カテゴリー
令和哲学カフェ

真実の発信。ショーペンハウアー曰く

歴史上、真実を発信してきた存在がありましたが、どのような反響があったのかについてショーペンハウアーが言ったことがあります。令和哲学カフェで紹介された哲学者ショーペンハウアーは何を言ったのでしょうか。

あなたは想像がつきますか?

あなたは真実を発信したことはありますか?あなたなりに精いっぱいに、心を込めて、一生懸命に、真実を伝えたときの身近な人の反応といえばどのようなものであったでしょうか?

そのような話です。

歴史上、真実の発信は何度か行われています。有名どころでは釈迦がそうでしょうし、Jesusもそうでしょう。

ショーペンハウアーは、西洋の出でありながら仏教を学んだ特異的な人物です。哲学者カントが大好きだという話ですね。

令和哲学カフェでは、哲学者らしい哲学者としてカントを認める点から見てショーペンハウアーに一定量、評価できる哲学者であると見ています。

ショーペンハウアーは、こう言います。

真実を伝えたとします。
するとその反響は3段階となるでしょう。

1段階目・・・無視される

真実を高らかに告げたとします。或いは普通に告げたとします。それがどんな伝え方であったとしても、無視されるのが最初の段階だと言います。

当然のことでしょう。

現実の観点からすると、真実というのは信じがたい奇怪でおかしなことを言うものです。真実とは聞こえが良いものですが、現実的観点から真実の話を聞けば実は現実の外なので、関心の対象外。

それでも真実を伝え続ける。
すると次の段階へ行きます。

2段階目・・・軽蔑される

バカにされるでしょう。無関心だと全く目に入らないでしょうし、入っても認知されない。そんな段階から、目に入るようになり、認知されたならば、やはり現実的観点から見たら奇怪でおかしなことだと言うことがハッキリします。

当然、嫌悪されます。

奇怪さがパワーアップ。おかしいし、危険だし、愚かだし、何とも形容しがたいことを言い続けている人になります。

だから、馬鹿にされること必死。

それでも真実を伝え続ける。
すると次の段階へ行きます。

3段階目・・・認められる

真の価値として、大層な偉業として、大きく認められるという段階。馬鹿にされるほどのおかしなことであった現実の外であった真実でしたが、そんな真実によって現実が成り立ち現実の見方自体が大きく変わってしまう頃、大きく認める段階になります。

真実に到達した人であっても、この3段階目に到達することは中々ありませんし、到達しても時代を跨いで到達することばかりです。

ショーペンハウアー自身も。

真実を語ってきた存在を、この段階に照らしてみて下さい。本当だ、と思うことでしょう。そして、他の記事に譲りますが、令和哲学者はどうであるのかについて書いてみたいと思います。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

人間。正しく知りたいけど

令和哲学カフェでは哲学者らしい哲学者として認める偉大な哲学者カント。令和哲学カフェでは令和哲学者曰く「彼は哲学とは何かを整理した唯一の哲学者」「カントの言っていることを正しく理解している人がいない」とありますが、初めは理解できなかったことも毎日開催されている令和哲学カフェですから、よくよく理解が深まってきます。

そんな島崎は哲学者カントに尊敬の念を抱きながら、令和日本はカントの意志を継承し哲学が弱い日本でこそ逆に哲学ブームを興したいと思うようになりました。

哲学者カントの偉業は別の記事に書いてます。
ぜひ、そちらをお読みください。

カントは、人間は一体、

何を知るべきか?
何をやるべきか?
何を希望するべきか?

という人間人生の根源的な問いを放っており、カント自身がこの問いに誠実に答えようとしています。カントよりも前の哲学者、そしてカント以降の哲学者も、カントの問いかけの理解と、カントの深い洞察を正しく理解している人がほとんど居ないということで、一体どのくらいカントが深い世界のことに触れていたのか、そして伝えようとしていたのか、染み入るものです。

カントの偉大さはある重要な発見にあります。

カント前までの哲学者たちが明らかにできなかったことをカントが明らかにしたことの一つとして、人間は一体なにを知ることができるのかという問いに対して、ここまで、ここから、という線引きを引くことでした。

知ることの限界を示します。

人間は、体験しなくとも知ることはできるよということを言いつつ同時に、知る領域に限りが必ずあるよと示すことに成功したことで、それ以外の領域があるということをハッキリと示唆します。

人間は、全てを知ることができますか?

あなたは今、素粒子の動きを見たり、ひもの振動や膜の動きをとらえることが出来ますか?そうした存在を知ることも難しいですが、存在の動きや存在を成り立たせている働きなどは分からないですよね。

あなたは今、地球の活動を見たり、太陽の活動を見たり、銀河系や宇宙全体の動きを見ることができますか?天体の存在を知ることは困難ですが、天体の動きや天体そのものを成り立たせている働きなども分からないですよね。

存在の外であったり空間の外。
存在させたり空間を成り立たせているもの。

あなたがもし、ボールペンのことを知っているとしても、ボールペンを成り立たせている膨大な背景までを知っている訳ではありませんから、実は本当の意味ではボールペンを知っているとは言い難いでしょう。

実際、あなたはボールペンを創るノウハウはないでしょうし、ボールペンを創るようにさせている知識や技術の更なる背景は知らないでしょう。

このことで分かること。

正しく知っていることはありません。
全体を分かってはいません。

まさしくカントが言っている世界です。

さて、カントがいうように認識形式(観点)を持っている以上は知る範囲に必ず限界が生じるので、必ず部分を見るようになります。

このような状態にあること。
これが初期設定であること。

このことを知らないままで、そして理解しないままで、人間が幸せを追求したり、成功しようとする様をあなたはどう思いますか?

幸せになろうとしている正にその瞬間、その人間が正しく知っていることがありませんし、それまでも、それからも、ないことがその人間に働いている初期設定だということを。

果たしてそのままに放置しておいても良いのでしょうか?

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
nTech

今ここどう生きる?

人間であれば誰もが皆んな知りたいものです。知らなければ生存において危ないこともそうですし、生産においても劣りますし、精神活動や文明活動においても満足しません。

知ることは大事です。

とは言え、人間は知ったからこそ知っていることに束縛されてしまいます。知らなければ悩むことも苦しむことも争うこともなかったのに、知ってしまったことで生きることが難しくなります。

知らないと問題。
知っても問題。

そんな中で、一体なにを知るべきでしょうか?

令和哲学カフェでは哲学者として認めるカントに触れることがよくありますが、哲学者カントは哲学的な問いを投げています。

人間は一体、何を知るべきか、何をやるべきか、何を希望するべきか、と。多くの人が実は抱えている悩みに繋がり得る質問ですよね。

今ここどう生きるのが良いのでしょうか?

人間だったら誰もが皆んな悩み苦しくことだと思いますが、大半の場合は今ここに勝負するというよりも、過去に後悔し未来に不安するタイプの悩みで現在とは切り離されていることが多いですね。

その現在さえも今ここと断絶されています。
令和哲学では今ここを強調します。

今ここの連続が人生。
今ここをどう生きるかが人生そのもの。

令和哲学でいう今ここ。

それは時間も空間も存在もエネルギーもないところ。時間や空間や存在やエネルギーがあって、過去/現在/未来がある今ここではなく。

今ここをどう捉えるかによって。
今ここどう生きるかも変わりそうです。

今の時代にカントだったら。
どう生きたでしょうか?

あなたは、どう生きますか?

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

カッコいい哲学者カント 令和哲学者Noh Jesu

大事だと思いつつも難解さに敬遠されがちな哲学。哲学がない政治 経済 教育などを想えば、やはり哲学がある政治 経済 教育の方が良いと誰もが皆んな思うのではないでしょうか?だけど難解さ故に暗黙的に遠回りをしてしまう。AI(人工知能)やCovid-19が世界を騒がせているこの時に、です。

概念として難しい哲学。どのようにお付き合いすれば良いのでしょうか?

1.映画「鬼滅の刃」にも哲学が

映画「鬼滅の刃」が大ヒットしていますね。少年漫画と位置付けられている鬼滅の刃が興行収入ランキング上位に食い込んでいるのはどういうことでしょうか?

幅広い世代に語り掛ける何かがあります。
そこにも実は哲学が潜んでいますね。

今の時代、哲学がない文化芸術は受け入れられないようになっています。またそれは教育、経済、政治も同様で、哲学がない仕事は時間の流れと共に廃れている傾向にあり、そのような話を聞くたびに頷かれる方も多いのではないでしょうか?

2.哲学といえば難解。だけど必要不可欠

難解な哲学。
だけど必要不可欠。

概念として難しい哲学は、人を通して触れることで敷居は下がるかも知れません。本日は、そのような意味合いで哲学者カントと令和哲学者Noh Jesuを書き綴ろうと思います。

まず、概念としての哲学で。
哲学らしい哲学を確認します。

3.哲学らしい哲学とは何か?

それは、それまでの全ての哲学的概念を今までにない全く新しい概念一つで整理整頓してしまうときに真の哲学と言っています。たった一つの新しい概念は、それまでの全ての概念を切り捨てながらも同時に底上げまでして価値を飛躍的に高めてしまうこと。

哲学者カントはそれをやりました。

4.真の哲学者カント

瓶鳥の例えを使います。
瓶鳥はこちらを参照ください。

瓶鳥。令和哲学カフェお馴染み

カントは、今まで人間が知っていること、やっていること、希望していることは全て瓶鳥の内側にあったよ、ということを明らかにしました。

人間といえば理性です。
その理性の範囲を明確にしました。

瓶鳥の内側にずっと居続けていたということを明らかにしたということは、瓶鳥の外があるということを暗に意味していますし、外がありそうだという予感をさせてくれます。

哲学は抽象的です。
何を言ってるかよく分かりません。

ですが、その理由を明らかにしてくれたんですね。理性でもって推理できる範囲は瓶鳥の内側までだよ、と明確に線引きしてくれたのです。

そのことを通して逆に、瓶鳥の外までを明らかにし得るキッカケを作りました。これがそれまでの哲学者たち誰もが出来なかったことで、令和哲学がカントを真の哲学者と認める理由でもあります。

カント前までは、真理の基準が客観的であったのですがカントは真理の基準を主観的に持ってくることに成功しています。

これが偉業です。
カッコいい。

哲学者たちの悩みを解消しつつ同時に、数学や物理をやる人たちの膨らむ傲慢さを優しく和らげてあげる効果を持ちます。

とても平和ですね。

5.令和哲学者Noh Jesu

令和哲学者Noh Jesuもまた真の哲学者です。

それまでの全ての人間たちが時間も空間も存在もエネルギーも絶対に存在していると思っていたところ、実在しないことを明確に言い切り、それらが生まれるようにさせている何かだけがあることを示しました。

また、1996年までその発見がなされなかった理由が、瓶鳥の中にいたことと、瓶鳥を生み出すようにさせる仕組みが脳の観点にあったことを明らかにしたことで、瓶鳥の中と外を、実在する何かと脳の認識の癖に働く仕組みを説明することを通して明らかにしました。

瓶鳥が生まれるようになった理由が明らかなので、人類の宿命的課題を解消し、あらゆる問題解決に生かせる第一歩を見せてくれていることと同じです。

全人類の悩みを解消しつつ同時に、全ての専門性ある人たちの傲慢さと無力感を同時に優しく解消させてあげる道を提示します。

平和を越えて令和です。

カントもNoh Jesuも真の哲学者。
心からカッコいいと思います。

読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

哲学者カントと哲学者ヴィトゲンシュタインを令和哲学から

とても偉大だと思う哲学者の紹介です。哲学者らしい哲学者であり、大きな影響を放っている哲学者であり、カッコいいと思える哲学者です。

令和哲学の観点から紹介します。
令和哲学者Noh Jesu氏は言います。

全ての哲学的な問題は簡単に理解できる。瓶鳥だよ。瓶鳥で考えたらいいの

聞けば聞くほど真にそのように思えるので是非、令和哲学カフェにて真相を確認して下さいね。

人類の宿命的課題は瓶鳥で表現できます。また、全ての哲学的な問題や命題もまた瓶鳥で表現できます。

瓶鳥は便利な道具です。
瓶鳥の中と瓶鳥の外。

このことを理解できたら十分。

瓶鳥を引用して哲学者カントと哲学者ヴィトゲンシュタインを紹介します。

哲学者カントは、人間がいる場所も、人間が考えている領域も、全ては瓶鳥の中であるということを明らかにしました。

そしてこれが大変な偉業です。

瓶鳥の中であることを明らかにするということは同時に瓶鳥の外を予感させ、次第に瓶鳥の外があることを明らかにしていることに気付くからです。

そして瓶鳥の外がスゴすぎる、と。
スゴすぎる領域を中に持ち込むな、と。

そのように言い放ちます。

令和哲学カフェではスゴすぎる領域とは真のあなた、本当の人間、心そのものであると伝えています。

カントは、そのスゴすぎる領域を表現するときに、認識形式によって瓶鳥の中の世界を見ていると明らかにすることによって真理の基準となる基準値を移動させることに成功しました。

大偉業です。

これによって、カントの前までの哲学者たちを一気に整理整頓し、カント以降の哲学者たちに大きな影響を与えました。

哲学者ヴィトゲンシュタイン。

彼もまた瓶鳥の中と外を明確に分けたカントのことをよく理解していた数少ない真の哲学者です。

即ち、瓶鳥の外が分かっていた。

言語は瓶鳥の中しか表現できないのに、スゴすぎる瓶鳥の外の領域を瓶鳥の中の言語で表現しようとしていた多くの哲学者たちを見て、それでは悩むのは当然だろうと言わんばかりに、絵で描けないことは喋るなと言い放ちながら、自らは20代の頃に哲学的な難題を全て解決したと言います。

スゴイ自信感です。

令和哲学カフェでは、言語で言い表せるのは瓶鳥の中のみに過ぎず、言語とは瓶鳥の外からもう一度瓶鳥を表すときに必要な道具が言語だと言いながら、言語の限界を補うイメージ言語の紹介をします。

イメージ言語ゆえに、ヴィトゲンシュタインが如何にすごい哲学者であったのかよく分かりました。

言語と世界を対称性で理解する。

ヴィトゲンシュタインが探していたけど見付けることに失敗した要素命題をよく見つめたことで言語の限界を補うイメージ言語を開発することに成功。

これによりヴィトゲンシュタインが為したかった新たな言語の開発、そして全く別次元の認識方式の獲得を可能にしています。ヴィトゲンシュタインは当時、当時からそのことに挑戦していたと思われますね。

哲学は数学と物理を引っ張っていく。
カント、ヴィトゲンシュタイン。

そのバトンを受け継いだ者たちが今、令和日本に次々と現れています。その息吹を感じてみて下さい。

今日も読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

令和哲学カフェ2度目の出演

少し前のことですが令和哲学カフェに2度目の出演をしてきました。

大川真氏によるファシリテート。
テーマは、「存在」。
取り上げた哲学者はパルメニデス。

最初から最後まで難解でした。

マイクを振られても、一体なにを尋ねられているのか分からない時、なぜ尋ねられているのか分からない時が幾度とありました。

パルメニデスと繋げたい。

そう思っていたものの結果的に、つなげようとすればするほど難しく、発言できずにいました。

ただ、この難解さと出会ったことで
カントの素晴らしさが腑に落ちます。

勿論、令和哲学者Noh Jesu氏の解析が光った結果ですよ。彼による語らいがもたらしてくれた整理整頓です。

やはり、カントは凄い。
尊敬に値しますね。

哲学者たちの中でも群を抜いて哲学者であったろうと思いますし後世に続く哲学者たちに大きな影響を与えていたことが伺えました。

同時に、彼までの哲学者にも
とてつもない大きな影響を。

第2期に入り令和哲学カフェはまだまだ成長発展していきます。まだ見ぬ大きな進化に向けて。

世界の知がこの場に集まる。

令和哲学カフェ。
ぜひ出演してみて下さい。

カテゴリー
令和哲学カフェ

真善美。哲学的な話題

真善美を聞いたことがありますでしょうか?真善美と並んだ言葉でなくても、真・善・美という一つひとつであれば、よく使う言葉かも知れません。

言葉としてよく使うものでも
概念として難しいということ

よくありますよね。

真善美を整理整頓する上でもカントを取り上げると非常に見えてくるものがあります。哲学の難解な概念はカントの理解を深めることで整理整頓しやすくなるというのが令和哲学の立ち位置です。

令和哲学者Noh Jesu先生は、理路整然としているカントの整理が大好きで唯一、カントは哲学者であると言ってよいほどカントを評価し認めています。

現代でも押さえておきたい概念。
その一つに真善美があります。

他日、令和哲学の観点から真善美について触れます。

今日も読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

カントと言えば。一つは純粋理性批判

哲学者たちの間でも難解だと言われているカント。令和哲学カフェでは、このカントの理解を深めることでその他、大勢の哲学者たちと哲学的概念の整理整頓に向かうとして重要視しています。

三大批判が有名なカント。
純粋理性批判があります。

当時の時代背景と重ねて純粋理性批判に触れるととても分かり易くなります。過去に幾つか触れた記事がありますので、宜しかったらそちらも目を通してみて下さい。

言葉として理性というのを知ってる人は多いと思いますが、カントが言うところの理性とは一体何でしょうか?そして純粋理性とは?

カントは当時、溢れている悩みや問題を解消することに大きな貢献をしましたが、三大批判をすることで解消しています。

その最も根底にあるもの。
純粋理性批判。

批判というからには批判です。
しかし悩みを解消するという。

人間的に魅力を感じます。

カント1人を理解すれば、カント以降の哲学者たちの理解と、カント以前の哲学者たちの理解も進みます。

それにはこの純粋理性批判。
これをどう読み解くか?

本日も読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

難解なカント。三大批判

哲学者であったとしてもカントは難解だといいます。カントを理解するには哲学の講義を半年間、継続的に学んだとしても理解できる人は少ないという実情、そして専門とする人ですら難しいと評する現状で。

令和哲学カフェはカントを推します。
難解なカントの主張に触れます。

カントと言えば・・・と問えば出てくる幾つかの項目があろうかと思いますが、その内の一つに挙がる有名なこと。

三大批判。

三大というからには3つがあるのだろう。三大というからには、普通の主義主張ではないのだろう。

そんなことを予想できるのではないでしょうか?

見ようによっては、3つだとも言えますし整理整頓されている人からしたら1つのことを目線を変えて3つとして表現しているとも言えます。

いずれにしても難解となっているのはどういうことでしょうか?

三大批判は次の3つです。

・純粋理性批判
・実践行動批判
・判断力批判

日本人にとっては批判とは穏やかならぬ表現ではありませんか?批判することで有名になったのでしょうか?批判することにどのような意味があるのでしょうか?批判は平和に導くのか、それとも争いへ誘うものでしょうか?

批判というと非難のや誹謗中傷のような悪い印象で見受ける方も多いと思いますが、カントはそのようなことをしたかったのでしょうか?何かと色々、気になることが出てくるかも知れません。

令和哲学の観点からはカントを哲学の分岐点とみており、御幣を恐れず大胆に言えば哲学が真に始まったところという勢いです。

その目線からカントは素晴らしい。
当時の悩みや苦しみを解消します。

それを巧妙な手段をとって。

批判と名付いていますが、美的センスを垣間見る批判ですので是非、そうしたセンスを磨きながらカントと出会われることをおススメします。

またカントは非常に難解。
三大批判も難しいこと極まる。

令和哲学カフェをご活用下さい。おススメします。カントのみならず西洋の主要な哲学者たちを総なめします。

昨日は感情手術を公開的にやりました。

フロイトが目をつぶって見る夢の解析なら、
令和哲学は目を開けて見る夢の解析をする。

人によっては涙が出てくるような場面もありました。令和哲学を通して西洋の哲学の理解は早まり、今の時代の哲学がどういうものが見えてきます。

zoom参加とYouTubeLiveによる同時配信。

島崎はzoomで参加することが多いです。ブレークアウトセッション機能で同じルームとなった方、いつも楽しみにしています。

ぜひお話しましょう。

今日も読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

悩み。真理を知ることはできるのか?

カントが生きた時代背景は科学万能主義の風潮がありました。カントが哲学を整理整頓する前までの哲学と言えば、2つの大きな主流があります。一つは、合理主義。一つは経験主義。お互いはともすれば対立構造になり易い関係です。

本日は、人間たちの悩みについて。

特に真理は知れるのか?カントの功績と共に書き綴りたいと思います。

結論から言えば、真理を知ることができる。そのように整理したのがカントです。とても希望溢れること。

一体どういうことでしょうか?
哲学は真理を追究するものです。

経験主義の主張は、体験したことに価値があり、真理を探すのは体験したことを蓄積することで叶うだろうというものです。

ところがどうでしょうか?

人間が生きるといっても100年ですから、この広大な宇宙そして138億年という時間の長さと比較して一体、どのくらい体験を得るというのでしょうか?

やがて悩みが出てきます。
本当に真理は知れるのか?

一方、合理主義の主張は、体験しなくとも先験的に真理を知ることはというものです。数学的な概念を用いて、同じことを繰り返し追求することで真理を得るというものです。

するとどうでしょうか?

シンプルではありますが常に同じことを確認していては多様性や広がりについては無力です。進化発展成長などが起こりません。

やがて悩みが出てきます。
それは真理と言えるのか?

経験主義も合理主義も対立しやすい傾向がありますが両者ともに、悩みがありました。

本当に真理を知れるのか?

カントはその悩みを解決しました。
どのように?

それまでの真理の基準は客観世界にありました。カントは真理の基準を主観世界にもってくることに成功します。

その結果、悩みは解消します。

真理を知ることができる。
真理の基準は主観世界にあるから。

真理の基準を主観世界にもってくるだなんて何と素晴らしい偉業をなしたのでしょう。

いつも読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。