カテゴリー
令和哲学カフェ

西洋を代表する哲学者たち

令和哲学は哲学的な概念の全てを整理整頓することに成功。その観点から哲学は、カントの理解を深めることで整理整頓が早くなる

令和哲学カフェでは令和哲学者Noh Jesu氏のガイドもあって哲学者カントをおススメしています。カント1人の理解を深めることで、カント以前であっても、カント以降であっても、哲学者たちと哲学者の概念を理解する上で非常に分かり易くなると見ているからです。

本日は、西洋を代表する哲学者たちについて触れます。

令和哲学カフェではカントをおススメしますが、カントが哲学を含む当時までの人間たちの悩みについて整理整頓することに大成功しているからです。

カントが成功した整理整頓とは?
カント以降はどのように引用したのか?

その目線で哲学を見ると非常に透明度が高くなり、難しい概念も簡単に見えてきます。

哲学者と言えば、有名なのは、

ソクラテス
プラトン
アリストテレス

ではないでしょうか?ほかにも、

デカルト

は有名ですね。そして、

カント
ヘーゲル
ニーチェ
ドゥルーズ
ヴィトゲンシュタイン

たちがいます。ほかにも、フロイトなどは現代に生きる多様な手法を生み出すキッカケとなりましたね。

そして、彼らが表現しようとしている哲学的な概念があるのですが、これを一つひとつ見ていくのが非常に難しくてとても気合がいるものです。

哲学を専門で学ぶ哲学者たちであっても、カントを理解するまでに6か月間みっちりとした講義と学習の時間を取り持つといいますから、一般人がカントを学び、それを日常生活の実践に落とし込むとなると一層、難しくなるでしょう。

それは、カントのみならず他の哲学者すべての人物に当てはまることであり、全ての概念を整理整頓するのは現実的に不可能に思えます。

ですが、その理由がありました。
なぜ、そのようになるのかの原因。

その原因理由をひもとき、そこから哲学をもう一度整理整頓したとき、カントの理解を深める一点だけで、その他の哲学者たちと、哲学的な概念がどういうものなのか、なぜ難しかったのかまでが分かります。

何て便利。
カント一押しです。

令和哲学も併せておススメします。

今日も読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA