真善美。哲学的な話題

湖に映る山のイメージ図
哲学的な概念は難解です。真善美もその一つ。よく使う言葉であっても、真とは何か?善とは?美とは?と尋ねられると答え難い

真善美を聞いたことがありますでしょうか?真善美と並んだ言葉でなくても、真・善・美という一つひとつであれば、よく使う言葉かも知れません。

言葉としてよく使うものでも
概念として難しいということ

よくありますよね。

真善美を整理整頓する上でもカントを取り上げると非常に見えてくるものがあります。哲学の難解な概念はカントの理解を深めることで整理整頓しやすくなるというのが令和哲学の立ち位置です。

令和哲学者Noh Jesu先生は、理路整然としているカントの整理が大好きで唯一、カントは哲学者であると言ってよいほどカントを評価し認めています。

現代でも押さえておきたい概念。
その一つに真善美があります。

他日、令和哲学の観点から真善美について触れます。

今日も読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA