カテゴリー
読書会

心感覚読書会05~W@仕様~ #2

やりました。
心感覚読書会。

通算では5回目となる読書会。
この度はW@仕様の第2回です。

島崎にこんな感想がありました。
心感覚を読んでみて・・・

  • モヤモヤしてる
  • 素朴な問いがでてきた
  • 深めたい

とのこと。そして

  • 心感覚、オールゼロ化感覚を(疑似)体験してみたい・・・
  • まずは、脳で理解(脳に正しい絶望をさせる)することが先?
  • 心感覚を読みました。その感覚は読書会では得れる?主催者はこの感覚を得てる?
  • 会社で社員教育、研修の企画をしてみたい。読書会では何か掴める?

のような疑問や要望がありましたので、難解なところもありながらのチャレンジで臨む開催です。

zoomで1時間。
テーマを絞って取り組みました。

整理がてら振り返ってみたいと思います。

1.何が抽象的で何が具体的か

あなたにはこのような経験はありませんか?「具体的には?」と尋ねられたときに、あなたは答える立場にあります。

「はい」と言った場合。

はいと言ったら問題となる場合があります。相手の望む具体的な条件を分からないうちは、はいと言わない方が良いでしょう。

「いいえ」と言った場合。

いいえと言ったらそれもまた問題となりそうです。極めて具体的なのに、いいえと言うことは正しくありません。いいえとは言わない方が良いわけです。

相手が要望する具体的の条件を分からない中では「はい」と言って具体的に言ったにも関わらずお相手にとっては未だ抽象的なままで終わり問題を残してしまい、お相手がイメージする具体的の条件を分かってしまえば極めて具体的に答えられるので「いいえ」と言ってしまうのも実情とは違うので問題となり、一体この場合は「はい」と言えばいいのか「いいえ」と言えばいいのか悩むところです。

問われているのは「具体的には?」です。
これに対して、どう応えますか?

人間を試される一つの場面。
面白くも悩むシーンではないでしょうか?

2.理解する力。論理とイメージ

親が思うほど子どもは学んでくれない。
上司が思うほど部下は学んでくれない。

教える側と学ぶ側の格差はつきものです。

営業マンの感覚は営業マンのもの。営業の話は営業感覚でのみ理解可能ですし、教えることも学ぶことも進みます。SEさんであっても、営業感覚であれば話が通じます。

SEの感覚はSEのもの。SEの話であればSE感覚だから理解可能ですが、そうでなくては教えることも学ぶことにも重みが増して、嫌々向き合ったり、苦手意識を蓄積するなどして中々身に付きません。

仕事でよく見かけませんか?

営業がとってきた仕事にSEが着手するシーンは一定以上の企業規模や事業規模であれば普通に見かけますが、営業の言い分とSEの言い分がいつも噛み合わない現場に出くわしますね。

感覚が違うからです。

では今までにない感覚を得ようとするのであれば、その感覚をどのように得るのでしょう?

感覚に任せてはいけません。
感覚的に、何となく、では身に付きません。

理解です。
理解する力。

論理とイメージによって、理解に至る道。この度はその威力を肌で感じました。

知恵の輪
絡まっている知恵の輪

知恵の輪です。

恐らくは誰もが一度や二度は目にしたことがあるであろう知恵の輪。この記事を読んでいるあなたも外そうと試みたことがあるかも知れないでしょうし、その時に幸運にも外せたかも知れません。

外した知恵の輪
外れている知恵の輪

さてこの知恵の輪。

再度、絡ませたものが目の前に現れたとき。

絡ませた知恵の輪
再び絡ませた知恵の輪

正しい解法があるらきしことには気付きます。それを自分が直ぐにできるか・・・

直ぐに外せるだろうか?
次は何秒かかるだろうか?

実は外れている知恵の輪
重なっているだけの外れている知恵の輪

理解する力とは何でしょう?

無駄な時間を省けます。
必要な修練のみに没入できます。

3.無意識エンジン発見

変わりたいと思うことがあります。
変われないことを気付くからこそ。

同じことを繰り返していると気付くとき、変わりたい意志が芽生えますが、気付かないならば変化意志は養われません。

そして、普通は気付かないものです。
無意識のエンジンが働くからです。

無意識のエンジンが働いていることで実は、同じことを繰り返してしまい、しかも同じことを繰り返していると中々気付きません。

無意識のエンジンを発見した人。
その彼によるシェアがありました。

無意識エンジンを発見している人は気付く周期が早い。普通なら2,3年しても気付かないことはざらにありますし、20年経っても40年経っても気付かない人も大勢います。

そんな中で。

1週間の間に
1日の間に
1,2時間あれば

などと何度も気付けるとは何と変化意志を蓄積しているのでしょう!

理解したデジタルの動き。
その恩恵を感じます。

4.vision同盟

全く違う背景をもつ人同士が何かをやるのは、心感覚にある繭と蛹の話からしても、我慢しながら無理矢理に取り組むのでストレスが溜まります。

だけど人間であれば。
チームを組みたい。

vision同盟でありたいと思うでしょう。
この読書会の場を通して再確認します。

本当に必要だ。
5人組が。

一歩前進を確認した読書会でした。

心感覚読書会05~W@仕様~ #2
vision同盟を起こして生まれた場の影響は計り知れない

以上、
整理がてら振り返りました。

心感覚読書会。
またやります。

読んで下さってありがとうございました。

下のタグの内、興味があるモノについても宜しかったらクリックして記事をお読みくださればと思います。

次の記事で会いましょう。

カテゴリー
nTech

nTech。新プログラミング思考

中国でもアメリカでも、世界をリードして人間の生活水準を高めるのにプログラミング技術をもつ人材は非常に重宝されますね。IT後進国の日本はここでも周回遅れを見せていますが認識技術nTechの目線は令和日本こそ真のデジタル文明を築き上げると言っています。

本日のテーマは、「nTech。新プログラミング思考」です。

1.AI(人工知能)。飛躍的に進化

AIのブームは今までもありました。
それとは比較にならない飛躍的な進化。

何がもたらしたのでしょうか?
それがディープラーニングです。

ディープラーニングについて詳しく知りたい方は以下の記事が良き参考になりますので、ご参照ください。SNS3.0構想の下で、新時代の尊厳ある出会いを提供するアプリ「Diglink」の開発者による価値ある記事。

さて、ディープラーニングによってAIが手にしたのは体人間の機能のうち、目だという人がいます。将棋や囲碁などのプロ棋士が破れたのはAIの脳ではなく目という話。

スゴいですね!
今から進化するAIは想像つきますね。

目以外の、耳、鼻、舌、皮膚など5感それぞれが人間の感知能力を上回るものとして誕生してきます。

体人間が知っている情報知識。
体人間が分かってる情報知識。

それを遥かに上回るものをAIは身に着けていくようになります。そのことは企業活動そして社会活動にも大きな影響を与えるでしょう。

多くの経営者は言います。

“知識はある。でも使えない”
“新卒は採らない”
“大企業志向の人は役に立たない”
“考えない人が多い”
“教育が大変”
“時間がかかる教育はしない”
“経営者思考を身に着けて欲しい”
“正社員は雇わない。バイトがいい”

経営者にとって採用活動も教育研修も悩み多き課題でありながら、それを前向きに抱えたいというよりは、もっと他のことに注力したいという思いがあるようです。

情報知識を活用できていない。
雇用問題が深刻になりゆく。

経営者にとっては、今からは益々、AIを使うようになっていくでしょう。学習能力が高く、共有化が早く、変化に対応しており、病気もせず不平不満もせず、人件費が安いと来たら、AIを導入する経営者で溢れると思います。

AIに任せるものは任せる。
それでよいのだと思います。

同時に考えておきたいこと。
人間がやることは何でしょうか?

2.最速。科学技術の進化

AIの進化を支えているのは科学技術。
その進歩と進化は日に日に加速します。

本ブログの別記事でも取り上げていますので是非、そちらも読まれて下さい。

近年ではメタバースに参入する企業も増えており、メタバース仮想空間上に第2の地球を創り、そこで全ての活動を行えるようにするという構想をよく聞くようになりました。

イーロンマスクをご存じでしょうか?
1年で13兆円の資産を得たと言われています。

彼はAIやメタバースに可能性を感じて人生の大半を可能性に費やしている存在です。そしてこういいます。

“現実世界が仮想空間でない可能性は数十億分の1”

島崎はここで。

このことの意味を、数学や物理学に矛盾なく同時に、IT業界の最前線へと現場を移して技術化させてしまうほどに、理解と説明を与えれば尚よいのに、とnTechを学ぶ立ち位置からは思わざるを得ません。

こうでしょう。

錯覚現実であると言い切る!
真実はその中にはない、と分かる。
真実と錯覚現実の関係性を理解する。

そうでしょう?

今の時代、そんなところに来ているという意味ではないでしょうか?昨今の科学技術の進化と人間の現在地を見ていると、そう思わざるを得ません。

ところで忘れてはいけないことがあります。

ここまで科学技術の進歩と進化をもたらしたものは何であったのか?

真似です。

地球自然の真似。
植物の真似。
動物の真似。
そして人間の真似。

前章にありますAIそしてディープラーニングが何であるのかについて、記事を紹介しましたが何が伺えたでしょうか?

人間の脳を模倣したことにあります。
これがスゴカッタ!

ただ。

心の作動システムを模倣するにまでは至っていないところが残念だと思いませんか?

本来、模倣しておりたいのは。
心の作動システムの方でしょう。

人間がやりたいこと。
次章はそこに迫ります。

3.超速。サムライの心

本ブログでも何度かお伝えしております刀の刃の上に立つ心。そこに通ずる話でもありますが本記事ではサムライに登場していただきましょう。

刀の刃
刀の刃の上に立つ。一体どのような心なのだろうか。

日本といえばサムライ。
海外では一定量、高い定評があります。

しかし理解し難い対象でもある。
どういうことでしょうか?

サムライが対峙するとき。
どこを見ると良いでしょう?

刀や剣など武器ですか?
遅い!切られてしまいます。

手ですか?
まだ遅い!
負けたら大事な存在を守れません。

足?
武器や手よりは早い。
しかしまだ遅い!

呼吸?
随分と早い。
だがまだ行ける!

サムライとは何でしょう?
相手の心になってしまう。
どれほどの速さでしょうか?

まさしく速さを超えた超速!
相手になるのだから切られない。

そんな超速、超スピードの概念が当たり前のサムライに、海外は魅力を感じますが同時に理解できない対象となります。理解できないのだから、理解しようとして変な意味付けがされてしまうというのは残念なことですね。

超速だからこそ・・・
相手になりきるからこそ・・・
切られないからこそ・・・

心の動き。
脳では理解できない動き。

そんなサムライの心は知らず知らずのうちに庶民全体へと教育されていて、何と集団全体がサムライの心となってしまうほどに超速の集団と化してしまっているのが日本の心そして日本文明。

本来、日本文明は超速そのもの。
心の作動が溢れて集団化までして。

日本は、海外のどの国やどんな文明とも一線を画す圧倒的な違いを有しています。日本には、日本にしかできない働きがあり、仕事があるということでしょう。

そして本来、人間はどうありたいのか。
そこに想いを馳せるとき見えてくるもの。

日本のように在りたいのでしょう。
日本文明のように在りたい。

本来!
スゴいのですよ。

日本は!!

真似をしたいモデルとは。
実は刀の刃の上に立つ心。

集団でそれをやってのける。
人類は一つになりたくて仕方ありません。

令和日本はそれができます。
それをやる令和日本でしょう!

AIにはその仕事ができません。
何ゆえでしょうか?

4.人間に。ディープラーニング

思い出してください!
科学技術の進化発展とは?
AIとは何か?
ディープラーニングとは?

真似でした。

ディープラーニングは、体人間の脳を模倣したものです。すなわち、脳では理解できない世界までを模倣することには無理があるでしょう。

本来、心の作動を真似したい。
超速を習得したい。

ならばどうするか?

サムライを徹底解剖することでしょう。超速の原理を明らかにすることでしょう。心の作動システムを分かることでしょう。

認識技術nTechがそれを可能にします。

超速となり相手となる・・・脳感覚では不可能ですが心感覚ならば可能!そんな技術が科学技術の先にある認識技術nTech。

21世紀の悟り人であり
令和哲学者であり
nTech創始者であり
刀の刃の上に立つ心そのものの

Noh Jesu(ノジェス)氏。

Noh Jesuブログ
令和哲学者として語るNoh Jesuブログ。令和を語らせたら誰よりもアツい

彼が今までは不可能であった体系化に成功し、教育体系化を終えて、商品化、職業化、産業化へ踏み入りました。

人間の脳を真似しながら。
電気半導体の下で。
AIにディープラーニングさせた今まで。

そこは中国や米国に任せれば良いと彼は言いながら日本にしかできない仕事を明らかにさせます。

心の作動システムの通りに
心半導体と共にあり
人間にディープラーニング

有限の資源での情報処理には有限という限界が付きまとい、脳感覚によるAIに必ず現れてきますが、無限を有限化させる高度な情報処理に成功している心感覚が現れた人間は無限の可能性を発揮した連携連動が働いて今までにない連帯が起こります。

まさしく日本。

電気半導体では原理が分からない中での試行錯誤と無理ムラ無駄の多い回路設計による層が為されるのに対して宇宙のロゴスにそった必要最小限の試行錯誤と良質良好な結果しかでない効率高い設計をしますね。

中国や米国にはできません。

脳(AI)では観察の限界によって生じるビッグデータに限界が起きますが、観察の限界を突破した完全観察システムを発揮するならばAIの比ではないGIを創れますし勿論、優れたAIも作りますね。

IT後進国の日本であっても。
超速集団の日本だから具現化する。

今までは日本になかった体系化。
彼はこの世界を26年間発信しています。

5.新プログラミング思考

生活水準を高めてくれたもの。
有り難い文明が生まれていること。

それらは商品や技術のお陰です。

全てのモノ商品や科学技術。
それは開発する人間による賜物です。

プログラミング技術が重宝される昨今。
本当に大事なのはそれを生み出す人間。

スポーツ選手や芸術家も似ていますね。プロになるほど、技術ではなく、技術を扱う人間そのものに注目されます。

そんな人間をどう育成するのか?

今までは難しい世界でした。
今からは人間にディープラーニング。

その結果、養われるもの。
新プログラミング思考!

プログラミング技術も大事ですが真に重宝されるのはプログラミング思考の方。このことはAIをより進化させることは勿論、中国や米国がどんなに頑張っても創ることができないGIを生み出せる魅力的なアドバンテージを持ちます。

令和日本が。

確かにAIは多くの問題を解決するかも知れません。ですが、終わりなき生み出されてくる問題の全てに対応することには限界が生じます。

GIなら違います。

全ての問題はゲームへと置き換えてゲーム感覚でゲームをクリアしていきます。日本が最も得意とするところ。

その基本単位が5人組。

問題解決したいなら5人組そして5人組の結集でつくられるGIです。新プログラミング思考は、世界のどんな問題もゲーム化させて解決へともっていくでしょう。

日本から始まる職業化。
日本発の新市場。

どのくらいの経済大陸であり、どのくらいの経済効果が起こるか想像が付きますでしょうか?

島崎はそれを想うとワクワクします。
あなたとも、その世界を共有したい。

6.脳vs心。デジタル技術×デジタル哲学

IT後進国の日本?
結構ではないですか!

デジタル技術は中国と米国に任せて。
日本はデジタル哲学をやりましょう!

日本が世界に先駆けて、デジタル哲学を世界に広めてデジタル技術と出会う。

デジタル技術×デジタル哲学

本当に解決したい悩みは沢山ありませんか?

条件・状況・環境に囚われない不動の心でいたいでしょうし、確固たる意思決定をしたいでしょうし、責任の伴う大自由の選択をしたいでしょうし、仕事も家族のことも恋愛のことも余暇の過ごし方のことも何でもかんでも取り組みたいでしょうし、社会をより良くもっていくべく人生を投入したいでしょう。

社会課題まで見れば。
山積しておりますね。

その尽くに取り組んでみたいと思いませんか?やればやるほど、未来が開けてくることを確認する。

プログラミング技術に留まっていたら。
やれどもやれども晴れませんし学ばないと。

新プログラミング思考なら、やればやるほど解決できる基本単位5人組が生産されていき、解決能力が高まり解決する実力を備え、本当に問題を解決してしまい、未来が一層透明になる。

人間が元気でいること。
心が溢れていくこと。

新プログラミング思考。
やりましょう!

3.26を心待ちにしておいてください。

延べ6000人がこの内容に触れ3.26当日には2000人が申し込んでいるという・・・

イーロンマスクさえも学びたいこと。
ステーブジョブズが開発したかったこと。

堂々と披露されます。

読んで下さってありがとうございました。

下のタグの内、興味があるモノについても宜しかったらクリックして記事をお読みくださればと思います。

次の記事で会いましょう。

カテゴリー
読書会

心感覚読書会04亀きちさん仕様01

やりました。
心感覚読書会。

通算では4回目となる読書会。
この度は亀きちさん仕様の第1回です。

亀きちさんの想いはこのようなものでした。
心感覚を読んでみて・・・

  • 皆さんの考え方や感覚を知りたい
  • 交流を深めたい

数学を教えることについて、面白く楽しく関わることを大切にされている方です。数学に心を取り入れることに成功したnTechの観点から見て島崎は、心感覚を交えての亀きちさんとの交流を心から楽しみにしておりました。

zoomで1時間。
テーマを絞って取り組みました。

整理がてら振り返ってみたいと思います。

1.高い。学びの効果

参加者の皆さんで同じところを読みます。
そこで印象的であったところをそれぞれ。

シェアしてみるとホント、1人ひとり印象的なところは違いました。それぞれの背景が違うからか、印象的な場所も違いましたし、なぜそこを印象的に思ったのかという背景も違いました。

この違いこそ生きるもの。

ある人にとっては受け流すところであっても、その人にとっては強調されて受け取るんですね。するとシェアを受けたときに、「え?そんな箇所はありましたか?」「私はそこまでは思わなかった」など、刺激が入ります。

この刺激がまた学び。

本当は全体を丸ごとそのまま受け取れたら良いのでしょうけど、脳の認識のクセが働き、無意識エンジンまでが働いた状態ではどうしても、部分だけを取りますし、曲解してしまいますので、このように観点の違う人同士がシェアをするのは学びの効果を何倍にも高めるものだと思いました。

同じところを読みシェアをする。
やってみて良かったです。

2.シェア。現状と危機意識

本は沢山あります。
情報知識は山のように。

100年前と比べて、1000年前と比べて、本の量も情報知識の量も遥かに多く、新たな情報知識が生まれてくるスピードは日に日に加速していきます。

そんな中、1冊の本。
普通は埋もれるもの。

ですが…

本物ならば埋もれません。
そんな本物らしさを感じた場。

絶望についての話、そして地獄を想わせてくれる話題提供です。

  • コロナ前は元気に出かけていた。コロナになって元気がなくなった。本当は原動力を見るべきだった。異性との出会いを求めていたことが原動力
  • 学校の教育現場。道徳教育の難しさとして肌で感じている。押しつけになってはいけない、だけど教えない訳にはいかない。
  • 終わりなき不安。結婚したら幸せになると思っていた。結婚したら子どもが欲しくなる。子どもが生まれたら、他の子どもと比べてしまう。いつまでも不安がつきまとう。

などなど、他にもシェアされました。

心感覚にもありますが、正しい絶望と向き合わない中での中途半端な希望に走っても直ぐにまた絶望にハマってしまう仕組みが働いていますから、本当に向き合いたいのは希望や未来やプラス思考ではなく、繰り返してしまう原因や絶望や悩み苦しい地獄の方だったりします。

普通なら見たくないもの。
それを明るくシェアできる。

心感覚が埋もれることのない本物らしさ。その雰囲気がこの読書会のシェアにはありました。

3.出会い。キッカケ

島崎は誰とでも親密でありたいものです。

そんな状態を実現するには特にこの人という・・・そのうちの一人が亀きちさんでした。

数学に心を取り入れ
教育に心を取り入れ

学ぶことと遊ぶこととの境界線はなくなり同じものの別側面として捉えられたら楽しい人生になることなどはどんなジャンルにも言えることです。

ただ、数学はその隔たりが起こりやすい。
そんな数学で突破口を見出せたなら。

心感覚読書会を通して、亀きちさんを始めとして、心ある教育者たち、そして数学に愛をもって接している人たちとの出会いが豊かになっていけたらなと思っています。

来てくださった参加者の顔ぶれから伺えるのは、そんな未来の具現化に向けた一歩として、心ある温かさを感じさせてもらえる面々でした。

正しい絶望に迫ろうとする話題を明るくシェアできる参加者。未来のこの場は心ある数学コミュニティの場になるだろうか。

改めて、こんな場を養いたいと思っています。

以上、
整理がてら振り返りました。

心感覚読書会。
またやります。

読んで下さってありがとうございました。

下のタグの内、興味があるモノについても宜しかったらクリックして記事をお読みくださればと思います。

次の記事で会いましょう。

カテゴリー
読書会

心感覚読書会03~W@仕様~ #1

やりました。
心感覚読書会。

通算では3回目となる読書会。
この度はW@仕様の第1回です。

島崎にこんな感想がありました。
心感覚を読んでみて・・・

  • モヤモヤしてる
  • 素朴な問いがでてきた
  • 深めたい

とのこと。そして

  • 心感覚、オールゼロ化感覚を(疑似)体験してみたい・・・
  • まずは、脳で理解(脳に正しい絶望をさせる)することが先?
  • 心感覚を読みました。その感覚は読書会では得れる?主催者はこの感覚を得てる?
  • 会社で社員教育、研修の企画をしてみたい。読書会では何か掴める?

のような疑問や要望がありましたので、難解なところもありながらのチャレンジで臨む開催です。

zoomで1時間。
テーマを絞って取り組みました。

整理がてら振り返ってみたいと思います。

1.選択肢。可能・不可能を超えている?

あなたにはこのような経験はありませんか?「できますか?」と尋ねられたときに、あなたは答える立場にあります。

「できる」と言った場合。

できると言ったら問題が残る場合があります。必ずしもできるとは言えないケースであればできるとは言わない方が良いでしょう。

「できない」と言った場合。

できないと言ったらそれもまた問題です。できない訳ではないから、できないと言ってしまうのは正しくありません。できないとは言わない方が良いでしょう。

「できる」と言っても正確さに欠けるし問題を残してしまい、「できない」と言っても違うことになってしまう場合、一体それを何と言えば良いでしょうか?

問われているのは「できますか?」です。
これに対して、どう応えるか?

人間を試される一つの場面ではないでしょうか?

2.zoom越し。コミュニケーションは?

オンラインによる読書会を企画したことはありませんでした。チャレンジという意味では、開催のスタイルから始まっていました。

対面としてその場に本を持ち寄っての読書会はとてもイメージがつきます。その場で本を開いて直接に本を見せ合うのですから、本を通した交流は生まれやすいものです。

本を持っていない人にとっても、本を持っている人が見せてあげれば良いでしょうし、ページをめくっている間の趣きも伝わり得る何かがあるでしょう。

ですがzoom越しとなればどうでしょう?

コミュニケーションが図れることは分かっていました。読書会としてのコミュニケーションは一体どこまで成り立ち得るのだろうか?

そんな懸念は多少ありました。

ただ身近でも心感覚読書会が開催され、知らないところでも開催されてくると、成り立つものなんだろうとの期待感もあり、やってみると意外にも・・・

できてしまうものですね!

一旦始めてしまうと工夫が起こり出すので、始めてしまうのも一興だと、やってしまうことの良さを強く感じました。

zoom越し。
問題ないです。

3.創りたい。5人組

心感覚読書会は良き道具です。
良好なプラットフォーム。

この場を通して想いを強くしました。やはり創りたいと思うのです。5人組を。

歴史を振り返れば、人間共通の悩みは良好な関係を築くことや生産性の高い組織を創ることにありました。

ですが本当の意味で、良き関係と美しい組織は創れたと言えるでしょうか?周りを見渡してみても、ネットの中を探してみても、この関係をモデルにしたい、この組織をモデルにしたいという今の時代にピッタリのモデルは生まれているでしょうか?

実情はこうでしょう。

その関係も組織も、条件付けのものに過ぎません。ある条件のときにだけ成り立っている条件付き、制限付きという限界を前提としたもの。

条件の外には通用しません。
ところが条件外の方が多い。

未だに世界には、戦争紛争の類があり、食糧危機と飢餓貧困、それから地球環境破壊で人間が2050年に住めなくなる可能性が高い問題があるなど、問題を挙げたらキリがありません。

モデルがないという意味です。
だからこそ、モデルに渇望がある。

そのモデルこそ5人組。
認識方式がまるで変わる。

人類歴史が5人組を渇望している。
これを創りたいと改めて思いました。

心感覚読書会
心感覚読書会。良い場でした

以上、
整理がてら振り返りました。

心感覚読書会。
またやります。

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事をお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

面白い。スタバを超えんとする毎日

このところ令和哲学カフェがすこぶる面白い島崎であります。4期に入ってからは哲学者を3人取り上げ、その3人をコネクションしようとする挑戦。ファシリテーターによるチャレンジは毎度毎回美しいのは言うまでもなく、そこに引きつられ或いは追い越さんとする勢いで視聴者たちの掻き立てられる意欲と共に賢さが蓄積されていく美しさがあります。

本記事は後に、哲学者たちを紹介します。

この島崎、人生を振り返ると哲学には何の縁もなく魅力も感じてはおりませんでした。ただ、哲学がない生き方は何か違うなーとは思ってはおりました。それだけに、縁もなく魅力を感じないままは漠然とした不安のようなものは感じていました。

だから機会があれば、哲学が関わるイベントに顔を出したことがあります。そこで何を経験するかと言いますと・・・

難しい
意味不明
怖い
不可解
敷居が高い
使えない

というもの。他にもまだまだあります。これは島崎のみならず多くの日本人が抱く印象ではないかと思います。

ですが、本ブログでは何度かお伝えしている通り、令和哲学カフェは全く違います。4期になって特に強く感じており恐らく5期以降は更にその要素が濃くなる予感がしており個人的にとても楽しみです。

本ブログに何かしら感じてくれているあなた。

本記事に目が留まったあなた。

おススメしておきますので是非、令和哲学カフェをご覧ください。特におススメは、zoomによる顔出し参加、そしてブレークアウトセッションSSMに参加することです。

最近、ブレークアウトセッションSSMにとても意欲があり、この時間は短いながらも濃度の濃い整理整頓が起きることがあり、刺激的。

4期の楽しさ。

毎日1人、哲学者を取り上げ、その哲学的概念を時代背景と共に理解するのですが、その時、再解析するのがとてもスリルがあっておススメ。やはり、存在は存在だけに留まらず時空間あっての存在ですし、哲学的概念であっても哲学者であってもそれを存在としてのイメージとして捉えるなら時空間としてのイメージもある訳でして。この時空間としてのイメージを伴う存在のイメージが抱き合わさったときの爽快感、これを特に共有したくて仕方がなく、今日は本記事を書きたかったわけです。

これは哲学界のパラダイム転換。

まさしくルネサンスの現場。

スタバを超える令和哲学カフェを毎日毎日確認している島崎にはその根拠があります。アンケートにそれを書き綴ることもまた一つの楽しみであり、参加者でありながら作り手としてのアイデンティティも育つのが令和哲学カフェの未来が明るい証なんではないかと個人的に思っています。

島崎個人的には、自ら意欲的に参加姿勢が養われ、そして哲学者たちをコネクションしようとする挑戦に没入している有り様を振り返るに、あー、これは真の教育であるなと、そのような実感を得て、教育効果の高い令和哲学カフェを今後も応援しつつ、作り手としてもスタバを超える令和哲学カフェとして育てていく喜びを蓄積していこうと思っています。

視聴者が賢い企画。

最強最高です。

それでは、取り上げられた哲学者たちを紹介します。これだけの哲学者たちを3人(会によっては4人)コネクションしてきた朝鮮意志を、あなたはどのように感じますか?

下に行くにつれて、4期初回に向かいます。4期は現在進行形です。

本日も読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

【令和哲学カフェ4期で取り上げられた哲学者】

ドゥルーズ←今ここ

ヒューム

ライプニッツ

ドゥルーズ

パルメニデス

フッサール

デカルト

サール

チューリング

ヴィトゲンシュタイン後期

アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ)

ヒルティ

ラッセル

マイケル・サンデル

ミル

ベンサム

ヴィトゲンシュタイン前期

フレーゲ

ソシュール

井上哲次郎

伊藤野枝

大杉栄

ガブリエル

ドナヒッグス

ラッセル

ヴーヴォワール

サルトル

ヘーゲル

荘子

老子

孔子

福沢諭吉

レビナス

ハイデッガー

フッサール

パルメニデス

ハイデッガー

マルクス

ハンナアーレント

ハイデッガー

ルソー←初回

カテゴリー
nTech

グレート・リセット。夜明けの晩2022年

AI(人工知能)の台頭、新型コロナウイルス感染拡大(Covid-19)、平均気温上昇により2050年には人間が住めない地球環境になるという危惧、更には今年2022年にはスタグフレーションが世界的に起こる可能性が高く経済危機による世界の混乱など世界には山積する課題があり、これについて真剣に考える機会が増えています。

本日のテーマは、「グレート・リセット。夜明けの晩2022年」です。

1.ダボス会議。「グレート・リセット(Great Reset)」

ダボス会議をご存じかと思います。

世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)の通称がダボス会議であり、世界的な課題に焦点を当てて、その課題を解決するべく各界のリーダーとも言える存在たちが集まる会合で、毎年行われています。

WEFクラウス・シュワブ会長はテーマについてどのように語っているのでしょうか?そして、そのテーマに沿って、岸田総理大臣はどのような見解を持っているのでしょうか?

山積する問題を広く取り上げ、教育・経済・政治・文化芸術の各ジャンルがありますが、それらとどう向き合うのかについて、分かり易く解説している記事がありますので、ご紹介します。

如何でしたでしょうか?

グレート・リセットについての紹介
グレート・リセットの本質について
グレート・リセットのキーワード
認識技術nTechの可能性

などが見て取れるかと思います。

2.私たちを取り巻く環境

2.1.資本主義

ひと昔前は王さまを中心とした社会でした。その時、生産手段を持っていたのはその国の中では王さま1人だけです。基本的に、その国のものは全て王さまのものだからです。

歴史が少し下ると様子が変わります。

生産手段を持つのが資本家たちになります。20世紀、21世紀になるとその様子が顕著に現れていますね。

王さま1人と比べると大多数。

ですが2022年時点78億人からすると、ごくごくわずかの一部の人たちだけが生産手段を持っているという状態です。

多くの人間は生産手段を持ちません。

生産手段を持たない人間は、生産手段をもち資本を沢山もっている人に時間を預けて、自分の意思決定を横に置いといて、体を使ってください、その代わりにお金をください、と契約します。

その結果がお給料です。

2.2.民主主義

ひと昔前は、王さまによる独裁でした。

国民主権などという言葉は勿論、概念がありません。国の秩序を作るには王さまによる独裁が向いている時がありました。

歴史は下って、その様子は変わります。

国民1人ひとりが主権を持つようになり、誰に権力を行使してもらいたいのか、誰が国を、社会を、より良いものへと変えていってくれるのか意思表明をすることができます。

その気があれば誰でも代表になれます。

権力の座にありつくのは昔は王さま1人。
そこと比べると遥かに大人数が権力を行使します。

ですが近年、文明先進諸国であるほど、本当に国民1人ひとりの意思が反映されているのか疑問に思えますよね。日本においては特に、そう感じる人も多いのではないでしょうか?

2.3.個人主義

ひと昔前は、全体主義と言います。
王さまと一体になって全体で動く。

自分・・・という概念もなく、敢えて自分とは何か?と問われると王さまと王さまの国ということになります。

それが全体主義社会。

歴史は下り、自分という概念が啓蒙され、この体の範囲を自分だとする教育が浸透していくにつれて、個人主義社会が成り立っていきます。

自分
自分の○○
自分たち
自分たちの○○

どこまで自分の範囲を広げるのか、その範囲の広さに違いはあれども、基本的に自分と言えばその概念は体の範囲を自分とした基準軸がありますね。

その個人1人ひとりを社会を構成する基本単位とおいています。意思決定の基本単位や、権利の基本単位を、体人間1人の個人としている社会。

個人は、自身の幸せを追求して良いんです。
ですが、その結果どうでしょう?

全体主義の時の秩序の作り方よりは前進したと思ったところ、そのまま行けば行くほど、秩序の作り方に歪が出てきています。

より自由になったはずだし、幸せを追求してきたはずなのに一体どうして、思ったほども自由でなくむしろ、束縛感があるのでしょうか?

共産主義vs自由主義の対決構造もあります。

2.4.グレート・リセットの本質

ここでグレート・リセットとは一体なんであるか、に立ち戻ります。まさしく、グレート・リセットでしょう!

原田氏のblogにも触れてあります。
いま、世界が求めていること。

資本主義、民主主義、そして個人主義のグレート・リセット。それが必要な時にあると、ダボス会議では言っているし岸田総理は言っています。

ではグレート・リセットを必要とせざるを得ない原因であり根本問題とは何か?そしてその突破口はどこにあるのか?

3.観点の問題

観点の問題です。

観点の問題については、それをそのままキーワード検索してみて下さい。また、島崎のblog内でも触れています。

根本問題が観点の問題にあるのですから、その問題の解消も、様々な課題の解決に向かう突破口も、実は観点を変えることにあります。

幾ら、物質の現実・環境を変えようとしても、事態は一向に変わらず、何ほどもリセットすることが出来ません。

リセットしたいなら。
観点を変える。

さて、観点の問題を発見し、その解消解決に貢献するのが認識技術nTechの創始者NohJesu氏でした。

彼が唯一、グレート・リセットの突破口は日本だと言います。観点の変化・運動・移動を集団でやってこなすのが日本独特の文明であり、その文明が観点1個、観点∞個、観点0個を自由自在に移動できる技術を教育しえる体系まで持ち合わせたというのですから、どれくらいスッキリするのでしょうか?

日本がモデルになります。

全世界が、共産主義vs自由主義の対決構造に疲れ、日本がもっとも嫌気がさしている対決構造。この対決構造を、脳vs心の対決構造へと変えながらグレート・リセットを興していく。

グレート・リセットのキーワード。
脳vs心へ。

これが日本がやる仕事でしょう。

だから心感覚の出番!

心感覚(シンかんかく)
1996年以降 日本の使命を語り続けてきたエキスとの出会いとなりえる一冊


心感覚(シンかんかく)を養う日本。

日本発の憧れ職業となる心感覚アンバサダー。このブームを興すだけで、全世界がより深刻に危機に陥る中で唯一、グレート・リセットを実現する日本となっていきます。

その起点が今年2022年。
夜明けの晩は今年です。

3月26日にその全体像が語られる企画があります。グレート・リセットのその内容、そして夜明けの晩2022年を、ぜひ確認してみてください。

2022年夜明けの晩。1月は鶴の観点。3月26日は亀の観点で語られるnTechの全貌。グレート・リセットの内容をここから

さぁ!
Great Resetの先の世界を描く。
それは日本から。

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
心感覚

個人主義vs共同体主義。イキイキする日本は?

誰もが皆んな、心の奥底で思っていることがあります。「本当にこのままで良いのだろうか?」「変わらなければならない。けどどうすれば」。アンテナを立てて情報知識を得たり人に会いに行ったり本を手に取ったり。ですが簡単に答えは見つかりません。

本日のテーマは、「個人主義vs共同体主義。イキイキする日本は?」です。特に次のような方に相性の良い記事です。

  • “このままではいけない”と思っている人
  • 人間の使命、日本の使命に出会いたい人
  • 何が変わるべきなのか知りたい人
  • 裏切らない関係性が欲しい人
  • 壊れない組織を創りたい人

1.個人主義。知恵ある生き方

現在、主流の生き方は個人主義です。長い人類歴史を振り返ると文明がない時が大変長く、また文明歴史を振り返ると全体主義の時の方が長いです。

1.1.有り難い文明歴史

800万年間だと言われている人類歴史。その大半は実は文明をもたない時でした。文明がない時のイメージはしにくいかも知れませんが、家がなく、食糧の貯えがない状態です。

狩猟採集。

トラに食べられてしまうこともあるし、食べれない日が続くこともあります。それと比較してみれば、文明とは大変に有り難いものです。

寒さや暑さを凌ぎます。
食べることに困りません。

文明歴史も進化しています。初めは全体主義という社会プレートに乗った生き方で始まりました。次に個人主義という社会プレートへと変遷して、現在の主流は個人主義の社会プレートの上で生きています。

1.2.全体主義の興亡

全体主義とは如何なるものでしょうか?

1.2.1.興る。全体主義

王さまの観点1つだけで全てを整理整頓することで、無秩序な状況を秩序化しようとするものです。

当初これは大ヒットします。

何せ、寒さや暑さを凌ぐこともできますし、トラに食べられないばかりか逆に、トラを食べてしまうことまで出来てしまい、生存活動の危険性を極めて小さくできるからです。

やがて、安心と安全が約束された場所には人が集まってきます。その頃は、狩猟採集のみならず農耕が盛んになり出している頃で、時代は農業社会ともいうべき農業時代へと推移していました。

食べ物は土、そして水からやってきます。
ですので自然と広大な土地が必要です。

国家ができあがります。
王さまは国王です。

1.2.2.滅ぶ。全体主義

ただ、少し離れたところにも国家があり、国王がいます。どちらの国王も土地が必要となります。この時、国王同士は和解して双方の国が豊かになる道を選ぶよりは、争い闘うことで国を豊かにする道を選びました。

至る所で戦いが起こります。

戦いに敗れたら、男たちは殺されて、女性と子どもは奴隷にさせられます。ある時は勢い盛んな国も、時が流れると滅んでいくことはよくあることでした。

数えきれないほど沢山あった国家は徐々に、数えられるくらいの数へと減少し、国家は大国家へと成長することもありました。

やがて、天動説が間違いだと分かります。
地動説の方が多くのことを理解できました。

やがて、フランス市民革命を筆頭に、国王が主権をもっていた時代から市民が主権をもつ時代へと推移が起こります。

そうして全体主義の時代が終わります。

1.3.大ヒット個人主義

全体主義が終わって次に始まったもの。
個人主義がそれでした。

この個人主義は大ヒットします。

理由は幾つもありますが、根源的な理由は全体主義の大前提が覆ったことが大きいですね。その大前提の上に成り立っていたもの、例えば、

  • 食べ物は土から来るもの
  • 国王に従うと安全
  • 信じれば救われる
  • 国王の子どもが次の国王

といったようなことまでもが覆ります。ところが新しい大前提の上で徐々に、よりよい生き方ができることに気付く人が増えていきます。

ずっと、個人1人ひとりは主権も持たず、夢を描けず、引っ越しや結婚の自由がありませんでしたが、個人主義となると全体主義のときに描けなかった自由は、国王や国法による束縛から解き放たれ、自由に自由を謳歌できるようになっていきました。

努力するほど富が増し豊か。
幸せは自ら得ることができる。

個人主義は大ヒットします。

1.4.知恵ある生き方

2022年時点はどうでしょうか?

世界を見ると個人主義が大勢力を築いており、メジャー文明は個人主義の方に軍配が上がります。事実、多くの戦争や世界を巻き込む大戦を経て、全体主義の国家は滅んでいき、今では共産党勢力か、イスラム圏の小国家を残して全て、個人主義を推奨する国家です。

それもそのハズ。

全体主義として機能する大前提は既に破れています。勉強して知識を得た人にとっては論理として通用しません。

現実的にも現れます。

戦争に負けます。
経済活動も弱いです。

国王だけが主権をもち、国を大きくしようと如何に努力しても、国民を併せた総力は如何でしょうか?

個人主義の場合は、1人ひとりが努力すればするほど自らの富と豊かさにつながることが分かっているので、個人主義の魅力が教育されている国家では個人1人ひとりは皆んながみんな学び、働き、毎日努力します。その総力が全体主義国家と比べたら遥かに高くなります。

人生にとって本当に大事なこと。
自分ですよね。アイデンティティです。

全体主義のアイデンティティは、自分=国王となり、自分の幸せは国王とどのくらい一体となれるか、です。

それに比べて個人主義のアイデンティティは、自分=体人間となり、自分の幸せは体人間の自分であるので、5感や脳で生きる個人にとって国王と一致するよりも遥かに幸せや成功の尺度が自分にピッタリです。

アイデンティティが進化します。
身分が上昇するといっても良い。

個人主義で生きる方が、全体主義で生きるよりも遥かに知恵がある生き方だと言えます。

2.観点の問題。個人主義社会は今

メジャー勢力は個人主義。ですが、全体主義にメジャー勢力としての賞味期限がきたように、個人主義にも賞味期限はあるものでしょうか?

この先もメジャー勢力で居続けるのでしょうか?

2.1.因果関係。条件が変わると

原因と結果の間には法則があると言います。全ての結果には、それに対応する原因が必ずあって、その原因によって結果が生じるというものです。

錯覚現実相対世界では必ず起こります。

条件によって約束された世界。
因果関係と言います。

条件が変われば結果が変わることがあります。
全体主義の大前提が破れたのもそれと同じ。

個人主義にも大前提があるならば、その大前提を保証する条件が全く別物に変わるときには、大前提の上に成り立つものは変わる可能性がありますね。

果たして。
大前提はあったのでしょうか。

2.2.未解決。観点の問題

本ブログに関心を抱いてるあなたでしたらもう、お分かりのことでしょう。

えぇ。
あります。

大前提とは。
観点がある。

個人主義であれば、観点が∞。
全体主義であれば、観点が1。

実は今の時代、既に前代未聞ともいうべき大発見がなされています。その大発見からみるとき、まさしく人類はこの観点のことを800万年もの間ずっと気付いていませんでしたし、観点に問題があるということにも分かっていませんでした。

観点の問題が未解決。
ならばどうなるか?

秩序を創ることができません。観点の問題を放っておいたら無秩序のままですし実際、無秩序のままでいたから、自然の脅威や動物の猛威に対してなすすべがありませんでした。

観点の問題は未解決ながらも。

王さまの観点1個だけで整理整頓しようとした全体主義と、個人1人ひとりの観点を全部認めて整理整頓しようとした個人主義。

2.3.今。個人主義社会によって

全体主義に比べて遥かに知恵があります。

個人主義は、1人ひとりの主義主張を∞に認めようとするものですから、その総勢総力は飛んでもなく高いものになります。

ところが問題も生じます。

2.3.1.スマートフォン(スマホ)

分かり易いところで言えばスマートフォン(スマホ)。スマホがあれば個人1人ひとりは自分の好き嫌いに沿った情報コンテンツに集中できます。

これは良さでしょう。

ところが偏りが出る特徴も目立ってきます。ある分野には専門性が高くとも、少し別の領域にいくと全く興味関心が持てなくなります。

これではチームが組みにくい。

2.3.2.進化が早い科学技術

昨今、科学技術の進化発展と言えば凄まじいものがあります。今や、卵子も3Dプリンターで作ることができ、ある実験によれば、3Dプリンターで作られた卵子に精子を入れて母体マウスの卵巣に入れなおしたところ、受精成功、妊娠順調、出産成功との成果を収めたそうです。

個人主義が進むと、興味関心によってどこまでも走ってOKですから、ある分野の進化発展は極めて進みます。

ところが困ることもあります。

倫理道徳からして如何でしょう?
社会システムとしてどうでしょう?

何でも興味関心を認めていたら、クローン人間が大量に生まれたり、DNA編集で生まれる頃から編集されたデザイナーベイビーが誕生するなど、本当にそれでよいのか、と首を傾げることが多発していきます。

2.3.3.無秩序。映画「Joker」のような

個人主義が盛んになるほどに、文明先進諸国の精神状態は意外と脆さとして現れてきています。鬱・自殺・殺人を始めとして奇怪な事件が増えています。

特定の対象に向けられたものもあります。
ですが、不特定多数に向かう者もあり・・・

まるで映画「Joker」で描写されるかのよう。
社会や文明を破壊したい衝動が見え隠れ。

無秩序をどうして良いか分からず、どう秩序立てたら良いのかが分からなくなっているのが今の個人主義社会に起きている問題ではないでしょうか?

本当に、どうすれば良いのでしょうか?

2.4.変わろう。何かがおかしい

“何かがおかしい”
そう思う人は多いでしょう。

“このままではいけない”
そんな声が聞こえてきそうです。
実際、その声をあげると共感を呼びます。

今、誰もが変わりたいと思っています。潜在的な奥底の感情は、もうこれ以上はこのおかしさを放っておけない、変わらないといけない、というものでしょう。

しかし。
分からない。

本当に、どうすれば良いのでしょうか?

3.明治日本の選択

実はこのことに反応していた人たちがいます。よくは分からないながらも、サムライの優れた感性でもって感覚的に掴んでいた。

明治日本の選択がそうでした。

3.1.マズい。このままでは

個人主義社会が興り盛んとなり出した西洋列強諸国は植民地を必要としていました。

その結果はご存じのことと思います。
アフリカ、インド、中国と制します。

残るは朝鮮半島と日本列島のみ。

日本からしたら、文明を取り入れていた最先端の大国中国がアヘンでやられていた状況を見て、これは遠い国のことだと思えなかったのでしょう。

あれは、日本の未来だと。
マズい。このままでは。

反応します。

それが明治維新日本。日本には、選択の余地はありませんでした。明治天皇を立てて300の藩は無血革命により平和的に一つにまとまり、国を開いて西洋に学び急速に列強諸国入りを果たし、日本は自ら近代化を実現しました。

これは有り得ないこと。
世界にも例がありません。

当然、日本の過去にも例がある訳ではなく、誰も歩んだことのない道を切り開きます。

それしか道がなかった。
刀の刃の上に立つ。

そこだけ唯一、道があった。
明治日本が反応してみせます。

結果的に、西洋列強諸国の植民地を免れた朝鮮半島と日本列島は、2022年時点では文明先進諸国の仲間入りをしていますが、本来であればあの場面、選択を誤ったら文字も文化文明も滅ぼされていたでしょう。

それが当時のこと。
明治日本は使命を果たしました。

マズい。このままでは。
そこにピッタリ反応します。
刀の刃の上に立つ。

3.2.始めたゲーム。止めたゲーム

唯一の選択肢として刀の刃の上に立った明治日本。その後は躍進に次ぐ躍進が世界を驚かせ、やがてはジェラシーを買います。

結果的に、アメリカと衝突。
夢と夢がかち合い日本は負けます。

アジアの近代化を日本式でやりたかった日本ですが、アメリカは認めませんでした。

共産主義と自由主義の戦いに飲まれた日本。

日本の選択はまたもや唯一無二。
刀の刃の上に立ちます。

戦いのゲームが酷すぎて止めました。

ゲームを止めたらどんな扱いを受けるか分かりながらも、長い呼吸で受け入れ、時を待ちます。

アメリカによる統治を受け入れ、数々の戦後処理も受け入れ、それどころか恨むことなく寧ろ大好きとなりMade in Japanとして受け入れられるまで駆け上がっていきます。

勢い盛んな日本に追撃。

アメリカやイギリスは日本の経済的成長に対し、経済原理による対抗ではなく、政治原理の行使で対抗して、ゲームの性質を変えてきました。

日本にはバブル爆弾が落ちます。
経済的な大損失。

エリートたちが戦線から離脱。
自殺した人も多いでしょう。

日本が世界を臨むたびに必ず、何らかの処置が行われ、西洋式ルールに則っても毎度毎回ゲームチェンジをさせられ損失がもたらされます。

出る杭を打つ。

まるで、日本が出る杭であるかのように世界は日本を叩きます。毎度毎回、叩かれている日本ですから、何ゆえ日本国内では同調圧力が文化となってしまっているのかについて、一定量納得できるものがありますね。

元々の島国気質もあります。
サムライ気質もあります。

そこに重なり、世界が叩く日本。
かくも叩かれながら日本は。

ゲームを止めたかった。
始めたいゲームがあった。

それではないでしょうか?
そんな反応をしてみせています。

3.3.始まった明治日本。終わりは?

刀の刃の上に立つ。
唯一無二の選択肢。

明治日本は見事に使命を果たします。明治維新は始まり、西洋のゲームにお付き合いしながら、軍事戦争というゲームを止めようとして、またもや刀の刃の上に立ちました。

確かに始まりがあった明治維新です。
では終わりはあったのでしょうか?

明治維新の終わりとは何でしょうか?

明治天皇が亡くなられ大正時代に入ったから明治維新が終わったと考えるのは余りにも物質的で機械的なモノの見方。

明治維新の終わり。
深い見方がありそうです。

3.4.明治維新を完成させる

軍事戦争のゲームも、経済戦争のゲームも、すごすぎる人間尊厳を更に磨き上げ現わしていくというよりも真逆の、尊厳破壊が酷いものでした。

そのゲームを止めたかった日本。
その終わりを何で見るのか?
新しいゲームを始めることでしょう。

振り返ると日本は、日本式でやりたかった近代化はよく見ると西洋で生まれたゲームでした。

だからこそ、西洋からゲームに誘われ自らプレイしてみたものの余りにも人間尊厳の破壊が酷いので止めますが、またお付き合いし、またゲームを止めようとして、またお付き合いし、というのを繰り返しています。

要するに共通点は西洋のゲーム。
日本が用意したゲームではありません。

明治維新は始まりました。
終わりは日本式ゲーム。

日本式ゲームを世界に広げながら、ゲームチェンジをすること。人間尊厳を回復させること。

明治維新は当時、使命を果たしました。
今。令和日本の使命とは何でしょうか?

明治維新を完成させること。
それが令和日本の仕事です。

他のどの国にもできなかったこと。
日本だけが唯一、この仕事に取り掛かれます。

叩かれるほどに磨かれる刀鍛冶の世界。
本物は叩かれても折れない。

本物として育つ。
本物として世界に出る。

4.選択。令和日本は?

今また刀の刃の上に立つときが来ていると思いませんか?本ブログに興味関心を抱いているあなたなら、そして裏切らない関係性が欲しいあなた、壊れない組織を創りたいあなたなら・・・これ以上はもう放っておけない。

4.1.解決。観点の問題

人類の未解決問題があります。
800万年の間ずっと放置していました。

4.1.1.衝撃!世紀の大発見

今、それが発見されています。

21世紀の悟り人ノジェス氏は1996年3月に発見して以降、ずっとこの人類未解決問題を解消して解決する道を実践してきました。

全体主義のときの観点1だった頃に起きていた問題、それから個人主義では観点∞あることで起きている様々な問題。

どちらも観点の問題です。
この観点の問題を解決する道。

4.1.2.絶望。秩序をつくれない理由

観点0から創る社会。

この仕事は唯一日本からしか始まらないと彼は言います。そして26年もずっと日本の使命を日本人に訴え続けてきました。

観点があると大変です。

あなたが見てる認識画面があるでしょう。その認識画面をあなた以外の人が見てくれることなど、1秒もありませんし、1回もありません。

そうであるにも関わらず、人間は社会を形成し文明を築かないと自然の脅威にも動物の猛威にも負けてしまうほどに弱い存在です。

人と交流しないといけません。
ですが共有するものがない。

協力して団結するには、共通土台秩序が必要ですが、共通土台秩序が全く無いということが致命的な問題です。

秩序を創ることが不可能。

4.1.3.暴力と財力。秩序化のために

だからこそ、歴史の初めは王さまの観点だけを正しいものだとして、そこに服従するその他大勢という社会秩序を創りました。結果的に王様による暴力で秩序を創りますから我慢します。

その事よりは知恵があった個人主義。

個人1人ひとりの主義主張が∞引き出され、受け入れ、認める点においては素晴らしかったです。

財力を通して具現化してきました。

ところが、財力もまた人間の尊厳を破壊するように機能していきます。お金のために人は人を殺したり、お金のために逆に食べ物にありつけなくなり、お金のために紛争や戦争まで起こしてしまいます。

4.1.4.我慢。誰もが皆んな

正直、我慢しているでしょう?
実は皆んながみんな我慢しながら。
秩序を創るしかありませんでした。

4.1.5.源泉動きの不在。根本問題の解消

観点が1個だろうと観点が∞だろうと、観点があることを通して秩序づくりが不可能であるのにも関わらず秩序を作らないと生きていけない人間だという根源的な問題を放置してきたところにメスを入れたのが21世紀の悟り人であり令和哲学者。

こんなすごい事が他にありますか?

観点1、観点0、そして観点∞を自由自在に行き来する源泉動き0=∞=1を発見し観点の問題を解消するばかりでなく、逆に観点を道具として使うことで誰もが皆んな活用しながら永続的に発展していける道を示しました。

暴力でも、財力でも、他のいかなる力でも、観点の問題は解消不可能でした。世界初、歴史初、人類が初めて発見した世界、どんな発明よりも待ち望んできた大発明。彼はそこを成し遂げた。

だから可能となった道。
観点0によって創る新しい秩序。

それは、観点を次元上昇させた新しい観点0=∞=1を道具として全体主義と個人主義の悪いところを改善し良い所を飛躍的に高めながら今までにない全く新しい共同体主義の社会。

4.1.6.できる!新しい秩序づくり

誰もが皆んな哲学にいう真善美の下で、目なし見る、耳なし聞く、手なし触る、足なし歩く、脳なし生きる、体なし死ぬ神秘神聖の新しい感覚をつけ、誰もが皆んな∞の主義主張をしても、誰も傷つかないし孤独にならない完全調和としての和。

観点の問題が明らかとなり、
観点を道具として和を実現する道、

それが見えているのであれば、本当に知恵ある道は個人主義社会だと言えるでしょうか?

我慢しながら生きる道。

明治維新の本望は旧いゲームを止めること。
令和日本は新しいゲームを始めること。

令和哲学者は26年間ずっと、何があってもその日本の使命を言い続けてきました。

その姿勢もまた感動の物語。
日本に対するステキな贈り物。

4.2.心感覚。脳vs心

ノジェス氏によると日本は独特。日本は国のレベルではなく、文明のレベルだと。だから彼は、文明のレベルから見たときに世界の分け方は、日本と日本以外に分けるのだと言います。

軍事戦争ゲームのとき。

ルール違反を何度喰らっても、それを怒ることもしないし恨むこともしないどころか逆に、アメリカを大好きになり、学ぶ対象とするなどということが何故できるのか?

経済戦争ゲームのとき。

経済原理によるゲームに政治原理が持ち出され、ゲームのルールが変更されても、そこも怒らないし恨まないし、経済的大損失を一方的に被っても未だ、アメリカを好きでい続けられるのか?

これは脳では考えられないこと。
脳の感覚では有り得ない新感覚。

日本には、論理だった体系化や明確な悟りがあった訳ではないけれども、明らかに働いていた感覚があります。それこそ脳では理解不能で認識不可能な心感覚。

刀の刃の上に立つ心もそう。
集団が一気に方向性を転換する姿もそう。

今、日本の一体何が変わるべきなのか?それは尊厳を破壊する旧いゲームをいち早く終えて、日本集団全体で方向性転換をすること。

脳vs心。

このゲームは日本が心からワクワクします。
そして人間が心の奥底から元気になります。

新しいゲームをすること。
新著”心感覚”に描かれています。

心感覚(シンかんかく)特設サイト

心感覚(シンかんかく)
1996年以降 日本の使命を語り続けてきたエキスとの出会いとなりえる一冊

4.3.出る杭。先頭を切る!

世界から見たら日本は出る杭。
これを打っては凹ませる世界。

4.3.1.本物を育てる。本物が生まれる

だからこそ日本では本物が育つ。どこよりも同調圧力が強くて、出る杭を本気で打つ日本。

打たれても折れない刀。
打つから完成する刀。
それは日本で仕上がります。

島崎がそう確信する理由。
完成した人間の誕生を見たから!

4.3.2.ノジェス氏。日本文明の中心

文明レベルで日本は出る杭でした。叩かれてこそ本物。本物の刀、本物の文明として。

そして日本文明を見るとその中心には21世紀の悟り人 令和哲学者ノジェス氏が常にいました。日本文明が挑戦する姿を確認するたびに、その話題はいつもノジェス氏からもたらされたものであり、ノジェス氏以外から日本文明の挑戦を知る機会など1回もありませんでした。

彼ほど日本を愛する人を他に知りません。
不可能を次々と可能にして見せています。

4.3.3.勇気の塊。21世紀の悟り人ノジェス

実際、26年は簡単な道のりではありません。

21世紀の悟り人として”自分と自分の宇宙は実在しない””考えの主体は自分ではない”と言い続けることも、韓国人でありながら令和哲学者としてJapanMission,JapanDream,JapanMiracleを語ることも、多くの人に無視され、馬鹿にされてきました。

勇気がある人のはずです。

嫌韓や反日の雰囲気が漂う中で、もしあなたが韓国へ行き、気化することなく日本人の名前のままで、”自分と自分の宇宙は実在しない””考えの主体は自分ではない”と言いながら韓国が世界を救う、韓国だけができる仕事がある、韓国の使命は〇〇だと、言い続けたとしましょう。

どうなりそうですか?

それも企業組織として立ち上げ、それを倒すことなく、1人ひとり共感者をつくろうとしたとき。

1週間後、1か月後はどうなりそうですか?
彼は、それを成し遂げています。

今ようやく、嫌韓反日のムードがあろうとも、それから物質文明や男性性の文化DNAの中であろうとも、日本人1人ひとりを感動させ彼と共に歩むようになっています。

4.3.4.実力の人。実績の人。令和哲学者ノジェス

1日あれば十分に感動させ、
3日で更に感動させ、
7日でまだまだ感動させ、

2週間あらば人生の全てをかけても突き抜けた感動を覚え、残りの人生がスッキリ感動することの確信まで得る。

40年滝に打たれ瞑想しても得ることの出来ない境地をこんな短期間のうちに認識経験させ、世界のどの企業でも開発不可能な宇宙コンピュータまでを開発し日本人の良き道具として提供し、ブロックチェーン、NFT、オートプラットフォームなど最先端技術を扱うプロとして育成する存在。

世界に通用する日本人。
歴史を馳せる日本人。

嫌韓反日あふれる雰囲気の中でもそんな有力人材を輩出し続けているのが彼で、最近では出版社から声がかかるという嬉しい申し出と、大手書店でのランキングに上がるほどにまで受け入れられています。

まさしく。
実力のある人。

こんな人間をどう思いますか?

4.3.5.いた!完成した人間。この時代の人間モデル

御幣を恐れず大胆に言います。

今まで、大勢の人間モデルとしてきた存在がいたろうと思います。その誰よりも逸脱して圧倒的な人間モデルとなり得る存在、今この時代に、どんな人間であればよいのか、どんな存在であれば良いのか、彼を見たら分かります。

本物。

完成した人間の姿。
確認してください。

今まさしく本物の仕上がりとして新時代の刀が日本から生まれるとき。彼がその中心にいる。そして、時代の最先端であり、先頭切って走り続ける時の人。彼を中心として出来上がる新しい日本の姿、令和日本の勢力もまた本物として舞台に出でようとしています。

心感覚による新しい秩序づくりゲーム。
新しい社会は日本から始まります。

4.3.共同体主義新しい社会プレート

観点の問題を分からず、観点の問題を解決することが出来ない状態で、観点を道具として活用するビジョンは描けないでしょう。

その状態でしたら、秩序がつくれません。

本当の自分からほど遠い全体主義による秩序づくりと比べて、遥かに個人主義による秩序づくりは賢いといえます。何故ならば、秩序がつくれないのですから、如何なる集団も組織として機能することは不可能ですし、我慢して、合わせることによる偽物の組織となるからです。以下に個人1人ひとりにはストレスがたまるのでしょうか?実際、そのストレスから解放されようとして歴史は前進しています。

余程、個人主義の生き方は知恵がある。
観点の問題を分からない中では。

しかし、個人主義が当たり前に浸透するに連れて露呈しているのが無秩序な有り様。今や特定のリーダーが悪い訳でもなく、特定の誰かに恨みがいくのではなく、大人たちに、社会全体に、文明全体に、怒りや恨みや哀しみがぶつけられるような無差別対象の事件とそれに追従するかのような模倣事件が増えていますね。

まさしく無秩序が現れています。
このままではいけない。
そんな心の声が誰からも聞こえてきます。

日本も反応しています。
何か日本にはできないか?
いや日本なら何かできるはず。
今、何かが変わらないといけない。

時です。

今は21世紀の悟り人、令和哲学者が生まれています。観点の問題は発見され、観点の問題は解消解決可能な問題へと成り代わり、そのことに気付く人から観点のことを彼から学び、観点を道具として観点の次元上昇を通して全く新しい社会を日本から創っていくことの確信に人生を投じています。

そんな日本人が増えている。
脳vs心だと分かる人が集まる。

4.4.真の自分。アイデンティティ革命

日本文明だからできることがあります。

刀の刃の上に立つ心。
集団でやってのける。

出る杭を打つ心。
本物を育てあげる。

刀だけに本物があると思いますか?

人間にも本物が生まれています。
更に集団、組織にも本物が生まれる。
心感覚が養われた個人が増えるから当然。

真の自分。真の人間。
アイデンティティが変わります。

今から、全体主義と個人主義の限界を補い良さを究極にまで高める新社会プレートとして、共同体主義が日本から立ち上がっていきます。

日本から世界へ広がる。

実際、ノジェス氏は2021年10月に3日間の国際カンファレンスを企画し、大成功を収めました。国内外の事情に明るい人たちと共に、そして国内外にいる日本人と共に、世界と歴史を整理整頓しようとする挑戦的な試みがなされています。後夜祭では、大阪の梅田にて神話の手術までやっています。

Dignity2.0国際カンファレンス

ムーブメントは勿論のこと。
内容も濃密濃厚です。

その姿は海外向けの書籍として英語版「宇宙一美しい奇跡の数式0=∞=1」で確認できます。

書籍紹介のページ。 The Most Beautiful Equation in the Universe 0=∞=1
Noh Jesu著「宇宙一美しい奇跡の数式0=∞=1」英語版

直接に彼から聞きたいあなたでしたら。
1日で全体像と最先端の一端を垣間見るこれ。

Noh Jesu nTechマスター1Dayセミナー

がおススメです。質問もできます。平日なら毎日、令和哲学カフェをやっており、4期の今でしたら大体金曜日には質問道場があるので、Q&Aを楽しむことができます。ポストコロナon-line会議も定期不定期で開催していますので、そちらも覗いてみてください。いずれもオンライン型のセミナーでzoomによる参加とYouTubeLIVE視聴があります。

5.精神の基本単位5人組。英雄集団日本

島崎はノジェス氏と出会いました。
人生がまるで変わりました。

深すぎて解決不可能だろうと思っていた悩みと苦しみは観点の問題と出会い源泉動きの不在が分かったことをキッカケにして彼から学び続けることを通して一切消え失せました。

スッキリ爽快です。

正確にいうと、この体の自分の悩みや苦しみは全く気にならなくなり寧ろ、それこそが日本文明の悩みや苦しみであることを分かり、同時に人類の悩み苦しみであったことが腑に落ちます。

このことで見えたこと。

皆んな、そうだったのか。父上も母上も、その父上も母上も、先生も友だちも、先輩も後輩も、近所の人も知らない人も、歴史上の名もなき人物も名を遺した人物も。

誰もが皆んな、本当は。

そうして見えた歩む道。
これをしたかった。

裏切らない関係性が欲しい。
これを創りたい。

壊れない組織が欲しい。
それを創り上げたい。

まさしく日本文明の挑戦だし、明治維新として当時果たそうとした使命であり、令和日本にバトンが継承されている使命。

涙一滴となった心エネルギーが宇宙のロゴスに沿い、人間アイデンティティが変わる。裏切らない関係、壊れない組織を創りたくてたまりません。

源泉動きだけがある。

1人の確固たる決断と勇気。
そこには必ず5人が結集します。

源泉動きだけがある。

5人は源泉動き1体で結ばれ5人組。
精神における細胞として誕生。

精神の基本単位ができたら、精神細胞は更に自らをコピーして5人組が生み増えていき、段階的に形態を変えながら最終形態では完全組織になります。壊れない組織の姿。

地球上で初めて生まれる場所。
それが日本。

英雄集団日本です。

これが全世界に広がる共同体主義としての新しい社会プレートとなっていきます。秩序不可能だった人間人生、文明社会は、我慢することなく、無理に合わせることなく、尊厳溢れた自由と愛の下で見事な秩序を築き上げています。

真善美聖和の具現化!

6.心感覚。

もう読みましたか?
心感覚。

真善美聖和の具現化は心感覚を養うところから始まります。人類800万年もの間ずっと不可能であったこと、日本文明の挑戦が可能にさせていく全体像をつかみ取ることができます。

ぜひ、手に取って読んでみて下さい。

心感覚(シンかんかく)特設サイト

心感覚(シンかんかく)
1996年以降 日本の使命を語り続けてきたエキスとの出会いとなりえる一冊

2022年の今。
時が満ちています。

個人主義よりも遥かに知恵がある賢い生き方が共同体主義であることも是非、直接ご確認ください。人生楽しくてたまらなくなります。

Noh Jesu nTechマスター1Dayセミナー。1月は5000人、3月は1万人の申込を目指すムーブメント型の一大セミナー。やがては世界を巻き込むか?

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
心感覚

脳vs心。美しい対決構造へ

日本というこの国では世界に目を向ける機会は少ないかもしれません。一方、世界は容赦なく日本に影響を与えてきます。今、紛れもなく共産主義vs自由主義の対決構図が鮮明になっており、日本もその影響を大きく受けています。

本日のテーマは、「脳vs心。美しい対決構造へ」

1.世界の情勢

個人も家庭も企業も、社会の影響を大きく受けます。社会は前進しながらも様々な課題が山積されているので、その影響も大きいものです。

1.1.山積する課題

AIの台頭。
新型コロナウイルス感染拡大。
地球温暖化による平均気温上昇。

そんな中。

世界各国はどんな状況か?
ご存じのことでしょう。

1.2.他国による軍事介入

世界には戦争や紛争はなくなっていません。
軍事的な圧力による介入も珍しくないです。

1.2.1.ロシアのウクライナ侵攻

ロシアはウクライナ近辺に軍事的な圧力をもって介入しようとしています。背景は、ロシアにとって脅威となる事情があるからです。

ロシアにとっての脅威とは?

ウクライナはNATO(北大西洋条約機構)入りをしようとしています。

北大西洋同盟とも呼ばれ、ヨーロッパ北米の30カ国による政府間軍事同盟

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84%E6%A9%9F%E6%A7%8B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NATO設立の経緯や存在目的からして、ロシア周辺の国々がNATO入り続出ともなれば、ロシアからすると存在の危機、国家崩壊の危機につながります。

今またウクライナまでがNATO入りをしてしまうことは、ロシアからして認める訳にはいきません。

そのことをNATOには再三再四、意思表明するもNATOはそれを受け入れず、ロシアの思惑に反してNATO勢力拡大を続け遂に、ロシア中心都市のモスクワ付近である国家ウクライナにまで手を伸ばしています。

NATOの主体はアメリカやイギリスです。

1.2.2.中国による台湾侵攻

一方、台湾を取り巻く環境は如何なるものでしょうか?IT革命を経て久しく、AI革命を迎えて世界の半導体需要は極めて高まっています。

半導体が欲しい。
世界はまだまだ欲しい。

近年、半導体生産といえば台湾が世界を主導しました。半導体を生産できる国家は実は限られています。その数少ない国家の内、更に半導体産業をけん引できるのは5nmというサイズでの半導体生産だといいますが、台湾の企業が有する技術が世界をリードしています。

industry4.0に突入した世界は、アメリカと中国がAIを中心として世界を握ろうと覇権を争っていますが、そこには世界をリードする半導体技術が不可欠となり、半導体産業、AI産業を加速させたいのであればその国はどこであっても台湾の企業と繋がりたいでしょう。

中国はこの台湾に目を付けます。

軍事的に介入して台湾の企業を吸収し、その技術をモノにすれば一気に世界に躍り出ます。ただでさえ中国はロボット工学を学び社会に出た人が9000万人もいます。

そこに世界一の半導体生産。
国家主導の中国は一体どれほどの。

これをアメリカはどう見るでしょうか?

1.2.3.米国は牽制

アメリカも世界覇権を取りたい。
台湾を放っておくことはできません。

経済的な重圧をかけ、日本や韓国とも連携しながら台湾を守ろうとして中国をけん制しようとします。

アメリカからしたら、中国が台湾を傘下に収めたら次は韓国が傘下に収められることが目に見えており、尖閣や独島(竹島)など詰め寄られるにつれ、日本までもが中国傘下に入ることは簡単に想像できます。

そのことを放っておくはずはありません。
あの手この手を使い中国をけん制します。

1.2.4.鮮明。共産主義vs自由主義

もうお分かりかと思います。軍事的にも経済的にも浮かび上がるある構図。

そうです。

共産主義vs自由主義。

これが鮮明となっています。

世界各国は年々激化して鮮明になる共産主義vs自由主義の対決構造を受けて、態度を明らかにしていきます。日本は何を選択していくのでしょうか?各国の選択によって、個人も家庭も企業も大きな影響を受けていくものだと思われます。

2.日本。共産主義vs自由主義に挟まれて

2.1.影響が大きい教育/経済/政治/文化芸術

個人1人ひとりも、家庭も、企業も、国家も、教育/経済/政治/文化芸術の影響を大きく受けると思いませんか?

教育がなかったら。
個人は?家庭は?企業は?国家は?
教育によって成り立っているでしょう。

経済がなかったら。政治がなかったら。文化芸術がなかったら。
個人は?家庭は?企業は?国家は?
とても今のようにはなっていないですね。

影響が大きい教育/経済/政治/文化芸術です。

2.2.原因は?教育/経済/政治/文化芸術も結果現象

その教育/経済/政治/文化芸術も更に大きな影響を受けた結果です。

ウクライナはロシア勢力として存在するのか、それともNATO勢力として存在するのか、ウクライナに住む人々が受ける教育/経済/政治/文化芸術はまるで変わると思いませんか?

台湾はどうでしょうか?
台湾が中国の参加に入ると。

続く韓国そして日本も中国傘下になったとしたら、個人1人ひとりそして家庭や学校や企業が受ける影響として教育/経済/政治/文化芸術は全く変わらず日常を送れるかというとそうではないでしょう。

実は教育/経済/政治/文化芸術もまた、共産主義vs自由主義の対決構図の上に乗っています。

実はかつて、日本もその影響を受けていました。

2.3.明治維新。近代化の夢

中国や朝鮮半島とは違い日本は自ら近代化を果たします。国を開いて西洋に学び、短期間のうちに西洋列強諸国に負けず劣らず近代化を果たし大成功を修めます。

やればできる。

その勢いはそのまま明治維新の夢、日本の夢へとつながり、アジアの近代化を日本式でやろうします。

ですが日本式を許さない勢力。
それが西洋列強諸国でした。

植民地を広げたい西洋列強諸国は、インドのみならず中国や朝鮮半島も植民地下しようと触手を伸ばしているところでしたので、後発組の日本が日本式で近代化をするというサル真似を苦々しく思います。

朝鮮半島を無傷で取り込む。
中国との闘いにも勝利。

アフリカも、インドも、中国も、朝鮮もできなかった近代化、それを他勢力による介入ではなく自ら果たしたこと。

そして血を流すことなく。
朝鮮半島と一つになれたこと。

大きな自信となりました。

2.4.敗れる。日本の夢

アジアの近代化は日本式でやりたい。
明治維新以降の日本の夢を世界はどう見るでしょうか。

当時の世界情勢でいう1位2位を争うイギリス・ロシアまでも下しているのですから、とても面白くありません。

更には、西洋列強諸国から始まり世界では当たり前に行われている人種差別や民族差別の撤廃までをも日本が訴えるというのは調子に乗り過ぎていると映るのでしょう。

次第に日本包囲網が出来上がります。
その包囲網の勢力は何でしょうか?

一つは自由主義勢力。
一つは共産主義勢力。

これらが全て日本に重圧をかけます。

結果的に日本はアメリカと衝突。
闘いたくなかった相手との闘い。

その結果、完膚なきまでに負けてしまいます。

2.5.分断。やがて日本は

負けた国の結末とは如何なるものでしょうか。

日本が負けることで、世界で認知されている日本の領土は分断されます。日本領土の分断を行い、その領土を美味しくいただいたのが自由主義勢力と共産主義勢力。

余りにも分かり易い代表例。
それが朝鮮半島でしょう。

日本の領土を日本と日本以外に分断。

日本以外の朝鮮半島までも更に。
境界線で北と南を分断させられます。

北を共産主義勢力が美味しく食べます。
南を自由主義勢力が美味しく食べます。

同じように世界が認知する日本の領土であった台湾のような各国にも、日本と日本以外に分けられて、自由主義勢力と共産主義勢力とが介入しはじめます。

日本列島においてはどうでしょうか?

日本国内は目に見える境界線こそないものの、自由主義勢力が美味しく食べたい領域を抑え、また共産主義勢力も美味しく食べたい領域を抑え、アメリカに負けることで他国による7年間の統治がなされている間に、徹底的に日本に対する教育が入ります。

もちろん、経済/政治/文化芸術も同様。

目に見える分断が朝鮮半島。
目に見えない精神的分断は日本。

反日と嫌韓が生まれる背景でもあります。

もう2度と世界を臨めないように。
徹底的に管理監督されています。

2.6.負けた国として

日本はそこに従います。

戦勝国アメリカが中心となって統治する日本は、当の日本人はテロを一件も起こさず、アメリカを恨むことなく、寧ろ大好きになって、ある意味ではアメリカ以上にアメリカになってしまいます。

アメリカもイギリスも驚く。
中国もソ連も驚く。

日本は戦うことを止めてモノづくりに走り、40年ほどでMade in Japanとして勢いをつけお金で世界をまとめてしまうと思われるほどになりましたが、プラザ合意や半導体協定などを喰らい、勢いを失います。

有り得ない大成功。
そして一気に大敗北。

軍事に続き経済までもが同じ道を辿り、かつての栄耀栄華は一体どこへやら。今や製造業でも世界では尽く敗退し、ITでも、AIでも、日本は後発組となっています。

2022年の今。

失われた30年。この失墜感そして未来の不透明感はどこまで行くのでしょうか?

もう世界を睨めない日本。
激変する世界情勢。

それでも生きていかねばなりません。
日本も選択せねばなりません。
日本はいったい?
私たちはいったい?

3.日本の選択

日本はこの先、一体なにを選択していけば良いのでしょうか?負けた国として、負けたままこの先、失われた40年、そして50年を刻めば良いのでしょうか?

それが本当に潔いものでしょうか?

3.1.スゴカッタ。日本

共産主義と自由主義の勢力によって日本は負けています。徹底的に叩かれています。この先、未来は開いていないように思えます。

ただ。

本ブログに好感を抱いているあなたでしたら、日本の未来も、あなた自身の未来も、このままに置いておきたいとは思わないでしょう。

そして突破口を探しているのでは?
突破口。にじり寄れます。

観点。
観点の問題にすぎません。

解析が変われば観点は変わります。

実は、日本がスゴカッタ!
解析によって日本は。

本当にスゴカッタと分かります。

3.2.刀の刃に立つ日本

日本。
一体どのような特徴でしょうか?

ある人は言います。

“刀の刃の上に立つ”

刀の刃
刀の刃の上に立つ。一体どのような心なのだろうか。

どういう意味でしょうか?
文字通りなら不可能です。

まさか、それは疑わないでしょう。刀は身近にはありませんが、実験するまでもなく無理だということは容易に想像できるハズ。

だからこそ、それをやってのけることは奇跡でもあり、それを確認できるならばそんな神秘神聖なことは他にありません。

普通はこう思います。

刀の刃の上以外の場所。
たくさんあるじゃないか。

一方、生きていると普通ではないこともまた沢山あります。それです。それこそ刀の刃の上しかないという状況。

それ以外などない。
選択の余地がない。
選択不可能。
刀の刃の上だけがある。
道といえば刀の刃の上。

行くしかない。その状況で。

日本とはそのようなものです。
集団全体がそのようなものです。

集団全体が刀の刃の上に立つ。

3.3.明治維新。集団全体が決起

2章で確認しました。歴史の流れと世界情勢における日本の行く道。

明治維新を取り巻く環境。

世界は西洋列強諸国により白色一色に染まるムードでした。一見すると他に選択肢があるように思える幾つかの選択、例えば反発する選択や、従順する選択があったかと思いますが、明治維新とは自ら近代化を果たそうと西洋列強諸国に学びこれを積極的に取り入れ、追いつけ追い越せで肩を並べ西洋列強諸国入りと果たそうとする道でした。

歴史を振り返るとき。
日本が歩んだ道とは。

これ一択しかありません。
不可能だけれども。
狭すぎる道だけれども。

この道だけが開いている。

仮に、などはありませんがそれでも無理やりにもし仮にこれ以外の道を選択していたとしたら?

黒人も黄色人種も、白人の奴隷でしょう。
文明は西洋一色でしょう。

植民地を支配する側とされる側がある。
今も残る人種差別、民族差別よりも遥かに深刻な。

あれを食い止めた唯一にして奇跡の道のり。しかし、そんなことは他のどの国もやらず、西洋列強諸国すらも自ずから限界を超えて化けて飛躍する国はなく、日本だけが成し遂げた奇跡。

国内にあっては300の藩が血を流さず一つの国としてまとまった実績。国外にあっては朝鮮半島とMAで結ばれ血を流さずに一つの国としてまとまった実績。

平和を学ぶ際に。
こんな実績は他にありません。

有り得ないこと。
結果からしたら有り得た事実。

当時、歩もうとするなら極めて閉じている狭き道。しかし、そこに立つしかなかった。刀の刃の上に立つ。集団でそれをやってのけた日本。

これがスゴカッタ。

3.4.敗北。負けた国のモデル

2章では、戦いたくなかったアメリカとの衝突の結果、徹底的に叩かれ、失墜していき、失われた30年に至るまで、悲惨で残酷で屈辱のときを過ごすことに触れています。

このような未来も予想したはずです。
日本が負けを認めるときには。

本来なら、1億総特攻で戦い続ける道もあったでしょうし、もっと早い段階から降伏する道もあったでしょう。

ところが、そもそも勝負にならないと思われるアメリカと世界を相手に戦い、しかも徹底的に叩かれるまで戦い続け、もうこの世の中に日本という国や文明が存在できないかも知れないであろうというくらいまで降伏をせずに、しかも世界を驚かせる戦いを見せたのは。

刀の刃の上に立つ心。

そして、負けた後に対しても、日本の領土を次々と失い、日本列島の中にあっても日本らしさを一つずつ丁寧にそぎ落とされて、共産主義と自由主義が利権を一つひとつ固めていく最中にあっても、その状況を受け入れる・・・これもまた。

刀の刃の上に立つ心。

選択不可能。
その道しかない。

それを集団でやってのけるからこそ・・・世界が驚くMade in Japan復興と、これまた世界が驚く不動産バブル金融バブルによる壊滅的大打撃にあっても、まだそれを許し続け、文句ひとつ言わず、何とか楽しみをみつけようと。

和解を優先させる心。
未来は一つになる。
今は。和解を優先。

息の長い勝負。

刀の刃の上に立つ心。
それを集団でやってのける日本。

ただ、奥底に眠るプライド。
このままでは終わらない。
平和をなすときを待ちつつ。

大和の心から見るとき、息の長い勝負ではいつか、反転させようと機会を見ています。

だから一時は負けを受け入れ。
対決構造から離れながら建て前で付き合う。

建て前。

日本は共産主義と自由主義のイデオロギーの下では力を発揮できず、共産主義vs自由主義の対決構造は全く面白くありません。

日本の建て前だからです。
本音はどうでしょう?

平和をなしとげるぞ。
対決のゲームを降りることで。
対決のゲームを変えることで。

息の長い勝負。
時を待ちながら。

4.対決構造の変化

時を告げる人が現れました。

21世紀の悟り人。
令和哲学者。

Noh Jesuブログ
令和哲学者として語るNoh Jesuブログ。令和を語らせたら誰よりもアツい

心感覚を語るノジェス氏です。

4.1.解析のプロ。ノジェス

21世紀の悟り人です。
解析は独特。

しかし、メタ解析ですから根本問題である観点の問題を柔軟に対応する解析で道を切り開きます。

スゴカッタ日本を思った以上に、思いも寄らないほどに、スゴイ日本として確認させていきます。スゴカッタ日本を誰にでも認知させていくのが彼の仕事。

3章に触れたスゴカッタ日本。

21世紀の悟り人が解析する独特な日本として、他のどこでも聞くことができない貴重で、価値高く、味わい深いものでとても感動しますから、ぜひ直接に聞いてみてください。

令和哲学カフェやポストコロナon-line会議は直接質問できる場もあり、特におススメです。

令和哲学カフェバナー
AI時代の新しい基準点とは?スタバを超える夢をもつ令和哲学カフェ。令和哲学者Noh Jesu氏と共に
ポストコロナon-line会議
ポストコロナon-line会議。コロナ以降の生き方を考える

4.2.対決構造を変える

日本が戦いのゲームを止める。
そのことで激化し鮮明となる。

共産主義と自由主義の対決構造。
日本も例外なくその上に乗っていました。

日本はその対決構造の上に乗ることを止めたというのがノジェス氏による日本の行く道です。そしてそれは、明治維新として始めた日本の夢を完成させるべく、令和維新として完成させる日本の夢、具現化させる日本の夢として今に至るまで続く物語。

日本オリジナルの物語。
日本オリジナルの道。

旧い対決構造、つまり共産主義vs自由主義では日本の本領が発揮できません。既に止めたからだと彼は言います。ならば、何を始める?それが新しいゲーム。新しい対決構造として取り組む。

脳vs心

それこそが日本がイキイキするゲーム。日本が行く道とは何でしょうか?それが、共産主義vs自由主義から脳vs心へと対決構造を変化させてしまうことです。

心感覚を出版し世に問う。
心感覚で世に訴える。

日本オリジナルの道を行きましょう。
日本にしかできない仕事ですよ。
使命がある日本にはこの道。

脳vs心

今がその時だと。

5.どうする?スタグフレーションの時に

日常感覚ではとても分からないかも知れません。実は今、世界にはお金が膨大に溢れています。ですからここはひとつ、個人の財布や家庭の財布ではなく、地球上に一つだけある財布という目線も持ちつつ、読み進めてみて下さい。

中央銀行はお金を膨大に印刷しています。
年々その量が増えています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、その勢いは更に加速しました。本当のところ今、地球上にはお金が膨大に溢れています。それも急激に、とイメージしてみて下さい。

経済は循環が大事です。

膨大に溢れるだけではなく、流れることが大事なので大量に印刷したお金は回収する機能も持ち合わせていないといけません。もしそれを怠るとハイパーインフレになり、大変なことになります。それを回避するには、金利を高めることで出回るお金を回収することもしないといけません。

アメリカがそれをしようとします。
金利を高くすることによって。

ハイパーインフレは回避されるかも知れません。ところが、金利を高く上げ過ぎるとあるところからはスタグフレーションという現象に突入します。

そして2022年。
恐らくスタグフレーションが起きるでしょう。

この時です。
刀の刃の上に立つ心。

脳vs心

この道が光り輝きます。

共産主義vs自由主義に走る世界は混沌とするとき、時を同じくして日本だけが高度経済成長に向かいます。

それが脳vs心。

世界は日本を真似するしかなくなる。スタグフレーションが起こると言われる2022年。

息の長い勝負。
そのターニングポイント。

時は今。

夜明けの晩!
2022年。

6.心感覚(シンかんかく)

島崎はこう思います。

韓国人でありながら26年間JapanMission、JapanDream、JapanMiracleを語り続ける彼を応援したい。

反日や嫌韓も、共産主義vs自由主義の対決の中。

くだらない。
脳のなか。

ウクライナ侵攻、台湾侵攻、アメリカによる・・・これらも全部、共産主義vs自由主義。

くだらない。
もういいよ。
脳のなか。

日本独自のゲーム。
わくわくすることを始めましょう。

心感覚をぜひ読んでみて下さい。

心感覚(シンかんかく)
1996年以降 日本の使命を語り続けてきたエキスとの出会いとなりえる一冊。https://www.noh-jesu.com/shinkankaku/

そんなことを呼び掛けているノジェス氏。脳vs心の対決構造へと変える日本オリジナルのワクワク勝負。

彼と共に歩みたい。
そしてあなたとともに。

最も日本の良さが映える道。
読めば分かるのでご確認を。

心感覚。
島崎の感想を書いています。

ノジェス新著”心感覚(シンかんかく)”

趣向を凝らした読書会を企画していきます。本記事を読んで何かしらを感じたならば、ぜひ一緒に歩みましょう。

読書会やります。
ぜひ、きてください。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
ノジェス著書

ノジェス新著”心感覚(シンかんかく)”

21世紀の悟り人である令和哲学者ノジェス氏が新刊「心感覚」を世に送り出しました。歴史初世界初シリーズを日本または人類にプレゼントしている彼だが1996年3月に始まり2021年になって初めて出版社から本を出しましょうと声掛けがあった。

本日のテーマは、「ノジェス新著”心感覚(シンかんかく)”」です。

1.疲れ。時代は今

生まれたばかりの赤ちゃんがあんなに元気であっても、保育園や幼稚園となる頃にはもう疲れている時代。これを哀しむ人は多いかと思います。

元気な大人。
一体どこにいるでしょうか。

哀愁漂う後ろ姿
新型コロナウイルス感染拡大の猛威は人間が如何に孤独であったのかを浮き彫りにしました

多くの家庭では父親が社会に揉まれて疲れています。家に帰ってきたら家の仕事をするというよりは疲れを癒すことに専念するお父さんも多いのではないでしょうか?

男性性の文明が続いた人類歴史。
社会も男性に優位なハズです。

そんな中でお父さんが疲れていますが、ある意味ではお父さん以上に仕事をこなすお母さんという存在の潜在的な疲れは如何ほどでしょうか?

休む時間がない。
これは大げさな表現ではありませんね。

お母さんをいじめることで成り立っている男性性文明はもう人類誕生から800万年もの間ずっと続いています。

お父さん以上に疲れていますね。

疲れを癒すのは女性性でありお母さんという存在でありますが、社会の重圧は全てお母さんに迫っているというくらい負担はお母さんにかかる分、一番疲れているのはお母さん。

時代は今。
疲れています。

2.心の叫び声を代弁

疲れているにも関わらず、文明社会は走らせようと要求してきます。

  • 未来を明るくイメージさせる
  • 幸せや成功をイメージさせる
  • 希望をもつことを推奨する
  • 新しさを強調する
  • 宣伝、広告、謳い文句

さまざまな方法で、走らせようとしてきます。走っては疲れ、また走るように誘導され走って・・・そんなことを繰り返しています。

この繰り返し。
これを何とかしたい。

いつまで続くのか?
そんな声なき声は心の叫びとなり。

頭を抱えうつむく高齢男性
リーダーシップ不在、方向性喪失。暗い話題が多い今の時代は、希望を語りたくなりますが、絶望と真っ向から向き合い絶望の海の中に身をおいて希望に成り代わる生き方こそ真の希望

今の時代の多くの人の奥底に眠っています。もうこれ以上は中途半端な生き方をしたくない。今までとは全く違った新しい道と出会いたい。

そんな心の叫び声。
如何ほどに深いのでしょう。

目で見えるものではなく、
耳で聞けるものでもなく、

奥底に隠してしまった叫び声でもあるからか、本人さえも簡単にアクセスしないでしょうし、まして他人が気付いてくれることもないでしょう。

そんな深すぎる心の声。
これが露わになった一書。

21世紀の悟り人ノジェス氏が書きました。それが

心感覚(シンかんかく)
0=∞=1

タイトルからして興味を抱きます。

何から始まり、何に締まっていくのか?
目次も刺激的な表現がそこかしこに。

斬新。簡単に予測させてくれない本。
予感。何かあると思わせてくれます。

3.出会えて良かった

島崎は理系ではありましたが人文系の本も多数読みました。長年の悩みを何とかしたいと思い心理学、自己啓発、精神世界、思想哲学、人生哲学などなど今を変えてくれると期待されそうな本はどれも読みました。

それらとは全く違う!
明らかに一線を画す!
内容がもう。

他では聞いたことがない概念が論理として流れるように展開されていくところに心地よさがありますが、それを演出しているのは質問者との対話形式ということも大きいのでしょう。

内容は斬新で革新的ですが、
とても読みやすい本です。

以下は博多の書店HMVの様子。

上段に羅列する心感覚。この棚だけが特別配置されていた
新刊・話題書のコーナー。上段に6面並び、続いて話題書として1面。とても目立ちます。

それから以下は、紀伊国屋書店の博多本店の様子。

週刊ベストセラーのコーナーでベスト5位。九州で最も大きな書店の一つ。嬉しいことこの上ない。

TwitterやFacebookでは読んだ人の感想が紹介されています。読んだ後の感想、それも他の人の感想を聞きながらハッとさせられることも多く、また読んでみようと思えますね。

感想を一部、紹介します。

「人生を一緒に伴奏してくれるような大切な1冊」
「企業や団体に関わるリーダー層の必読書」
「希望を感じました!」
「これからも定期的に読んでいきたい」
「多くの人に手に取ってもらいたい」
「これからの展開が楽しみ!!」
「衝撃!!」
「何とも言えない興奮」
「使命感が湧いてきました」

などなど。長年ずっと蓄積されてきた何かがあって、それが晴れたというような印象の感想がとても多く、出会えて良かったーという声が聞こえてきます。

奥底にしまっていた心の叫び。
ノジェス氏が代弁したからでしょう。

4.驚きの表現

随所にぶっ飛んだ表現がされています。
何をおいても第一位に上がるのはこれでしょう。

「絶望しなさい」

はじめに、の冒頭から始まる表現。
それこそが、「絶望しなさい」。

心感覚の大きな特徴でもあり、21世紀の悟り人が初めに口にする言葉でもあります。

これに衝撃を受ける人が多いようです。
かくいう島崎もそう。

続いて紹介します。

「絶望バトル」

夢と夢が闘うとか、成果と成果が競い合うという話はよく聞きますよね。だから、希望のバトルならよく分かりますが絶望のバトルとはこれ如何に?

「自己否定は恥ずかしいことじゃない。絶対自己肯定感を得るためのプロセス」

これに救われる人は多いのではないでしょうか?必要なプロセス、それが自己否定であると。

「一度学んだら永遠に使える」

何を隠そうこの島崎。三平方の定理を親子関係に使ったことはなく、微積分を料理に使ったことはなく、留数定理を恋愛に生かしたことはありません。

学んだことって極めて特別なケースにしか使うことはできないし、三平方の定理は一瞬は役に立つけど、そのすぐ後に役に立つのは地理の内容だったりして、使うことは簡単でもなく、使用期限は永遠でもありません。

「これまでの学問が詐欺」

これは言い過ぎなのでは?
誰もが想う文言ではないかと。

一体どういう意味でこのように言うのか。大胆な表現は決して無責任などではなく、裏にはちゃんとした論理展開が用意されていて読み進めるほどに一歩一歩上がっていく階段が用意されています。なるほど、その意味でなら本当に詐欺だ、と。理解できてしまい驚愕です。

他にも、

「脳の認識のクセ」
「文化DNA」
「脱出不可能ゲーム」
「脳vs心」

など、分かりそうな単語ながら、一つひとつは衝撃的なことであり、至る所にちりばめられています。

刺激的な文言
挑戦的な表現

それらは全て、意味があって語られていることです。これを見つけるのも一つの大きな楽しみではないでしょうか?

5.納得。深まる理解

知りたくて知りたくて仕方がないという人が心感覚に出会うと、納得することが多いようです。

例えば、ポジティブ思考を常に意識して実践し続けてきたのに、それを上回る凹み期が周期的にやってくるという方が、偽物ポジティブだと気付けたりだとか。

最初はやる気に満ち溢れて入社しても、上司の指示や仕事についていけず、先輩に相談したいのにできず、会社に居ずらくなっていくというので辞めることで環境を変えてみても、また同じことを次の会社で繰り返している方が、罠の構造に気付いて繰り返す理由と出会えただとか。

驚いている顔のイメージ図
その瞬間はショック。耐え難い衝撃。だが、理解できて納得するからこそ・・・かけがえのない価値ある学び。

抽象的な完成度が非常に高い。
だが極めて具体的な事例に対応。

抽象と具体を自由に往来する質問者とノジェス氏のやり取りから、本来であれば難解に思えるテーマにも一つひとつ区切りをつけながら理解の段階を駆け上がっていく様子が分かります。

心感覚を読み終わる頃には。
進むべき方向性と正しい努力。

それが分かるようになっているでしょう。

6.おススメ

ぜひ、ご確認を。

心感覚(シンかんかく)特設サイト

https://www.noh-jesu.com/shinkankaku/

本ブログに興味を抱いてくれているあなたなら、きっとこの本の真髄を掴み取るハズ。

正しい絶望から始まる究極の希望。
人類であれば誰もが必ず通る道。
世界を救済する日本の使命。

1996年3月から始まり2021年でやっと出版社(イースト・プレス)から声がかかった初の出版。これには大げさでなく、汗と涙が込められています。そしてその内容たるや歴史文明の意志はもちろん、人類意志が継承されていると言っても過言ではありません。

ご確認を。
あなたなら読めばわかります。

Noh Jesuブログ
令和哲学者として語るNoh Jesuブログ。令和を語らせたら誰よりもアツい

21世紀の悟り人ノジェス氏を感じます。令和哲学者ノジェス氏の勇気と覚悟を受け取ります。

ぜひ手に取ってみて下さい。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

令和維新。和を以て貴しとなす

日本では誰もが皆んな知っているであろう文言。そして国民性を支えるほどに広く浸透している概念。ただ世界の現状はこのようにあるかと問えば疑問符が出てきます。

本記事のテーマは、「令和維新。和を以て貴しとなす」です。本記事は、特に次のような方に読んでもらいたい記事です。

  • 中途半端を止めたい人
  • 和が完成していない原因を知りたい人
  • 令和哲学に関心ある人
  • 令和日本が行く道を歩む人
  • 真の仲間を創りたい人

1.人みな黨(たむら)あり

聖徳太子と言えばご存じの方は多いでしょう。そして十七条憲法もまたご存じではないかと思います。

和を以て貴しとなす”

日本とはどういう国かというと、こう表現する人も中にはいるのではないかと思います。ただ、この表現に続く文言と概念について、あなたはそれが何であるかをご存じでしたか?

何を隠そうこの島崎。
知りませんでした。

ですが、対となって重要な概念であり、ある意味では和よりも遥かに重要で、和を実現したいときには避けて通れない概念だということもできます。

それこそ、本章タイトルにあります

“黨(たむら)”

難しい漢字です。
こちらはどうでしょう?

“党(とう・たむら)”

馴染みがありませんか?

政治政党ではよく使う○○党…
それから甘いのが好きな甘党…

などなど、他にも党を使うシーンは幾つかあります。十七条憲法に出てくる表現ですが、実は和を以ておりたいのにそれをさせないように邪魔するのが、

“党(とう・たむら)”
“黨(たむら)”

です。nTech令和哲学に触れてる人であれば、それが観点のことであると分かりますし、哲学者カントを理解している人であれば、それが認識形式(観点)のことであると分かります。

他にも、根本判断基準だとか、判断のものさしなどと言っても良いかも知れませんが、これは単語が指し示している世界がとても深いために、誰もが理解困難で、実は明々白々に暴露できるほどには発見さえされていないものでした。

黨(たむら)があるから、人と人との協力は難しく、集団は組織として一体になれない限界がありました。

今、世界を見渡しても、歴史上を振り返っても、和が実現していない背景には、黨(たむら)があったからです。

2.黨を克服してこそ和

和の実現には黨の克服が欠かせません。黨の克服にも段階がありますから、克服度合いによっては和の完成度が変わります。

2.1.相対的な和

黨とは何でしょうか?
これは脳感覚では見えないもの。

目を始めとした5感覚では捉えられず、脳の認識では取ることができません。

2.1.1.黨は分からないが。和を以て

その状態で黨と向き合います。
向き合うことはできそうですか?

極めて難しいです。
というより不可能ですね。

ただ、そんな状態でも人間らしい人間にとって、そして日本においては聖徳太子の十七条憲法が広く知れ渡っていることもあり、和であろうとする姿勢は習慣化して文化化しています。

皆んな違って皆んないい
十人十色

などなど。

2.1.2.相対的な和の良さ

黨があると、主義主張すれば必ず摩擦したり衝突します。多くの日本人は、その対応が上手いですね。

目立つ主義主張をしません。
その背景は別の記事に譲ります。

主義主張をせず周りに合わせることで、摩擦したり衝突する機会自体が激減されます。

結果的に争いは減ります。
争う必要もありません。

相対的な和は大成功しています。

2.1.3.相対的な和のマズさ

では日本国内にあって本当に理想とされる和は実現されているかと言いますと、そうではありませんね。

周りに合わせています。
これは我慢です。

主義主張をしません。
これも我慢です。

和は多様性も生み育てていくもののはずですが、これでは同一性や画一性に留まる傾向も強くなり、和と同は違うにも関わらず、まるで同が和のようになってしまっています。

異質を認めない風潮は和のマズさ。
争わなくても心からは認めません。

2.1.4.絶対。相対的な和の限界を超えた概念

相対的なのは限界です。
突破口は相対的なものの対極にあるもの。

相対が、相対する2の世界であれば相対するものがなく対するものが絶えている世界。つまり1の世界。

絶対。

この絶対という概念こそ、相対的な世界の限界を突破するものです。

2.2.絶対的な和

一体、何ゆえに相対であったのでしょうか?それこそ、黨ゆえにと言えます。絶対という概念であれば、この黨と向き合わねばなりません。

2.2.1.黨なき世界

人みな黨あり

黨があることで境界線を引きグルーピングを行い、結果的にそれが相対的な世界を描きます。

では黨なき世界。
それは如何なるものでしょうか?

境界線が引かれることがなく、如何なるグルーピングも行われない世界のこと。ここからとか、ここまでなど、そのような限りがない世界です。

境界線が引かれている世界から一つずつ、境界線を解いて消していき最終的に全ての境界線が消えた世界。

それが黨なき世界。

釈迦の表現を借りると9段階禅定にいう9段階。脳ではイメージ不可能、認識不可能、感じる事も不可能な世界。

悟りの究極。その境地。
そうなった状態です。

詳しくは省きます。
別の機会に触れる事にして…

釈迦の状態は絶対的な和です。

他には、空海もそうでしょうし、千利休も絶対的な和でした。誰も上に立たせないし、下にも置きませんね。

2.2.2.絶対的な和の良さ

この良さは、相対的な世界が溶けているので今まで我慢していた世界がなくなります。

黨なき世界。

そこには、人の目を気にすることもなく、同時に自分自身も気になりません。

全てが満たされている。
心は究極に平和です。

我慢せずとも良い。
真の意味でありのまま。

人間としての尊厳が守られます。

2.2.3.絶対的な和のマズさ

このマズさとは何でしょうか?

境界線が一切なく、ここから、ここまで、が少しも存在し得ようがありません。そのことがいつまでも、どこまでも、そのようにあり続けます。

黨がある世界からしたらどうでしょう?
確かに平和そのものです。永遠に。

ですが、その後はずっとそれだと思ってみてください。ずーっとです。

ここは重要ですが。
内容としては端折ります。

絶対的な和のマズさ。それは黨があった時よりも絶対的な苦しみがあり続けることです。

2.2.4.究極。相対/絶対の両極を超えた概念

相対からしたら絶対は限界突破。

ですが、絶対になってみたらそこは比べ物にならない苦しみがあり、絶対だけに留まることはできない限界がありました。

では、相対的な和が良いのか?
いえ、戻ることはいけません。

相対の限界
絶対の限界

その両極を往来しつつその限界を超えていく世界が究極。極を究めます。そんな和が究極の和。

2.3.究極の和

相対的な和にも良さはあります。
絶対的な和にも良さはあります。

そして同様にマズさもありましたから、それら全てを活用しながらその世界を超えていくのが究極の世界であり、究極的な和です。

和が未だ実現していない理由。
それは究極的な和が完成していないから。

絶対的な和は黨なき世界でしたが、黨を必要とした心までを悟り知り、そんな心がどんな知恵を働かせたことで絶対的な限界を突破したのか…心がそれを経験するとき、究極の道が開かれます。

3.日本の偉大な実践

究極的な和。
実は日本にはそれがありました。

日本。本当にスゴイです!

明治維新に始まる日本の勝負。

日本は相対的な和として何とかうまくやっていました。ところが、黒船来航を代表として世界情勢は日本をそのままにしておきませんでした。

あの時代の世界情勢を見ると、それまでの相対的な和のままで許されるような状況にはありません。日本は選択を迫られていました。

もし徳川家に黨があったら
もし300の藩に黨があったら
もし個人に黨があったら

あの時代の選択はどうなっていたでしょうか?サムライが刀を手放したようにあのときの個人1人ひとりは黨を手放しました。

天皇を立てます。

黨なき世界。
絶対的な和で相対的な和の限界を突破。

素晴らしい実践です。

留まっては限界があります。

絶対的な限界を突破するべく天皇を中心として大義を立てました。アジアの近代化は日本式でやろう。

アジアでも近代化を。
黨なき世界で和を広げる。

黨を克服する実践を通して、より大きな和として大和魂の下で大和を実現していきます。実際、朝鮮半島にも台湾にも、日本式近代化が浸透し、黨を克服するような文化として根付いていきます。

もし日本に大義がなかったら。

黨なき世界のまま全てを受け入れてしまったら、あの時代状況は全て白色人種としての文明に染まってしまうことになり、黄色人種は黒人の奴隷になるか、白人の奴隷になるか、という時代状況。それでは何のためにこの現実を生きるのか訳が分からなくなります。

日本にあった究極的な和。
世界に大いに貢献しています。

アメリカ大統領に黒人のオバマ氏がなれた理由こそ、日本にあった究極的な和のお陰。

ただ、明治維新の勝負はその後、世界を大義においたアメリカと衝突することとなり、アジアを大義においた日本は衝突に負けてしまいます。

また黨なき世界を活用します。
アメリカが作りたい世界を見てみようと。

そうして心の平和を成した平成の時。
十分に時をみて今は平成の幕を閉じます。
天皇が生きたまま死ぬ…真の継承。

その名も令和。
令和の幟が上がります。

今1で生きるBeautiful Harmony。令和とは、哲学的な真善美を完成させながら続く聖と和を今ここ具現化する世界。

今一度、大義を立てました。
明治維新は令和維新に向かいます。

大きくなり続ける和。
進化し続ける和。

それが日本で興っています。

4.究極的な和。実現に向けて

究極的な和。
進化し続ける和。

和が大きくなり留まることを知らない。そんな大和魂そのものとなって、究極的な和を具現化し明治維新を完成させようと実践し続ける存在がいます。

21世紀の悟り人。
令和哲学者Noh Jesu氏。

大和魂と出会い大和魂と結婚した人。
彼から出る言葉は大和魂そのもの。

ぜひ、それを確認してみて下さい。
大和魂。明確に分かります。

Noh Jesu nTech マスター1Day

絶対世界と相対世界の関係性を説明する令和哲学者のNoh Jesu氏。歴史初、世界初のこの功績は大きい。そのエキスをたった1日で。

実は3章で紹介した究極の和。
それが日本にあったという話。
これは彼が唯一語っている世界です。

彼が語るJapanMission,JapanDream,JapanMiracleの内容からは、確かに日本には究極的な和があったと思わざるを得ないようになります。

多くの日本人が感動し涙を流します。
究極的な和の実践があったこと。

そして今なお、その実践は継承されており、実現に向けて実践し続けられており、明治維新の完成に向けて令和維新が切り開いている現場であること。

そんな物語をぜひ、聞いてみて欲しいです。こんなことを語る人は世界のどこにも、歴史上のどこにもいません。

どの時代の人も、世界中のどの人も、絶対世界と相対世界の関係性を説明することができませんでした。それを歴史初、世界初で語るのが彼。

究極的な和を語る彼と出会いあなたの心はどうなるでしょうか?

5.令和。和を以て貴しとなす

令和の幟が立っています。
世界のリーダーは浮足立っています。

今こそ和を以て貴しとなす実践のとき。そして、令和維新を果たすときです。

今ここ真善美聖和で生きる存在が生み増えていき、5人組、25人組、125人組と結成をなしていく姿によって、令和維新、日韓台三国同盟、そして真の世界連邦政府の創立を経て恒久世界平和の実現へ。

刀の刃の上に立つ。
SAMURAIの心。

刀の刃
刀の刃の上に立つ。一体どのような心なのだろうか。

そんな心が結集するのが令和日本から始まります。

6.真の仲間。SAMURAI結成式

真の仲間を創りたいあなた。
そんな現場が用意されています。

1000人のSAMURAI。
結集した1000人。

SAMURAI結成式に参加しましょう。
究極的な和をもって尊厳としましょう。

今ここ真善美聖和を具現化し、令和維新を興して恒久世界平和まで創り上げるアツき仲間たちは、あなたから始まる5人組のことです。

その5人組はSAMURAI結成式の場で。
大和魂が準備した場。
全世界が待ち望んでいた場。

相対的な和と絶対的な和の中途半端さに終止符をうち、今こそ日本らしい日本として究極的な和だけをもってして、理想を現実化させましょう。

読んで下さってありがとうございました。宜しかったら別の記事もお読みください。