わるときです。

読んで下さってありがとうございました。