カテゴリー
ポストコロナon-line会議

ポストコロナon-line会議。ママナビ

令和2年10月20日。ポストコロナon-line会議といえば夜に開催されることが通例となっていましたが、この日は特別企画のような位置づけもあり、昼間の開催となりました。

妊活の重要性がテーマ。

胎内記憶第一人者の産婦人科医池川明先生。
ママナビゲーターのアインシュタイン知奈美氏。
令和哲学者のNoh Jesu氏。

この三者で、ポストコロナの新しい時代に生きる生き方について話がされた。中心テーマが妊活ということで、出産経験の観点から

女性と母親との違い
妊活時に重要視しておきたいこと

胎内記憶や出産立ち合いの観点から、

生死とは何か?
存在とは何か?

令和哲学の観点から、

母親が誕生する瞬間
アインシュタインの意志と現代必要とする愛の爆弾
博士が愛した数式の意味
天才児を生み出すのが当たり前のママとは?

などなど、多岐にわたり濃度の濃い話題が飛び交います。このような方々が集い、他では聞けない話題が飛び交う場の何と貴重で価値の高いものなんでしょうか?

しばらくはYouTubeで視聴できます。
ぜひ、ご覧になってください。

個人的には、大学の知人が出演しているのでささやかながら応援の気持ちがいつもに増しておりました。私自身が母親であるかのような心持ちで過ごせた貴重な時でした。

今日もみて下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

知のB1。ブックダービー

平日は毎日開催している令和哲学カフェ、その特別企画として本日、zoomとYouTubeライブ配信が行われます。

本日は、知のB1について触れた記事です。

1.令和哲学カフェでは

令和哲学カフェでは西洋の代表的な哲学者を取り上げ令和哲学の観点から解析します。今の時代、この日本、私たち1人ひとりにはどのように取り入れていけるのか、どのくらい生き方に深い関わりがあるのか、よく見えてきます。

まだ見られていない方。
是非、ご覧になって下さい。

2.本日は知のB1 ブックダービー

その特別企画として本日。
平日ではありませんが。

知のB1 ブックダービーが開催されます。

令和哲学カフェでは、世界の知性や歴史上の知性を整理整頓し、それを5人の出演者と共に集団コミュニケーションの場で語らいながら理解を深めています。

通常、この知性と自分との距離感を計ることも難しければ、知性と知性の間の距離を計ることも難しいため、知性が表現された本に順番を付けることはできません。

順番をつける根拠がありません。

ですがnTech令和哲学は宇宙自然から人類文化文明歴史まで全てを整理整頓してますので、今の時代、人類77億人に必要な知性とは何かについて迫ることができます。それを集団コミュニケーションと共に行おうとするもの。

3.現代は情報過多。整理整頓が必要

今の時代は情報過多。

溢れてる情報知識の海の中で。
取捨選択はしていますか?

限られた時間でもあるので優先順番を付ける必要がありますが、情報知識が溢れすぎていては、何をどのように判断し、整理整頓していけるのか難しい。

ぜひ、ご覧になって下さい。

競馬に見立てているようです。

4.知のB1 概要

パネラーたちは騎手。
推薦本たちを馬。

騎手が馬を乗りこなしその速さを競い、お客さんは順番を予想して楽しむように、パネラーが本をどのように乗りこなして一番を競おうとするのか、視聴者たちは予想して楽しみます。

テーマ「この時代の人たちに一番読んでほしい本」

4.1.事前予想

パネラーによる自己評価データとして、

プレゼン力 ★★☆☆☆
やる気・情熱★★★★☆
論理力   ★☆☆☆☆
集中力   ★★★☆☆
自信度   ★★☆☆☆

の5つの項目がありますから、予想してみて下さい。当選者には希少価値の高いバーチャル背景などが付与されますので狙いにいくと良いかと思います。

なお順番は視聴者たちによる投票により決定するようですので、ハラハラされる方もいらっしゃるかも知れませんね。

4.2.令和哲学カフェポータルサイトより引用

引用”5人のパネラーが「この時代の人たちに一番読んでほしい本」として選んだ一冊の書評を発表し、ファシリテーターを務める令和哲学者Noh Jesuからのお題を問題解決していきます。
それをNoh Jesuが令和哲学的視点で『ジャッジ』。
視聴者の方には、順位投票をして参加していただき、ゲーム視聴をしているような感覚で令和哲学のエッセンスに触れながら、「知の統合」の世界をお楽しみいただけます。”

令和哲学カフェポータルサイトより 最終更新2020年10月2日
https://reiwaphilosophy.com/2020/4607/

4.3.イベント詳細

■イベント開催日:2020年10月3日(土)
■イベント時間:21:00-22:30
■参加費:無料
■開催:zoom開催/YouTubeオンライン同時配信

詳しくは、令和哲学カフェポータルサイトの特別企画 知のB1をご参照ください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

正しく答えようとすると

本日も令和哲学カフェ。今日のテーマは、「不安や憤怒はどのような条件で希望に変わるのか?その条件とは何でしょうか?その理由とは」

WHT形式でした。

WHT形式については、過去blogをご参照下さい。もしくは、下に令和哲学カフェのWebサイトを案内していますので、そちらをご参照下さい。

人間は、人の話を聞けないようになっています。WHTではそのことが露わになりますが、出演者たちと令和哲学者Noh Jesu氏(以下、Noh先生)とのやり取りで、参加者たちも視聴者たちも客観的に確認できます。

ところがもし自身も出演者同様、現場に入り込もうとすると、私自身は会話についていけませんでした。

Noh先生から放たれる質問があります。
振られた出演者たちは答えます。

間は端折ります。

現場に入り込もうとして集中するのですが、遂に追いかけられなくなる時が来ます。質問に答えようとしている自分に気付きました。質問に食らいついて自分だったらどう答えるかとか、けんごになってまなみちゃんが答えるシーンでは、まなみちゃんになるというよりは島崎が答えようとするとか。

これで簡単に、話にはついていけなくなります。瞬時に気付けば変えられる余地もあろうかというものですが、過去に気付いたなら気付くその瞬間までは考えのお散歩に出かけていて、その時間だけ話を聞いていない事になります。

人間は、人の話を聞けない。
露わになりました。

この露わになることで衝撃は走りますが同時に、危機意識が沸いて、変化意志も同時に育ちます。令和哲学カフェには是非、参加してそれを体験してみて下さい。

令和哲学カフェ

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

主義主張したことが変わる現象

令和哲学者Noh Jesu氏(以下、Noh先生)がホストを務めNoh先生のリードの下、コミュニケーションワークWHTが行われる令和哲学カフェ。

今晩は、昨晩のWHTの整理整頓と質問道場。

WHTでは、人間が如何に人の話を聞いていないのかを明らかに見せてくれます。日本人なら、誰もがこうなっていると言っても過言ではないでしょう。

その様は圧巻です。
混乱する人が続出。

ただ、人間の心理として不思議なのは、こうした一見すると格好悪いと思える現象と遭遇した時ほど、危機意識が募って人間の底力が発揮されると言いますか、本領が発揮されていきますね。

出演者の方の進化はすさまじく、
参加者たちの成長もすばらしい。

今晩は、主義主張したことが次の瞬間にはコロッと変わってしまったところが明らかにされました。

間は端折りますね。

出演者5人のうちの2人が分かり易く、自身の主義主張の土台が時間をおいてコロッと変わってしまっていることが明らかになりました。

参加者たちも視聴者たちも、皆んな一体どうだったのだろうかと気になります。きっと多くの人は、明確に気付いてはいないでしょうし、気付いてはいても漠然としていて、場に参加してみたら瞬時に突っ込みを入れれる人は少ないのだと思います。

まさに、人生とは騙す/騙されるゲーム。

その光景を目の当たりにします。

見ていると混乱します。
ですが、とても学びが深い。

場に引き込まれる感覚があり、時間が経つのが本当に早いですね毎回。ぜひ、参加されてみて下さい。

令和哲学カフェ

読んで下さって有り難うございました。

カテゴリー
令和哲学カフェ

令和哲学カフェ。観点に迫る。人生とは

令和哲学カフェ、本日のテーマは、観点。哲学のジャンルのうち、カント哲学を取り入れながら観点の理解を深めようとする日でした。

冒頭から衝撃的な表現が飛びます。

あなたは、人生とは何かと尋ねられたら、どのように答えますか?他の人に、同じ質問をしたら、どのように答えるとあなたは思いますか?

令和哲学カフェでは冒頭に解説があります。
観点に迫る上で人生について整理されました。

令和哲学者Noh Jesu氏(以下、Noh先生)が語る人生。それが衝撃的な表現です。

人生とは、騙す/騙されるゲーム

他の誰がこのように形容するでしょうか?
令和哲学者が語るので、深みがありそうです。

かくして、5人の出演者に投げられます。

「騙す/騙される。そのことは好きですか?それとも嫌いですか?好き嫌いを理由と一緒に答えて下さい」

それが本日のWHTの入り口でした。
間は端折ります。

WHTでは、共通点と相違点を明らかにしながら、違う意見に対して説得したり、現状では何が起きているのかを再確認しながら、Noh先生リードの下、発言が飛び交います。

人の話を聞けないことが露わになります。

島崎自身も話を聞けていないことを認知します。私にはWHTの現場自体が騙す/騙される構図に思えました。

何を磨きたいのか。
また鮮明になります。

令和哲学カフェ

参加してみて下さい。

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
イベント

共通点を見るか。相違点を見るか。

1.脳機能上、人の話は聞けない

人間は社会的な存在。生きていく上では必ず人と人との交流が必要ですが、脳機能は人の話が聞けないようになっています。

過去に気付くことはあるでしょう。
ですが今、気付きたいものです。

2.コミュニケーションワーク「WHT」

令和哲学者が開発したコミュニケーションワーク「WHT」では、人の話が聞けないことが今、目の前で確認できて、自分自身もまるで、その映像の中にはまり込んでいることに気付く稀代のワーク。

ぜひ令和哲学カフェにて確認して下さいね。
衝撃を受けたあなたは次回も楽しむでしょう。

3.令和哲学カフェ10th

本日は、ある一枚の絵を見て、絵の共通点とは何かを語るところから始まりました。

経緯は端折ります。

今日、受けた衝撃は、共通点と相違点を同時に見ることの難しさです。

WHT出演者5人は、一枚の絵の共通点を話しますが、それぞれ違うことを言います。ホスト役の令和哲学者のリードで、出演者の内の2人を取り上げて共通点と相違点を一人ずつ話していった上で、2人は衝突が起こるのか、平和になれるのか、について考える機会がありました。

心の扱うプロのリード。
心が脳に勝つ時代。

これを映像で見せてくれるから面白いのですが、自分があの場に居て、出演者として振舞ったらどうなるだろう?ということを、画面越しにこの場で、肌で感じるから、スリルがあります。

4.どういうこと?共通点と相違点を同時に

共通点と相違点を同時に見て、主義主張と討議討論を行えたらどんなに良いことでしょうか?

普通は、同時には見れません。

共通点を見るか。
相違点を見るか。

片方だけを見ていたら、5人が集まって全く次元の違った新しい何かを生み出すことは出来ないでしょう。

脳機能上、共通点を見ることはできない上に、共通点と相違点を同時に見ることもできない更に上に、共通点と相違点を行き来してみて下さい、と。

行き来したいものです。
美しいチームプレイしたい故に。

5.次回の令和哲学カフェ

これが出来るから美しいんでしょう。
そして、令和日本はできると。

ここから始まりましょう。
今ここ目で見ちゃダメ!

次回は、6月8日の月曜日。
21:00-22:30。

令和哲学カフェ~意識をアップデートする~

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら他の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

令和哲学者Noh Jesu氏を交えて。令和哲学カフェ

3つのパーフェクトストームが世界を揺るがし、方向性喪失、リーダーシップ不在の中、体のコロナよりも深刻な経済のコロナと心のコロナが文明を土台から崩しています。

新しい文明を築くのは、令和日本からと1996年から言い続けてきた存在を交えたカフェ会。

1.哲学なき時代

日本を見れば特にそうですが今、日本の知性には哲学がありません。世界の知性と語らえる哲学がないのです。哲学と言えば常に、世界からやってくるのが歴史の常でした。

では世界の知性はと言いますと、これも弱腰の哲学です。科学技術がここまで発展しているときに、哲学の進化発展は大変おとなしく、また暴走する科学技術や経済に対して、影響を与える哲学がありません。

ここまで数学や物理学が発展し、研究や開発が盛んに行われ、個人主義と共に進化し続けていることは良いこともある反面、環境汚染や人間の尊厳破壊など、痛ましいことも多く起こっています。良かれと思って前進していることが、実は全体の成長を妨げていることが目立つようになってきました。

正に混沌としてきている現状を、どのようにまとめたら良いのでしょうか?

今の時代は、哲学を必要とする時代です。

2.個人一人ひとりが哲学者になる時代

歴史を振り返ると、神・王様の観点だけで全てを整理していた全体主義・観点1の時代プレートがありました。ところが、ここにNoをして次の時代プレートへと推移します。

個人一人ひとりの主義主張を大事にしようとする個人主義・観点∞の時代プレートです。∞に主義主張が爆発しますが、観点が皆んなバラバラで違うので共通土台がなく摩擦衝突を繰り返し、孤独が蔓延しています。今、この時代プレートに限界が来ています。

今から新しい時代プレートに移行しなくてはなりません。体のコロナ、経済のコロナ、心のコロナが旧い時代プレートを文明ごと破壊していくからです。

次の時代プレートが、観点から自由になって全ての観点を生かす観点0の未来プレート、美学の時代です。この時代プレートは、正に今、創っている最中であり、全体主義・観点1の良さを、個人主義・観点∞の良さを、生かしながら欠点を補って底上げします。

これは個人一人ひとりが哲学者となっている時代で、哲学ある個人たちが連帯し協力団結した共同体を中心とした社会を形成していきます。

共同体主義です。

3.今までの哲学と一線を画した令和哲学

共同体主義を形成する新しい哲学とはどのようなものでしょうか?

それが、令和哲学です。

今までの限界を補って底上げし、今までの良さを全て生かすような哲学ですから、簡単にはイメージしにくかろうと思います。

実際、令和哲学は目で見たら全く分かりません。

令和哲学は、今1で生きるBeautiful Harmonyのことです。だから、目で見たら1が何か分かりませんし、Beautiful Harmonyが成り立ちません。

ですが、目で見ずに令和哲学の通りに生きてみれば、これが未来の時代プレート、共同体主義プレートを築くことがよく分かります。

観点の問題を解消し観点から自由になって全ての観点を生かす美学の時代を築く新しい哲学。数学や物理を悟らせる新しい哲学。個人一人ひとりが哲学者となりえる新しい哲学。3つのパーフェクトストームが世界を騒がせることにも十分な対応力をもつ新しい哲学。

4.令和哲学者Noh Jesu氏

令和哲学は、令和哲学者Noh Jesu氏(以下、Noh先生)によって語られます。

彼は、2019年に共同体主義を創る希望の中心主体となる宣言をしたところ、4月1日に新元号「令和」が発表されたときに、令和に隠された意味合いに気付きとても喜びます。

その時の喜びに触れてみて下さい。

「【令和哲学①】愛のゲームに反転させる!日本、あけましておめでとうございます」
https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/04/01/235736

 Noh Jesu公式ブログより

令和哲学者Noh先生は、独特の解析をされますが、その解析の一つに、

2019年が天が開き、
2020年は地が開き、
2021年は人が開いて、

日本が世界を救済する上での基本的な土台が完成すると仰っています。2019年に点が開くときは天皇家が十分な仕事をして素晴らしい「令和」の幟が立ったので、次は2020年に地が開くときは何が出てくるのか見てみようと楽しみに待っていたところ、新型コロナウイルスが出てきました。

初めは大変驚いたものの、これだけ世界を騒がせてショックを与えているところに大きな意味があることを読み取り、今では令和日本が団結して世界を救済に向かう大決断の時だと見ています。

令和哲学は斬新です。

ぜひNoh先生から直接聞いてみて下さい。

5.令和哲学カフェ

Noh先生を交えて毎日、テーマを決めてオンラインで会話する場を設ける企画があります。

オンラインカフェ。

テーマに沿う限り、色んなことを直接質問できる良い機会でもあります。数学や物理に心を取り入れることを成功したり、哲学の難題も令和哲学から整理されていて、とても勉強になります。

令和日本を美しく思うようになります。

ぜひ、参加されてみて下さい。

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

北極星。北海道Re・riseフェスティバルにて

3つのパーフェクトストームが世界を騒がせている中、方向性喪失のときに併せてリーダーシップ不在という大問題を抱え、個人も家庭も企業も国家でさえも、何を、どのように、取り組んで行けば良いのか分からないまま舵取りをしています。

方向性を指し示す北極星は、どこから示されるのでしょうか?

1.方向性喪失

点よりも小さく、まだまだ小さいウイルス一つを統制できない事から始まっていますね。そのような小さきウイルスが世界を騒がせていますが、文明の根幹から揺るがし、更には倒れてきている状態です。

世界のリーダーたちは、こぞって、何をどのように取り組めば良いのか分からず右往左往している状態です。また、世界の知性と言われる人たちも、それから超一流の専門家たちも、未知のウイルスに対して全貌を明らかにできずにいます。

先行き不透明。

どのように正解にたどり着けば良いのか分からない様子は、解放を知らない状態でルービックキューブを回しているだけの子どものようです。

2.リーダーシップ不在

グローバル経済の中心であるアメリカ国家は、世界の警察国家として絶大な影響力をもって世界に機能していました。

ところがトランプ大統領の登場によって、アメリカファーストとなっています。アメリカが世界に貢献するのではなく、アメリカの利益を第一に考えるといって方向性転換をしました。

最早、アメリカは世界のリーダーシップ発揮を放棄している状態です。引き続き、イギリス国家も世界秩序のリーダーシップから退き、自国の利益を優先的に考えるようになりました。

その最中での新型コロナウイルスです。

各国がロックダウンを行い、ただでさえ自国第一の考える傾向であったところに追撃して、国同士の分離断絶が起こるようになりました。

経済的な影響は計り知れません。
今、経済は分断されています。

原油の取引がマイナスの値を付けたことからも歴史的な大事件の最中にいることを気付かせてくれています。

全世界が今。
混乱しています。

3.3つのパーフェクトストーム

体のコロナもありますが、同時に経済のコロナ、そして心のコロナがあります。これらが同時に襲っていますが、新型コロナウイルスが目に見えないように、経済のコロナと心のコロナも目に見えず、認知するのは遅れて為されることでしょう。

しかし確かにやってきます。

薄々はそれを感じているからか、世界各国は今、ロックダウンを段階的に解除する方向へ舵を切ります。日本政府も、緊急事態宣言の段階的な解除を決断しています。

ところが、3つのパーフェクトストームはシナジー相乗効果を起こしている状態ですから、完全に新型コロナウイルスを制圧した訳ではありませんので、不安が残りますね。

まだまだ、方向性なき航海を強いられそうです。

4.渇望。北極星

ロックダウンが解除されるに連れて徐々に、明るい話題が飛び交うようになるかも知れません。ですが、それは上辺のことに過ぎず、直ぐにまた、第2波、第3波が世界を襲います。

その時また、混沌とします。
これは目に見えていることですね。

人間は、行けば行くほど渇望します。
方向性を指し示す北極星を。

今は未だ、北極星が何かを分かっていないのが世界のリーダーたちであり、世界の知性です。

5.北海道Re・riseフェスティバル

日本は今からステージ3へ向かいます。

プライドの高すぎた日本。
耐え忍んだ日本。

今からは、世界の北極星、歴史の北極星となり、荒波を航海する全ての船たちの方向性そのものとなります。

そんな北極星を指し示すのが、北海道。5月24日に北海道Re・riseフェスティバルがオンライン開催されいます。

令和哲学者Noh Jesu氏も登場します。

今から確実に来るであろう経済のコロナ、心のコロナにも十分備えられる世界最高峰の知性が北海道に降り注ぐ。

世界最初。
歴史初。

これには参加しておくことをお勧めします。歴史が下るにつれて、令和2年5月24日の北海道Re・riseフェスティバルに参加していたことがプレミアな経験となっていきます。

●北海道リラフェスfacebook

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。