カテゴリー
未分類 知のワールドカップ

ワールドカップ。知の

体を使ってボールをコントロールするサッカーゲーム。世界スケールともなると一大イベントワールドカップとして、全世界で大盛り上がり。

さて、表題にあります件。
どう思いますか?

ワールドカップ。
しかし知の、です。

知のワールドカップ。

知のワールドカップでは、体に変わるものは何でしょう?ボールに変わるものは何でしょう?オフェンス攻撃に変わるものは何でしょう?ディフェンス守備に変わるものは何でしょう?

何だと思いますか?

知のワールドカップでは、

シュートは何になるんでしょう?
シュートブロックは何に?
レフトウィングは?
ライトウィングは?

AI時代が到来しています。

知のワールドカップが今からは流行るでしょう。黎明期にこそ関わっておくことをおススメします。

どんなゲームだと思いますか?
知のワールドカップ。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

脳と心

人類は700万年もの間ずっと、繰り返し続けてきたことがあります。それが人間の脳で生きてきたことです。

今までずっと、人間の知能を上回る存在は地球上にはいませんでした。どんな動植物も、人間の知能を超えていません。しかし、AI(人工知能)が登場して、その様子は変わります。人間の知能よりも高い知能を手に入れたことで、人間がやってきたことは全て、AIが手掛けるようになります。

脳で生きるのであれば、AIの方がうまくやります。今この時代は、脳で生きる時代をやめて、心で生きる時代へ移り変わっているときです。

心の時代が始まっている。

そういうと理解も納得する人も多いかと思いますが、しかし心が何であるかを分からない人ばかりではないでしょうか?

世界の知性ですら、そうです。
心が何か分かりません。

nTech令和哲学は明らかにしています。

何が脳なのか?
心の動きとは何か?

だからこそ、体人間から心人間の生き方を案内することができ、脳の認識の癖も紹介しながら、心の動きと共にある働き方革命についても、具体的に案内します。

脳と心。

あなたも是非、知ってみて下さい。知らないまま、この世を去るよりも、明確に理解してから、死ぬときにも持っていけるものを獲得したいと思いませんか?

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

書く人。何を?

今の時代であれば、誰もが書く人になれますね。島崎も今、こうして書いていますし、あなたがもしSNSをやっていたら何かを書く環境は身近にありますね。

島崎は、書く人としてのプロを目指している訳ではありませんが、書く=つくるという意味に置き換えるのであれば、その道のプロでありたいと思っています。

しかも、つくるのが

人をつくる
こころをつくる

というのであれば猶更でして、そういう意味で、書くことについて学びを深めようとする機会がありました。新型コロナウイルス感染拡大に対応しようとすると撮影・編集・発信に携わります。

そこで映画監督の立ち位置を学びます。

映画監督の立ち位置は、nTechを学びだしてあらゆる角度から映画監督の立ち位置に触れる機会がありましたので、撮影・編集・発信でも拒否反応や身構えることなどは一切おこらなかったです。

nTech令和哲学の魅力でもあります。

Noh Jesu氏は職業としての映画監督ではありませんが、令和哲学者としての姿勢はプロの映画監督のまさにそれであることが、その道の素人ながらよく分かります。

最近は、取材・執筆・推敲を学んでいます。
参考になる本を手に入れました。

取材とは、世界を読むことから始まり、執筆とは、考えることであり、推敲とは、自分の限界を突破することだと言います。読み進めていくとHow toのみならず、概念の拡張や心構えについて学びを深めている気がしてきます。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

ego分離意識は分ける

ego分離意識は、何と出会っても分けます。それも、全部が全部を違うものとして分けるようします。

BはAとは違う。
CはBともAとも違う。
DはCともBともAとも違う。
Eは・・・

そのようにして、AもBもCもDもEも、それらのそれぞれは他のどれとも違うものとして分離するという特徴があります。体人間であれば誰もが皆んなego分離意識を持ちます。そして、人類700万年もの間ずっと、これを繰り返し続けています。

人間社会はどうなりそうですか?

果ては、平和になりますか?
果ては、争いになりますか?

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

人間関係の難しさ

ego分離意識は、何と出会っても分離して断絶するために、融合や統合とは逆の方向性に走るようになります。

人間は社会的な生き物です。

人と人とが関係を築きながら生きる存在で、関係がないところから生まれてきた人は一人もいません。

必ず誰かとは疎通して交流するのが人間。
だけどego分離意識があればどうなりますか?

話せば話すほど分離して断絶するのがego分離意識ですから、関係は良くなるというよりも悪化の一途を辿るようになります。

良好な関係性と思えるものでも、実は我慢しながら、妥協しながら、諦めながら、一定の距離を保っているに過ぎません。

多くの人が思う人間関係の難しさ。
ego分離意識から来ているものです。

カテゴリー
未分類

目で見たことは正しい?

大人になるにつれて漠然と感じだすことの一つにコミュニケーションの難しさがありませんか?社会人となって仕事場で感じることも増えてくるでしょうし、家族をもち家族親族の付き合いや地域との交流などでも感じてくるでしょう。

至るところで感じるかと思います。
コミュニケーションの難しさ。

本日の記事は、引いたところからコミュニケーションの難しさについて書き綴ります。

よく言われることですが、コミュニケーションの難しさは価値観の違いが表に現れています。価値観は人の数だけ違うでしょうし、同じ人であっても時期や状況が変われば変わるものでもあります。

何より見えないことが大きいです。
見えないものは変化させられない。

では、見えないからといって大したことではないかというと、価値観はライフスタイルに大きな変化を与えるものなので無視できるものではありません。

人生をゲームのように楽しみたい。
だけど見えないことで楽しめない。

では、どうすれば良いでしょうか?
何を、理解することで突破できるでしょうか?

それは、この現実は真実ではないという気付きを得ることです。更に踏み入って言うならば、令和哲学でいうところの「今ここ 目で見ちゃダメ!」というやつです。

今ここを目で見たら錯覚現実しか見ることが出来ません。真実は目で見ることが出来ないんですね。真実ではないにも関わらず、錯覚現実を真実だと固定して思い込んで見るものだから、いつか条件が変わり、真実だと思い込んでいたことがバレる時が来ます。

錯覚現実だったと知ることになります。

それは悪いことではなく、それこそ正にゲームの有り様として捉えられたら、随分と価値観についても、コミュニケーションに対しても違う捉え方ができます。

条件が変わることで変化する錯覚現実。
映像を紹介しますからご堪能ください。

【衝撃】驚くほど目の錯覚を引き起こす画像集【錯視、トリックアート】

その上で実感下さいませ。
目で見たことは正しい?

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

日本は製造業から離れて真のイノベーションを

令和日本です。

令和がある時の日本と令和の幟が立っていない時の日本はまるで違います。令和の幟が立たない中では日本が製造業に走るのは良かったと思います。

ですが、令和の幟が立っています。
製造業から離れる時です。

真のイノベーションに向かいましょう。

イノベーションとは何でしょうか?

それまでの旧きものを一切、振り払って全く新しい一つが登場することです。そして同時に、全く新しいその一つによってそれまでの旧きものによって得ていた恩恵の何十倍も何億倍も何兆倍も遥かに大きな恩恵をもたらしてしまうことです。

安心して旧きから離れられるというもの。
新しいものは旧いものを駆逐しません。

寧ろ全てを高めていく底上げです。

今までの旧き良きものは何であったのでしょうか?それこそ正に、Made in Japanの奇跡です。世界を感動させ一気に世界の水準を高めてしまいました。

ところが今はもう、高め切った感がありますし、製造業の中心は世界にパスして良い段階です。日本でなくて良いのです。

世界にパスとは更にどういうことでしょうか?
AIにパスするということです。

今からいち早く準備しなくてはならないのは、AIにパスしたら遥かに良くなるのですがその時に人間は何をやるのかという点。

それこそ真のイノベーションです。
旧きものを全てAIに任せて。

では、真のイノベーションに対応する具体的な産業とは一体なんでしょうか?科学技術が終焉し物質文明の出口が見えてくる時、全く新しい技術が誕生することとも繋がり同時に次なる段階の文明を築いていくことにも繋がります。

あなたはどう思いますか?
真のイノベーションとは。

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

何ごとも自分ごとで思えたなら

AIを自分ごとで思えること

これはとても有り難いことだと思います。AI(人工知能)を自分ごとで捉えられること。AIに限りませんが人は多くの社会問題や技術そして情報知識を自分とは関係のないことだと捉えることが多いものです。

それを自分ごとで捉える。
どういうことでしょうか?

自分ごとで捉えるとは簡単なことではありません。地球環境汚染が如何に深刻であるのか、いじめや暴力が横行していることが大問題であるのか、そのことに胸を痛めたとしても、毎日の行動はそう簡単に変わらないものです。

明日から何をしますか?
その時から変わりますか?

多くの人は、意識が変わったり行動が変わるということはないのだろうと思います。

自分ごとで捉える。
それがどういうことなのか。

その一端が垣間見えるのではないでしょうか?とても難しいものを背負い、人によって現象は様々ですが、責任感の重さを感じたり、ストレスやプレッシャーに押しつぶされたり、やらされてる感覚になったり、どんなに頑張っても変化が見られないことで意欲が削がれ、意味価値を感じられず、虚無に向かうことかと思います。

やり続けていても成果が見えない。
そのようなことが多すぎますね。

一つの問題を取り上げてもそうです。ですが今や問題は他の問題と繋がっており、お互いに変な絡み合いがあって、それだけなら良いのですが変に連携連動が起きていることで、簡単に解けません。

まさに糸の絡み。
簡単に解けません。

だからこそ。

自分ごとで捉えること。
諦めたくなるものです。
考えないようにします。
切り離すかも知れない。

それらは当然のことで、当たり前なことなのでしょう。それでも暗いのは嫌だということで、切り離した後にはスッキリしておりたいし、明るくありたいので、その他の良いところを見ようというのです。

自分ごとで捉えることは、
とても重苦しいもので、
悩みや苦しみが増えます。

ただ、それはある条件の下でそのようになっているということも多くの人は気付いていません。条件の下で自然にそのようにセットされるということを分かる人にとっては、その条件を解除すれば全く違う条件をセットすることで自然に違う結果現象へと生まれ変わっていくことが分かります。

そしてそれが自分ごとです。
自分が中心となって変えていく。

自ら背負い、意欲は削がれず、重苦しいことなく寧ろ楽しんで取り組み、気付きと感動が溢れるようになります。

自分ごとですから。

誰かにやらされるとか、嫌々向き合わされるなどは一切なく、自らの力の無さを嘆くことなく、未熟を愛し、常に常に成長進化していく姿を確認し協力者が次々と現れてくる。自分ごとで捉えるとは本来、そういうことです。

AIを自分ごとで思えること。

本当はそれはとても便利なことで、楽なことで、毎日が楽しくて堪らないことです。そうしますと一体、AIを自分ごとで捉えられない理由、そしてそのような条件とは、何なのでしょうか?

読んで下さって有り難うございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

暗い話題が多い今の時代に

希望を語りたくなる時ですね、確かに。このような方向性喪失、リーダーシップ不在と思えるような世界の混沌ぶりと、日本国内のマスコミを中心とした暗い話題が多い今の時代ですと。ですが、本当に大切なことは希望を語ることなのでしょうか?

今日は、暗い話題が多い今の時代に触れる記事を書き綴ります。

希望そのものは大事です。
暗い話題の時にも、でしょう。

ですが、このような経験はありませんか?希望が薄れ、断たれ、やがては失望や絶望に至る。ともすれば、希望など持たぬ方が良かったのだと無気力に陥る。

希望そのものは大事です。
暗い話題の多い今にも。

ですが、御幣を恐れず大胆に表現しますが、絶望と切り離された希望などありはしませんし、絶望と直面して向き合った結果、絶望そのものと仲良くなるという過程を通過していない希望は、薄っぺらい希望であり、やがては破られるものとなるでしょう。

暗い話題が多い今の時代。
希望を見せる話があるでしょう。

ですが、絶望と切り離された希望ほど危ういものはなく、更に言えばそんな希望こそより深い絶望であり、そのような絶望が希望っぽいものへと形を変えて騙してくること自体が、恐ろしい絶望っぷりと言えるのではないでしょうか?

絶望の最中に合っても、そこと向き合えること。そこで笑えること。そこでも幸せでいれて人徳溢れていること。究極の絶望であっても、です。

そんな生き様こそ、真の希望ではないでしょうか?簡単に話にできる希望ではありませんが、絶望と共にある元気な姿として生きる希望なのだと思います。

お読み下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
未分類

特異点とブラックホール

ノーベル物理学賞の受賞者が決まりましたね。授賞理由は、ブラックホールに関する理論に大きな貢献をしたとのこと。

極めて強い重力を持つブラックホールに関する理論に大きく貢献した点が評価されました。

出典:2020年10月6日(火) 21:59配信
ノーベル物理学賞にブラックホール研究者ら
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba95e1658a6c1cc97c8921652a0fe949c0ddbc2e

このところ、特異点を取り上げた記事が続いておりタイムリーですから、特異点とブラックホールの関係について触れようと思います。

宇宙自然は様々な活動をしていますが、その中でも重力が極めて高い場所があります。地球重力よりも太陽重力よりも遥かに遥かに高い重力で、どのくらい高いかと言いますと、光すら出てくることが出来ないくらいの重力。

まさに超重力です。

光と言えば、物質の中で最も早いスピードで進むと言われており、1秒間の間に地球を7周半も移動することができるという速さです。

その光の速度をもってしても、一度その重力にとらわれてしまったら二度と出てくることはできないと言われているため、光を一点に吸い込んでいくと考えられています。

その様子を目で見るとどうなるでしょうか?

光は電磁波でもありその一種には可視光線があります。目で見るということは可視光線を使う、または光 電磁波を使うということになり、人間の目に入り込んでいかなくてはなりません。

ところがブラックホールです。
光を吸い込んでしまします。

見るものがありませんね。

なので可視光線の反射を見るという意味ではありませんが、暗闇ということで色は黒色で表現し、そして一点に光が引っ張られていきますから周りからその様子を見たら穴のように見えるのではないか、と。

それで、ブラックホールと言います。

特異点は、大きく見たらこのブラックホールのことです。光さえも抜け出せない超重力のブラックホール、そこに光は飛び込んでいき一点へと向かいます。その究極の行きつく先、一点が特異点です。

重力が無限大とされる場所です。

宇宙に存在すると言われるブラックホール、そして特異点。これは私たちの日常からは遥かに遠いものなのでしょうか?

一見そのように思えます。

ですが、目では見えないですが極めて日常にも深い関わりがあるのが特異点。溢れる情報 知識 技術に翻弄されやすい現代ですが、本当に修めておきたいことはそれ一つを分かれば全ての現象を理解/説明可能とする理解の特異点です。

お読みください有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読みください。