カテゴリー
未分類

脳と心

人類は700万年もの間ずっと、繰り返し続けてきたことがあります。それが人間の脳で生きてきたことです。

今までずっと、人間の知能を上回る存在は地球上にはいませんでした。どんな動植物も、人間の知能を超えていません。しかし、AI(人工知能)が登場して、その様子は変わります。人間の知能よりも高い知能を手に入れたことで、人間がやってきたことは全て、AIが手掛けるようになります。

脳で生きるのであれば、AIの方がうまくやります。今この時代は、脳で生きる時代をやめて、心で生きる時代へ移り変わっているときです。

心の時代が始まっている。

そういうと理解も納得する人も多いかと思いますが、しかし心が何であるかを分からない人ばかりではないでしょうか?

世界の知性ですら、そうです。
心が何か分かりません。

nTech令和哲学は明らかにしています。

何が脳なのか?
心の動きとは何か?

だからこそ、体人間から心人間の生き方を案内することができ、脳の認識の癖も紹介しながら、心の動きと共にある働き方革命についても、具体的に案内します。

脳と心。

あなたも是非、知ってみて下さい。知らないまま、この世を去るよりも、明確に理解してから、死ぬときにも持っていけるものを獲得したいと思いませんか?

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

Noh Jesu氏。秘密を解明

よく知っている単語かも知れません。


エネルギー

物質
精神

ただ、理解しているかと問われると、あなたはどう答えるでしょうか?あなたの身近な人はどう答えるでしょうか?

単語を知ってはいても理解はまた別次元。

そして、理解にも段階があります。知識として知っている理解もあれば体感として知っている理解もありますし、知識と体感がつながった知見があっても表現できない段階もあります。

また、自分とつながって、人間とつながって、表現しながら聞かせた相手自身のアイデンティティまでが変化してしまう段階の理解まであります。

最先端の物理学者でさえ、光がどこからきて、どこに行くのか、そして物質は何であるのかを分かりません。

心理学者や精神科の方も、心が何であるか、精神が何であるかをよく分かりません。

まして、秘密などはもっての外。
それもそうでしょう。

歴史上誰も、世界で誰も、秘密を明らかにしていません。それゆえに起きている様々な問題も未解決だし今なお増えています。

令和哲学者Noh Jesu氏はまた放ちます。
世界初歴史初シリーズ。

秘密の解明。


エネルギー

物質
精神

のヒミツを解明しました。これ、普通に知りたくないですか?人間は知りたい。これらを知らずしてそのまま死んでいくだなんて、人間として生まれてきて少々屈辱ではないでしょうか。

ぜひ、本人に確認してみて下さい。
とても感動しますよ。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

Noh Jesu氏。根源を語る

人間であれば、誰もが皆んな自分の起源を知りたく思いますね。星占いや動物占いに始まり、四柱推命や手相など、他にも家系を遡ったり、心理学を学んだり、カウンセリングやコーチングにお世話になるなど、更には宇宙自然を学んだり、生物を学んだり、物理学や数学を研究する姿なども、全てが質問に通じるものです。

・自分とは何か?
・人間とは何か?
・生きるとはどういうことか?

人間であれば根源を知りたい。
生命体ではなく精神体です。

知りたくて仕方がないんですね。
ただ答えがないとの諦めもある。

ただ、諦めなくても良い時代が来ています。本ブログを好んでくれているあなたでしたら予感があるのでは?

Yes!
Noh Jesu氏の到来。

令和哲学者として放つ世界初歴史初シリーズは、ここ連日紹介していますがまだまだ続きます。

ここまで続くからこそ思えますよね。
まさしくルネサンスであると。

日本から始まるルネサンスであると。

話を根源に戻しましょう。

漢字から想像しても迫ることはできます。

根っこです。
源です。

そのように、深く深く掘り下げて、起源へと迫る人たちは沢山いました。到達したと思われた起源は、実は更にそれよりも深い世界が隠れていて、その深い世界に更なる根源はありました。そこで見つけた人がいても、やはりそれよりも深い世界がありました。

そのようにして、一体どこまで行けば根源だと言えるのか分からないもどかしさがあります。

キリがない。
まさしく諦めの入口です。

令和哲学者はそこを突破しました。
根源をディファイン(規定)することに成功。

世界の根源、宇宙の根源を、です。
ディファイン(規定)成功!

それゆえに、根源から全ての現象を語ることが彼には可能でした。島崎もそれを何度も確認しており、再現性がありすぎて、もうそれでしか見れないほどにシンプルになっています。

あなたも是非、確認してみて下さい。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

Noh Jesu氏。悟り

令和哲学者Noh Jesu氏が得た悟りは凄まじいの一言です。実は悟りにもピンからキリまでありまして、そのように言えるようになっていること自体が、Noh Jesu氏の得た悟りらしさでもあります。

彼の得た悟りは、悟りを科学し得るくらいの現代に通じる強烈な悟りであり、悟りを悟ってしまったという驚愕の世界。

悟りといえば心。
悟りといえば仏教。

そう思う方が多いでしょう。
そして、その通りでしょう。

もう少しイメージを広げてみます。
悟りとは、差を取ること。

2500年前の時点にあった全ての違いや格差を、一切取り去ってしまってシンプルになってしまった・・・それが仏教の悟りです。

その後は数学も物理学も発展し、2500年前にはなかった様々な概念が生まれてしまっています。ですから今の時代に活用し得る悟りは2500年前の悟りだけでは物足りません。

何ゆえでしょうか?

その後に生まれた格差を取るに至っていないからです。更には、2500年経った今もまだ平和は実現していません。鬱 自殺 殺人がゼロになっていませんし、破壊されゆく尊厳を回復させていません。

ゆえに、今の時代なりの悟りで補う必要性があります。21世紀の悟り、サムライの悟りを得たNoh Jesu氏により補完されています。

彼の偉業は凄まじいの一言。

物理の悟りを得ています。
数学の悟りを得ています。
勿論心の悟りもです。

そして、それらの言語化・感覚化に成功していること、これがトンデモナイですね。いや、全くトンデモナイことです。

“一人が悟れば皆んな悟れる”
“悟りは難しくない。簡単”
“悟りが当たり前。ゴールではなく出発”

まさしく差を取っている。
ぜひ、確認してください。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

発明。イメージ言語

今この画面を見ているあなたが日本から見ているなら、同時刻に島崎がどこにいるか分かりませんがとても嬉しいです。時間と空間と人間が同じところにいないと交流が起きないのが原始時代には当たり前でした。

今は、インターネットを始めとしてSNSの恩恵を受け、世界から見たら狭い日本でも、日本から見たら広い日本で、あなたと島崎とが交流する機会を持てているのは遥か大昔からしたら素晴らしいことです。

科学技術の発展とは如何なるものでしょう?
人間にとっては時空間を超える勢いです。

さて今、記事を書いている時点で福岡にいる島崎は、九州そして日本に含まれる福岡です。日本はアジアという地域にありますし世界に属しますが、更には地球に含まれます。

時空間の中に存在があり、その時空間すらも更に大きい時空間に含まれる存在であるかのように、時空間と存在は入れ子になっていて、一番大きい時空間は宇宙空間だと私たち人間は思っています。

このような宇宙空間に存在する全ての時空間と存在のことを、相対世界と呼びます。

必ず相対世界は2以上で成り立っています。
錯覚現実相対世界。

私がいて、私以外があります。
存在があり、時空間があります。
原因があって、結果があります。
条件に対応する現象があります。

対する絶対世界とは2以上ではないもの。
相対する世界ではなく対が絶える世界。
1だけがある世界。
真実でもあります。

それは全てが溶けてしまったかのように例えることができるかも知れません。

さて、絶対世界と相対世界は違う世界です。

余りにも違いすぎて、これらの関係をどう理解すればよいのかが人間は未だに分かっていません。

分かっていない。
ゆえに起きる大問題。

人間は、絶対世界と相対世界の関係を知りたくて仕方がありません。その答えを長らく得ていませんでしたが、これらの関係を分からないことで起きてきた不毛な争いが、色んなところに蔓延しています。

答えに出会う。
どうなるでしょうか?

悩みはなくなります。

究極の絶望をイメージできて更に破壊できます。故に希望だけがある状態。鬱 自殺 殺人などが起きようはずがありません。

そのような夢物語が現実に起きている。
令和哲学者Noh Jesu氏によって。

ぜひ確認してみて下さい。

平日は毎日やっている令和哲学カフェ。今週は木曜日と金曜日の2回ですが、来週はまた新たなテーマで開催されます。

“スタバを超える令和哲学カフェ” “4年間やり続いてみよう” そんな夢を抱き、絶対世界と相対世界の関係性を説明するイメージ言語の開発者Noh Jesu氏の下に日本人が集う。

令和日本はアツいです

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

大快挙。「間」の数式化(0=∞=1)

日本らしい日本といえば何でしょうか?

幾つか挙げるときに、「間」の文化を挙げる人も多いと思います。海外の人から見たときに、特に日本らしいと思えるものの代表的な一つでもあると思います。

「間」

日本の漢字を見てみましょう。

時間
空間
人間

など、重要な概念には「間」が入っています。他にも、

間抜け
間が悪い
間違い
間合い
間取り
間が伸びる

などなど、「間」を使った表現が使われることがありますが、これらは日本らしい感覚と言えます。

しかし、「間」とは何でしょうか?
実は説明するとなると大変。

何と言って良いか、海外の人に訳して伝えようものなら、とても難しい概念であることが分かります。

もちろん、日本人同士では伝わる概念。
しかし、表現するとなるととても困難。

至るところに現れている「間」でありながら、説明困難であり、表現困難なところがあります。

そこもまた令和哲学者が発揮します。
世界初歴史初シリーズ。

「間」の数式化に成功
0=∞=1

これこそ大快挙。

何と、「間」の概念を数式で見事に表現したばかりではなく、先に紹介した、時間、空間、人間(存在の代表)についてまでも説明し得る数式。

日本人のどんな人も表現不可能でした。
数学者のどんな人も未発見だった「間」。

聞いてみればとても価値があり重要な概念であることがよく分かる「間」の数式化。ぜひ直接Noh Jesu氏から聞いてみて下さい。

全く新しいイメージと出会います。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

いつでもどこでも使う道具

あなたは車の免許証を持っていますか?
免許証はいつ使いますか?

道具は使ってこその道具ですので、使わない時はあまり道具という認識をしないかも知れませんが、それでも私たち人間は、道具と呼ぶものです。

使われて発揮する道具。
使うタイミングがあります。

腕時計であればいつでしょうか?

ファッションとして身に着けている場合などを除いて純粋に時刻を知りたい場合の時計ですと、1日の間に知りたかった回数と時間の分だけ、時刻を知る上で役に立った道具ということになります。

他にも車や洗濯機など、道具を扱うことで人間らしい人間として文明ごと育ってきた人間ですが、どんな道具にしても必ず扱うタイミングや使用用途などがあり、必ず適応範囲や使用期限などが発生しますね。

では、いつでも、どこでも、だれとでも、何にでも、扱える道具というと、これはイメージしにくいと思いますが、果たしてそんな道具はあると思いますか?

あります。
意外ですが脳です。

脳は認識活動をしていますが、私たち人間は意識しないだけで脳が働いていないときはありません。認識活動は常に、常に、働いています。

そんな脳の認識活動について。
実はあまり知られていませんね。

だからこそ、そんな脳の認識の仕組みを露わにすることはどのくらい価値があるのでしょうか?

Noh Jesu氏がやってくれました。
人間の脳の認識の癖を解明。

これは人類ごととして大快挙です。
人間の脳の認識には癖があった。

nTech令和哲学で学べます。
不完全学問ではなく完全学問たる所以。

世界初歴史初の大快挙。
アクセスしてみてください。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
令和哲学カフェ

出演。ブックダービー知のB1

3日あれば情報知識の総量が2倍になる時代に向かっています。また人間よりも知能が高いAI(人工知能)が登場してくる中で、溢れる情報知識に人間は溺れてしまいAIが益々重宝され、日に日に尊厳が破壊されている昨今。

世界を救済できる日本。
どう反応するのでしょうか。

情報知識や技術を馬と見立て、今の時代に77億人が読むべき本の順位をnTech令和哲学の観点から決めようとする企画。

ブックダービー知のB1。
出演してきました。

令和哲学カフェの特別企画。

令和哲学者から投げられた質問に出演者は騎手として答えながら馬である本の魅力を伝えるのですが、質問をどのように解釈するのか、それも瞬時に、というところに、スリルや面白みがありました。

瞬発力が問われます。

本の内容をそのまま喋りながら、本の隠された意図やこの時代の切なる願いを結びながら表現することは、並々ならぬバランスが必要で、読み手として、取材者として、編集者として、創作者として、全てが最高最強であることが問われました。

解析力が問われます。

令和哲学者による令和哲学的観点からのジャッジとして、基準点を持っていることというのがありました。ブックダービー知のB1を通して、本を選択すること、本をプレゼンすること、それらを上手くやってのける騎手としての在り方など、まさしく基準点の重要性を感じた場でした。

とても貴重な経験。
面白かったです。

あなたも是非、騎手として、馬と共にブックダービー知のB1に参加してみて下さい。この度、騎手たちが紹介する馬は、どれも素晴らしいものばかりですので、ぜひ5冊ともお読みくださいませ。

著者に感想を送ってあげると、大変喜ばれると思いますので、そちらも合わせてお願いしておきます。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。

カテゴリー
Noh Jesu

違いを分かるNohJesu氏

体人間は、本当の意味では違いが分かりません。だから違いを楽しむことが出来ない生き方になっています。

違いを楽しまず

違いに苦しむ

確かに体人間はAとBとCはDとも違いとして捉えますしEはそのどれとも違うのだと知っています。

しかし、よく考えて見てください。

違いが分かるのはどうしてでしょうか?

共通のことがわかるから、その共通からみて初めて違いを分かることが出来ます。本当のところ、共通から見ない限りは、いったいどういう意味で違うのかを見ることはできません。

共通とは。

全ての格差を取ること。

差を取ること。

悟ること。

数学であろうと物理学であろうと化学であろうと生物学であろうと医学であろうと、格差を取り払い共通する土台からみることで全ての違いがよく分かる。共通の土台がないから、違いを楽しめず、違いに苦しむのでしょう。

21世紀悟り。

サムライの悟り。

今までにない世界を次々と放ち続けることを通して確認します。違いを分かり、違いを楽しむ生き方。

いつも読んで下さって有り難うございます。宜しかったら別の記事もお読み下さい。

カテゴリー
Noh Jesu

解明。観点固定の問題

草刈りのようなものです。

草を刈りたい。
見えてる草を刈り取る。

しかし2週間もすればまた雑草が生き生きしてきます。だからまた同じように、草を刈りますが、そうしますとまた、2週間もすれば雑草が生き生きとしてきます。

このことを延々と繰り返す。
問題は解決したでしょうか?

いま、問題があったとして、それを解決したとしても、本当にそれは解決と言えるかどうかは本当のところはよく分からないことが多くて、寧ろ別の形へと変えて問題がやってくるために、まるで別の問題解決をしたと思って前進しているように見えているという・・・

解決はしていません。
根本問題が生きているから。

草刈りは根っこから刈り取りましょう。
問題は、根っこから刈り取りましょう。

全ての問題とは一体なんでしょうか?それが77億個ですか?それとも78億個ですか?常に常に、状況は変化しており、問題の個数も変わり、問題と問題も手をつないだり、お互いに絡まり合ったりで、全ての問題を解決するとはとても困難に思える中で。

発見したかどうかが大事ではありませんか?
根本問題です。全ての問題を生み出した。

令和哲学者Noh Jesu氏は発見しました。
観点の問題です。

発見したと同時にそれはまた、仕組みを解明していることでもあり、だからこそ問題の解消解決の道が切り開けるという。

これは、世界初、歴史初です。

読んで下さってありがとうございます。宜しかったら別の記事もお読みください。