カテゴリー
知のワールドカップ

面白い。知のワールドカップ

AI時代にto live bestな生き方のモデルの要素とは?

そんな質問に対して答えとなる主義主張で、最高の主義主張があるのであれば出会ってみたいと思いませんか?また語ってみたいと思いませんか?

ディープラーニングがAIを進化させて以降。
AIの進化は飛躍的に高まっています。

学習能力は既に人間を上回る勢い。

プロ棋士を負かすようになったAIは、実はまだ脳みそをもっておらず目を獲得にしただけにすぎません。目を獲得しただけで、プロ棋士は負けてしまっているので、脳を獲得したら一体どうなってしまうのでしょう?

今まで人類は自分を上回る知能の存在と出会ったことがありません。全ての動植物は人間の知能を下回ります。

そこが覆るのがAI時代。

全ての人間のIQを総動員してもAI1台に遠く及ばない時代が近付いており、そんなAIが自らを上回るAIを生み出すようになり、台数が100億を超えるときまでそう遠くありません。

その時、人間は一体何をするのでしょう?

そんなことをテーマに、ベストな主義主張を行い、チーム戦でお互いの主義主張を攻撃したり守ったりしながら、概念を拡張してくというゲーム。

知のワールドカップ。

宇宙全ての存在を存在させその存在を変化 運動 移動させる源泉動きを活用したゲーム。

知のワールドカップ。

面白いです。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

目で見たことは正しい?

大人になるにつれて漠然と感じだすことの一つにコミュニケーションの難しさがありませんか?社会人となって仕事場で感じることも増えてくるでしょうし、家族をもち家族親族の付き合いや地域との交流などでも感じてくるでしょう。

至るところで感じるかと思います。
コミュニケーションの難しさ。

本日の記事は、引いたところからコミュニケーションの難しさについて書き綴ります。

よく言われることですが、コミュニケーションの難しさは価値観の違いが表に現れています。価値観は人の数だけ違うでしょうし、同じ人であっても時期や状況が変われば変わるものでもあります。

何より見えないことが大きいです。
見えないものは変化させられない。

では、見えないからといって大したことではないかというと、価値観はライフスタイルに大きな変化を与えるものなので無視できるものではありません。

人生をゲームのように楽しみたい。
だけど見えないことで楽しめない。

では、どうすれば良いでしょうか?
何を、理解することで突破できるでしょうか?

それは、この現実は真実ではないという気付きを得ることです。更に踏み入って言うならば、令和哲学でいうところの「今ここ 目で見ちゃダメ!」というやつです。

今ここを目で見たら錯覚現実しか見ることが出来ません。真実は目で見ることが出来ないんですね。真実ではないにも関わらず、錯覚現実を真実だと固定して思い込んで見るものだから、いつか条件が変わり、真実だと思い込んでいたことがバレる時が来ます。

錯覚現実だったと知ることになります。

それは悪いことではなく、それこそ正にゲームの有り様として捉えられたら、随分と価値観についても、コミュニケーションに対しても違う捉え方ができます。

条件が変わることで変化する錯覚現実。
映像を紹介しますからご堪能ください。

【衝撃】驚くほど目の錯覚を引き起こす画像集【錯視、トリックアート】

その上で実感下さいませ。
目で見たことは正しい?

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
その他

法則。動画に見る

ビリヤードをやったことはありますか?映像で見てると簡単そうに思えるものでも実際に自分がやってみるとなると、見てるようには上手くいかないという現象は沢山遭遇するかと思います。

今日は、一つ映像を紹介します。
ビリヤードです。

ビリヤードは白玉をついて、他の色の玉に当てながらポケット(穴)に落とすことで点数を収めるゲームですね。

紹介する映像では、ある条件を満たしながら全ての色玉をポケットに落とすというチャレンジ企画。ある条件とは、

  • 白玉を狙ったボール以外の色玉ボールには当てない
  • 白玉も色玉もクッション(壁)には当てない
  • 色玉配置の初期設定は二重の円

です。果たして、全ての色玉を条件を守りながら見事に落として見せてくれるのでした。

本映像を見てあなたは、どのように思いましたか?ここでは本映像を活用して共有したいことがありますので、その観点から話を続けますね。

法則の存在です。
力学といっても良いです。

如何でしょうか?きっと他の方法でも同じ結果へと到達することは可能だと思いませんか?

そして、恐らくそうでしょう。

ただ、映像を見ているとこうも思いませんか?この映像で起きている現象は、この映像の通りの結論一択しかない、と。

少しでも打つ時の角度が違えば、その違った力学の下での映像になるかと思いますし、それは本映像とは全く違うプロセスを辿って目的の達成、すなわち全ての色玉をポケットに落とすことになるでしょう。

ですが、本映像を全く同じように再現しようと思ったら、その時のキューを構える角度と打つ時の手加減力加減などは全て、全く同じように再現しないと、映像と全く同じ映像にはならないのではないでしょうか?

映像はそんなことを想わせてくれます。

目的に到達するプロセスや可能性は沢山あったとしても、選択された目的までの道のりと同じ道のりを再現しようとする時には、全く同じ一択でのみ実現できる。そこには、これだという法則が在るからです。法則に則るならば、その一択でのみ再現することができます。

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

正解は無い?ルービックキューブ

玩具「ルービックキューブ」を知っているかと思います。やったことはないまでも、見たことであれば、誰もが皆んな、経験があるのではないでしょうか?全面の色が同時に、一発で、揃う完全体へと行く道のり。

本日のテーマは、「正解は無い?ルービックキューブ」です。

誰もが皆んな、一度や二度は見たことがある玩具「ルービックキューブ」。一面の色を揃えるだけでも大変だというのに、六面の色を同時に、一発で、揃うような完全体へと向かう道のりは果てしなく遠いように思えます。

本当に正解はあるのか?
そもそも完全体なのか?

中には、シールを剥がして再度、貼り直すことで確認した方もいらっしゃるかと思います。

正解は無いのでしょうか?

はい。

ご存じの通り。
正解はあります。

玩具ではありますが、とても深い意味を見出すこともできそうですね。