カテゴリー
Twitter

Twitterからようこそ。

自己紹介欄へ、ようこそいらっしゃいました。Twitterからのご訪問、ありがとうございます。

改めまして、よろしくお願いいたします。

Twitterのプロフィール欄をみて、もっとよく知りたいと思われた方も、ちょっとよく分からなかったなぁという方も、本ページにて少しでも補えるのでしたら嬉しく思います。

  1. 今という時。AI(人工知能)時代
  2. 人類が迎えている観点の問題
  3. 人生とは尊厳そのもの
  4. 令和日本の勝負
  5. 5人組を創る

1.今という時。AI(人工知能)時代

歴史をさかのぼり、歴史を下ってみると、見える光景は随分と様変わりします。

まだ農業が始まっていない時代のとき
その時のライフスタイルと、

農業革命が起こり農業が中心の時代のとき
その時のライフスタイルと、

産業革命が起こり産業が中心の時代のとき
その時のライフスタイルと、

IT革命が起こりITが中心のとき
その時のライフスタイルと、

スマート革命が起こりスマート社会が中心のとき
その時のライフスタイルと、

AI革命が起こりAI社会が中心の今
今と今からのライフスタイルと、

それぞれを比較しますと、随分と様変わりするかと思います。

時代を変遷しても変わることのない普遍的なライフスタイルが同時に裏を走りながらも、表では時代に応じた変化するライフスタイルが同時に走っているものですから、これらを併せ持ったライフスタイルでありたいものです。

人類文化文明歴史とライフスタイルについては、別の記事にも幾つか触れておりますので、そちらも是非、ご参照くださいませ。

2.人類が迎えている観点の問題

人類歴史は500万年と言われていますが、この長い間に様々な問題が生まれました。歴史を下るにつれて解決されていった問題も数多くありましたが、不思議なことは山積していく問題も数多くあります。

問題は生まれ、
問題は残り、
問題は解決され、
また問題は生まれ、
問題は蓄積し、

問題が生まれては消えて、生まれては消えてを繰り返しながら、今では蓄積された問題が山積しています。全ての問題を解決するのは最早、不可能であろうと諦めている人も多いかと思います。

しかし、こう捉えなおしてはどうでしょうか?

根源的な問題は、一度も出会うことなく、解消されることはなかった、と。様々な問題の近くに居ながらも巧妙に隠れている根源的な問題こそ、本当に解消したい問題。

それは人類500万年もの間、ずっと生き生きしていました。そして今は、その根源的な問題が発見されています。それが観点の問題。

こちらは、別の記事にも幾つか触れておりますので、そちらも是非、ご参照くださいませ。

根源的な観点の問題を解消することで、人類文化文明歴史の水準は今までの水準と比べて飛躍的に高まります。

3.人生とは尊厳そのもの

生まれてしばらくしてから私、島崎は、思ったように行かない人生を経験します。

母親に愛して欲しいのに愛されず、友だちを作りたくても友だちができず、人を助けにいったら問題ごとに巻き込まれ、絡まれ、傷つき、軽いとはいえ後遺症をもらい、勉強しても本番に弱く、尽くしても整理解雇され、生きる意味や価値が分からなくなっていました。

生きる答えを知らないからだと思い、読書、体力づくり、人と出会い、語らい、勉強し、答えを探そうとしましたが見つかりません。

答えを探す中で、
衝撃の質問を喰らいました。

「目で見たら説明のつかないことが多くないですか?」

分かるような分からないような。

質問の答えは質問の出所にあると想い、認識技術nTechのフェスティバルに参加します。そこで独特な認識経験を得ます。それからというもの、自分のことを悩まなくなり、自分のことで苦しむことが無くなります。

別の記事をご参照ください。

nTech開発者のNoh Jesu氏が日本を誰よりも美しく語っていました。彼は韓国人でありながら、日本で24年の間ずっと、日本が世界を救済すると言い続けています。

その姿勢に感動し、また日本の仕事、自分の仕事がよく見えました。

4.令和日本の勝負

令和日本は、全体が一気に滅する共滅の危機と出会うときに、とてつもない底力が働いて、美しい協力関係、美しい団結を発揮します。

危機が深刻である程、
暗闇が深くて深い程、

日本は協力関係、団結勝負が半端なく強固になって、英雄集団日本が誕生します。

今は、人類500万年間の間で最も深刻で共滅の危機の時ですから、その事を正しく認識したら、日本は急速に底力を発揮して全ての問題を解決していきます。

AI時代に、英雄集団日本はGIで勝負します。

5.5人組を創る

人類歴者、実は観点の問題と出会うことなく時代を下ってきました。

最初は、全体主義の時代で神・王を中心とした観点1個で全てを整理する時代です。

そこにNoをして、次は個人主義の時代。一人ひとりの主義主張を大事にして∞爆発していきます。観点∞の時代。だけど、観点が皆んなバラバラなので共通土台がなく、孤独が蔓延しカオスになっています。

今からは、観点1の問題と観点∞の問題を生み出すようにさせた根源的な問題を解消して、観点0の時代が始まります。

それが令和日本の仕事。
別記事も是非、参照くださいませ。

観点から自由になり、全ての観点を補って底上げする美しい時代。全体主義の限界と個人主義の限界を超えた最小単位が、個人ではなく国家社会でもなく五人組。

この五人組が増えていくことで、英雄集団日本を創ろうとします。

以上、簡単ではありますが、Twitterからプロフィールを辿って下さった方に向けて、自己紹介とさせて頂きました。更に興味を持っていただいた方は順次、記事を投稿していきますので、引き続き、お読みくだされば幸いです。

もう少しだけ詳しく

最後まで読んで下さってありがとうございました。