カテゴリー
Noh Jesu

Noh Jesu氏。悟り

Noh Jesu氏の得た悟りは悟りの次元が違う。21世紀悟り、サムライの悟りは言語化・感覚化に成功したことで悟り自体を科学するくらいに悟りを悟ってしまった

令和哲学者Noh Jesu氏が得た悟りは凄まじいの一言です。実は悟りにもピンからキリまでありまして、そのように言えるようになっていること自体が、Noh Jesu氏の得た悟りらしさでもあります。

彼の得た悟りは、悟りを科学し得るくらいの現代に通じる強烈な悟りであり、悟りを悟ってしまったという驚愕の世界。

悟りといえば心。
悟りといえば仏教。

そう思う方が多いでしょう。
そして、その通りでしょう。

もう少しイメージを広げてみます。
悟りとは、差を取ること。

2500年前の時点にあった全ての違いや格差を、一切取り去ってしまってシンプルになってしまった・・・それが仏教の悟りです。

その後は数学も物理学も発展し、2500年前にはなかった様々な概念が生まれてしまっています。ですから今の時代に活用し得る悟りは2500年前の悟りだけでは物足りません。

何ゆえでしょうか?

その後に生まれた格差を取るに至っていないからです。更には、2500年経った今もまだ平和は実現していません。鬱 自殺 殺人がゼロになっていませんし、破壊されゆく尊厳を回復させていません。

ゆえに、今の時代なりの悟りで補う必要性があります。21世紀の悟り、サムライの悟りを得たNoh Jesu氏により補完されています。

彼の偉業は凄まじいの一言。

物理の悟りを得ています。
数学の悟りを得ています。
勿論心の悟りもです。

そして、それらの言語化・感覚化に成功していること、これがトンデモナイですね。いや、全くトンデモナイことです。

“一人が悟れば皆んな悟れる”
“悟りは難しくない。簡単”
“悟りが当たり前。ゴールではなく出発”

まさしく差を取っている。
ぜひ、確認してください。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA