カテゴリー
Noh Jesu

大快挙。「間」の数式化(0=∞=1)

世界初歴史初シリーズ。令和哲学者Noh Jesu氏による大快挙。日本の重要な特徴、そして数学物理学で知りたい時空間と人間に迫る「間」の数式化

日本らしい日本といえば何でしょうか?

幾つか挙げるときに、「間」の文化を挙げる人も多いと思います。海外の人から見たときに、特に日本らしいと思えるものの代表的な一つでもあると思います。

「間」

日本の漢字を見てみましょう。

時間
空間
人間

など、重要な概念には「間」が入っています。他にも、

間抜け
間が悪い
間違い
間合い
間取り
間が伸びる

などなど、「間」を使った表現が使われることがありますが、これらは日本らしい感覚と言えます。

しかし、「間」とは何でしょうか?
実は説明するとなると大変。

何と言って良いか、海外の人に訳して伝えようものなら、とても難しい概念であることが分かります。

もちろん、日本人同士では伝わる概念。
しかし、表現するとなるととても困難。

至るところに現れている「間」でありながら、説明困難であり、表現困難なところがあります。

そこもまた令和哲学者が発揮します。
世界初歴史初シリーズ。

「間」の数式化に成功
0=∞=1

これこそ大快挙。

何と、「間」の概念を数式で見事に表現したばかりではなく、先に紹介した、時間、空間、人間(存在の代表)についてまでも説明し得る数式。

日本人のどんな人も表現不可能でした。
数学者のどんな人も未発見だった「間」。

聞いてみればとても価値があり重要な概念であることがよく分かる「間」の数式化。ぜひ直接Noh Jesu氏から聞いてみて下さい。

全く新しいイメージと出会います。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA