D2IC 1日目

五大危機を解決するイノベーションを披露する場。2022年は北海道のニセコにて開催。感動が溢れんばかりの3日間

Dignity2.0国際カンファレンス1日目。教育の観点から五大危機の問題を解決する革新価値 イノベーションを披露する場。SV言語が根本原因であったことを明らかにして1-5-1デジタル言語の可能性を訴える

概念”ダイバーシティ”の拡張

単語"ダイバーシティ"は聞こえが良いが疲れる。現代は違和感を感じる人も多いのでは?ポストコロナon-line会議にて全く新しい概念として生まれ変わる

聞こえは良いが疲れを蓄積する単語”ダイバーシティ”。ポストコロナon-line会議にて、概念の拡張が起きたダイバーシティ。令和哲学者が語ると、ひと味もふた味も違う。GI創建、そして英雄集団日本

Noh Jesu氏の慧眼

Noh Jesu氏の慧眼。明確な診断と共に令和日本が世界を救済する道を説いていた

グローバルリーダーシップは令和日本にあった。令和哲学者が語る明確な診断と処方。緊急事態宣言以降、未だにパッとしないリーダーシップの中で際立つグローバルリーダーシップ。Noh Jesu氏の慧眼。

令和哲学カフェの醍醐味

令和哲学カフェの紹介画像

令和哲学カフェが始まり1年が経つ頃。スタバを超える令和哲学カフェである事を天地がひっくり返るルネサンスを引き合いにして確認し、ポストコロナに最高の価値、最高の教育現場であるWHTをおススメする記事

ポストコロナ。分け方を問う

nTech令和哲学は問う。本当の分け方は、ウイルスと細胞で分けるべきではないのか? enriquelopezgarreによるPixabayからの画像

nTech令和哲学はウイルスと細胞の分け方をする。細胞が何かを分かりウイルスが何かを分かるから。人間のライフスタイルは劇的に向上する

最も哲学を必要とする令和日本

物質文明の終焉と共に精神文明が胎動する時に令和の幟が立つ令和日本。時代の哲学を最も必要としている。フォトエイドリアンUnsplash

nTech令和哲学を最も必要とする令和日本。心の時代を切り開き令和日本が立つ事で精神文明を胎動する役割をもつ

緊急事態宣言を前にして

体と経済と心を同時に襲うのがコロナだと捉えられるか?脳のウイルスに心がやられ続けてきた歴史とその理由を明確に理解してしまうこと。 Markus WinklerによるPixabayからの画像

理解の特異点を抑えているnTech令和哲学からすると緊急事態宣言を前にして何よりも重要なことは心が脳に負け続けてきた理由を明確に理解すること。

今の時代、令和日本で、モデルらしい個人のモデルとは?

今の時代、令和日本において。モデルらしい個人のモデルとは何かについて書き綴る記事

nTech令和哲学が多用するプレート理論の観点から、今の時代、令和日本で、個人のモデルとは何かを書き綴る記事

観光産業が破壊された日本の次の一手は

世界から見たら日本経済の底力は神秘神聖で奇跡。だが製造業に続き観光産業が破壊。次の一手を考えるとき

nTech令和哲学は令和日本の心臓になる決断がある。その観点から見るとき、製造業、観光産業が破壊された次の一手は認識産業、認識経済に尽きる。